「いだてん」勝地涼が語る“ストレイシープ”な美川の気持ち「コミカルだからこそ切ない」<後編>

四三(中村勘九郎)の親友として、共に上京してきた美川(勝地涼)
(C)NHK

【写真を見る】勝地涼が感動したと語る、森山未來の落語シーン

大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)で、くせ毛と丸メガネが特徴の個性的な人物・美川秀信を勝地涼が演じている。

宮藤官九郎のオリジナル脚本で、日本とオリンピックの歴史を描く本作。

美川はほとんどオリンピックに関係がないが、主人公であり日本人初のオリンピアン・金栗四三(中村勘九郎)の親友だ。

教師、小説家、絵描きなど、さまざまな職業を志し、自身を「ストレイシープ(迷える子羊)」と言う美川は、独特な魅力で視聴者の注目を集めている。

勝地は、そんな美川を演じていて「気持ちがすごく分かる」と話す。どんな心境で美川を演じているのか、インタビューで聞き、後編では、勘九郎との関係性や、今後の目標を語ってもらった。

「いつか勘九郎さんと仕事をしたい」って思ってたんです

――勘九郎さんとここまで長期間撮影されてみて、なにか感じたことなどありましたか?

勘九郎さんもそうですし、四三さんのお兄ちゃんの実次を演じている中村獅童さんも、歌舞伎俳優の方々は幼いころからしっかりと基礎を学んできているので、発声から全てレベルが違うように感じます。

それに、舞台に立ち続けることが多いからだと思うんですけど、休憩時間はちゃんと休んで、切り替え方も上手なんです。

空き時間の獅童さんは明るくて面白いし、でも撮影に入った瞬間にはちゃんと切り替えている。僕も明るく現場にいようとはしてるんですけど、集中したい時には難しいので、そういう姿勢は勉強になります。

勘九郎さんについては、名古屋で「平成中村座」をやられてた時に見に行かせてもらって感動して、「いつか勘九郎さんと仕事をしたい」って思ってたんです。

その時はすでに「いだてん」の放送は決まっていて、僕はまだ呼ばれていない時期でしたが、「平成中村座」の本番の後、勘九郎さんと(中村)七之助さんが食事に連れていってくれたんです。

帰り際に、勘九郎さんと七之助さんが2人で「じゃあ」って歩いていく後ろ姿を見て、その時に一緒にいた役者と「あの2人と絶対一緒にやりたいよな~」って言ってたんです(笑)。

それが決意した夜というか。「いだてん」には呼ばれてないけど、むしろ「いだてん」呼ばれなきゃって思った日でした。

実際に撮影するときも感動しましたけど、勘九郎さんと一緒にやるっていうこと自体が、僕にそっては大きな出来事でした。

――では、幼なじみとしてずっと一緒にいる役っていうのもうれしかったですか。

すごいうれしいですよ。(本当の弟の)七之助さんよりも僕は年下ですし、同級生という設定にはちょっとドキドキはしましたけど。

――勘九郎さんへの思いもあり、この「いだてん」に出演が決まったときにはどんな気持ちになりましたか?

大河ドラマっていうのは、役者にとって夢の舞台だと思います。

僕が初めて出演したのは「篤姫」(2008年)で、いつかもっと大きい役をと思っていたら、「八重の桜」(2013年)に出演させていただけて。大河ドラマはたくさんの方々が見ていますし、影響力が大きいと感じました。

八重の桜」の撮影が終わった時に、大河ドラマの前半から登場する役を演じたいと改めて思ったんです。それが、僕の中でのひとつの夢だったので、今回かなってうれしかったです。

それに、2020年に東京オリンピックが来るという時に、それを題材とした作品に出演できるということが、僕としてはすごく幸せなことだと思いました。

個性的な人物を演じている勝地涼の、今後の目標は?
(C)NHK

宮藤さん、ニヤニヤしながら書いてるんじゃないですか

――今回の宮藤さんの脚本の魅力はどんな部分だと思いますか?

「いだてん」はオリンピックがメインの物語ではありますが、そこに落語の要素が入っていて、それに無理がないのがすごいです。それに、時代を行き来する、ちょっと複雑な構成も、噛めば噛むほど面白いと思います。

あとはやっぱり、せりふが面白い。宮藤さん、ニヤニヤしながら書いてるんじゃないですか。台本を呼んでいるとそういう光景が浮かんでくるんです。

宮藤さんがいつも持っているバッグの中には、大量の資料が入っていて、それを読みながら色々書いているんだろうなって、当たり前かもしれないけど、すごいことだと思います。

僕は、宮藤さんの脚本の、格好いい人があんまりいなくて、ダサくてかっこいい人が描かれていて、人間臭いところが好きなんです。僕の中では、ダサく走ってるっていうイメージがあったので、「いだてん」にはぴったりだといつも思ってます。

――今回の作品で勘九郎さんとの共演や、大河への出演の夢がかなって、今後やってみたいことって何かありますか?

宮藤さんに、冗談も本気もありつつ言っていることがあるんですけど、落語をやりたいなって。

美川がやることは絶対ないんですけど、宮藤さんには伝えてます。言ったもん勝ちだと思うので、もしまた落語を題材にするドラマをやるときに、「勝地くん言ってたなー」と思い出していただければうれしいですね。

【写真を見る】勝地涼が感動したと語る、森山未來の落語シーン
(C)NHK

――それは今回の作品で思ったことなんでしょうか?

はい。(美濃部孝蔵役の森山)未來くんが落語をやっているシーンを間近で見て感動したんです。それで落語をやりたくなったというか、安易なんですけど(笑)。未來くんは僕とは違うタイプの役者さんだと思うので、自分がやると、きっと違う落語になるんだろうと勝手に思ったので、チャレンジしてみたいです。

――勝地さんは、“感動”がお仕事につながることが多いんですね。

そうですね。心が動いたら素直に言った方がいいかなって思ってるんです。やりたいって思った時に言葉にしないと、あとで後悔するのは嫌なので。がめつくっていうわけじゃないですけど、そんな思いで役者をやっています。

宮藤さんには常に自分がやりたいことを言っていて、もう主演の作品の約束までしてますから。2027年くらいに(笑)。

――最後に、勝地さんオリンピックの思い出を教えていただけますか?

長野オリンピックのスキージャンプを見た時は感動しました。

そのあと、作品に入るために、オリンピックについて勉強して、なぜオリンピックがあるのか、日本が参加できなかった時期があることを知っていった時に、長野オリピックってすごいことだったんだなと実感したんです。

だからこそ、また東京に来ることもすごいことだと思いますし、「いだてん」の脚本を読んでるともっと勉強になります。それは多分、視聴者の方々と同じ感覚ですよね。

あとは、東京オリンピックの開催が決まったとき、「八重の桜」の撮影中で、玉山(鉄二)さんに「オリンピックの時、何歳になってる?」って聞かれて、「33歳です。子供とかいたら一緒に見れるのにな~」って話してたんです。

玉山さんは「子供と見るの楽しみだわ」っておっしゃっていて、その時は33歳なんて、全然先だと思ってたんですけど、今になったら「あ、子供いるわ」って(笑)。そういうのは感慨深いです。(ザテレビジョン)

元記事を読む
提供元: ザテレビジョンの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。