1. トップ
  2. 二階堂ふみがオーディションで大抜擢! 「ここに来るまでに落とし穴があったらどうしようと…」

二階堂ふみがオーディションで大抜擢! 「ここに来るまでに落とし穴があったらどうしようと…」

  • 2019.6.4
  • 401 views
窪田正孝と二階堂ふみが夫婦を演じる!
撮影=阿部岳人

【写真を見る】窪田正孝と二階堂ふみ“深々お辞儀”で挨拶を交わす

2020年度前期の連続テレビ小説(NHK総合ほか)にて主演・窪田正孝の妻である関内音を二階堂ふみが演じることが決定した。

本作では、「栄冠は君に輝く(全国高等学校野球大会の歌)」など数々の名曲を生み出した昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而氏と、妻で歌手としても活躍した金子(きんこ)氏をモデルに、音楽と共に生きた夫婦の姿を描いていく。

二階堂は、夫の古山裕一(窪田)の才能を誰よりも信じて叱咤激励しながら、自らも歌手として舞台に立つことを夢見ている関内音を演じる。

二階堂ふみが歌手を夢見る女性を演じる
撮影=阿部岳人

窪田の「僕の妻となる方を紹介します」という紹介で登場した二階堂は、“朝ドラ”初出演。

二階堂は「この作品の制作発表を聞いたときから、この作品に携われたらいいなと思い、オーディションを受けました。この結果は昨日聞いたのですが、ここに来るまでに落とし穴があったらどうしようと考えていました(笑)。

ここで皆さんにご挨拶ができて、本当にこの作品に携わることができるんだとうれしい気持ちでいっぱいです。窪田さん演じる裕一さんを明るく、元気に支えることができたらと思います」と笑顔を見せた。

窪田「二人にしかできない化学反応のようなもので、作品が盛り上がれば」

窪田正孝、二階堂ふみは「安心感を与えてくれる」
撮影=阿部岳人

また、二階堂と夫婦を演じることを窪田は「ふみちゃんとは以前にもご一緒したことがあって、彼女が描く芝居の繊細さであったりとか、キャラクターの作り方や入り方が魅力的だなという印象を受けていました。

なので、彼女と1年間撮影できることを本当に幸せに思いますし、安心感を与えてくれますし、二人にしかできない化学反応のようなもので、作品が盛り上がればいいなと思います」と語った。

【写真を見る】窪田正孝と二階堂ふみ“深々お辞儀”で挨拶を交わす
撮影=阿部岳人

窪田は挨拶を終えると、二階堂の方を向き「よろしくお願いいたします」と深々とお辞儀。二階堂も立ち上がり「こちらこそ、よろしくお願いいたします」と挨拶を交わし、会見場は和やかなムードに。

写真撮影の際の腕を組むポーズなどから、早くも“夫婦の空気感”が感じられた。

二階堂ふみ、数回のオーディションを受け“朝ドラ”出演!
撮影=阿部岳人

さらに、2082人の中から数回にわたるカメラテストや面接のオーディションを経てヒロインを勝ち抜いた二階堂は、オーディションを振り返り「2次では歌の審査もあり『長崎の鐘』を歌わせていただきました。とても緊張して、ずっと大丈夫かなと結果がくるまで不安で…とても貴重な体験をさせていただきました」と告白。

歌手を目指すという役どころだけに、オーディションに向けて歌の練習に力をいれたという二階堂の歌声にも期待したい。(ザテレビジョン)

元記事で読む