1. トップ
  2. ファッション
  3. アクネ ストゥディオズ 19年秋冬ウィメンズコレクション - 破壊的な視点で再解釈したワードローブ

アクネ ストゥディオズ 19年秋冬ウィメンズコレクション - 破壊的な視点で再解釈したワードローブ

  • 2019.6.1
  • 850 views

アクネ ストゥディオズ 19年秋冬ウィメンズコレクション - 破壊的な視点で再解釈したワードローブ

アクネ ストゥディオズ(Acne Studios)の2019年秋冬ウィメンズコレクションが発表された。

undefined
www.fashion-press.net

“破壊的な視点”で再解釈

今シーズン、クリエイティブ ディレクターのジョニー・ヨハンソンが取り組んだのは、“破壊的な視点”で女性のワードローブを再解釈すること。それぞれのウェアが本来持っているベーシックなフォルムを分解し、新しい解釈を加えることで、斬新なシルエットを生み出していく。

オーバーサイズのアウター

中でも一際目を惹くのは、ベーシックなシルエットから逸脱したオーバーサイジングなアウター類。パワーショルダーを採用したテーラードジャケットは、肩から袖にかけて丸みを帯びたラインを描くように設計。ムートンジャケットやフェイクファーのコートは、ボリューミーな素材感が、誇張したシルエットの魅力をより一層引き立てている。

ニットはビッグシルエットかショート丈

秋冬のワードローブに欠かせないニットは、オーバーサイズか、コンパクトサイズかのいずれか。フェミニンなドレスと組み合わせたスタイリングも目を惹く。ざっくりと編まれたロングニットには、ハイネックのミニ丈ニットドレスをレイヤード。ショルダーからアームにかけて編み込みのディテールをあしらったスーパーショート丈のニットは、光沢感のあるセンシュアルなドレスと合わせている。

鮮やかな壁紙柄

カラーは、グレーやベージュ、ブラウン、カーキなど落ち着いた色彩が主流。そこにリズムを生み出すのが、鮮やかな壁紙模様のピースだ。鮮烈なイエロー×レッドのスリットドレスや、ブラウン×ブルーのタイトスカート、ベージュ×パープルのセットアップなどが華やかな印象をもたらしている。

遊び心溢れる小物類

コーディネートにアクセントを加える小物類にも注目。革紐を張り巡らせたロングブーツや、穴からネイルをちらりと覗かせることができるレザーグローブ、特大のエナメルチェーンをアイレットに通したスウェードのショッパーバッグ、半円型ボディのホーボーバッグなど、遊び心溢れるアイテムが揃う。

元記事を読む