1. トップ
  2. 溢れる女子トーク! 今どき男子を分析の『キャラ別 男子図鑑』が面白い~

溢れる女子トーク! 今どき男子を分析の『キャラ別 男子図鑑』が面白い~

  • 2019.6.4
  • 775 views

かわいくておしゃれな女子のイラストを描かせたら右に出る者はいない、菜々子さん。彼女ならではのユニークなツッコミやちょっとシニカルな視線が加わることで、菜々子さんの描く絵やマンガには、唯一無二のおもしろさや味わい深さが生まれます。彼女のそんな特性がたっぷり活かされているのが、この本『キャラ別 男子図鑑』。今どきの男子を“料理”“動物”“職業”の3つの切り口で分類し、愛ある目線で分析しています。

「今回この本を描いて気づいたのですが、どうやら私は、“こんな男の人”と言葉で言われると、それを頭の中で映像化して考えるクセがあるみたいなんです。例えば“男気があるタイプで…”と聞いた場合は、太眉の男の人の顔が浮かぶ、とか。また逆に、町で男性を見かけると、“この人、なんか牛乳っぽい”とか、“炒めものっぽいな、強火で炒められた感じがする”とか思うことも多くて。その2つの私の性質みたいなものが、この本を描くのにはとても役立った気がします」

“周りにどんな男の人がいる?”というトークからスタートしたというこの本。菜々子さんの周囲の“分析好き”女子とのおしゃべりも活かしながら、恋愛傾向や生態、また属性を分析していく作業は、とても楽しかったと語ります。

「分類って“レッテル貼り”と同様に見られがちですが、決してそうではなくて、興味があるから観察しちゃうし、観察するからこそ個性が見えてくる。相手をもっと理解するために、自分の中の枠に落とし込んでいく…みたいな作業だと思うんです。たぶん女の子って、分類して、それを“あるある~”ってしゃべるのがみんな好きですよね。飲み会の後に女子だけで二次会をやり、“あの人ってこうだよね、ああだよね”って語り合う、あの楽しさ。ぜひその空気感を味わっていただけると」

登場するのは29タイプの男子。それぞれイラストで特性が解説されていて、さらに「系男子劇場」というマンガ、そしてトリセツ的な文章が掲載されている。そのすべてが読みどころですが、特に菜々子さんらしさが活きているのがマンガ。“あるある~”というストーリーはもちろん、描かれているモブキャラや背景にまで個性が溢れていて、1コマたりとも見逃せません。

「マンガって、意外なアングルから描けたり、白目をむくというような大げさな描写ができるので、表現がとても自由。イラストとは別の楽しみがありますよね。ただ自由度が高い分やりたいことが浮かびすぎて、まとまらないことがよくあり…。今回も決められないことが多くて、最後かなり追い詰められてからお話を決めた部分が多々あります(笑)」

これまで数冊本を出版したことはあるが、単独の著書は初めて。

「マンガってやっぱり紙というか、本という形状と相性がいいなと、完成した本を見て改めて思いました。“こんな男いないよ~”って思ってくれても全然いいので(笑)、笑って読んでくれると嬉しいです」

ななこ イラストレーター、マンガ家。2006年にコスメのパッケージイラストでデビューし、女性誌や、テレビ番組の企画などでも執筆中。弊誌でもイラストやマンガを多数手がけている。

『キャラ別 男子図鑑』 キャラごとの生活、ファッション、出没スポットなどの傾向と、そんな彼とコミュニケーションをとる傾向&対策を解説。産業編集センター 1300円

※『anan』2019年6月5日号より。写真・土佐麻理子

(by anan編集部)

元記事を読む