1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「まずはお友達から」と言った相手と付き合える!恋の主導権を握るコツ

「まずはお友達から」と言った相手と付き合える!恋の主導権を握るコツ

  • 2019.5.31
  • 22958 views

【元ホステスが語る男ゴコロの裏事情377】

「付き合いたい」と想いを伝えたとき、相手がはっきり「Yes」か「No」か答えてくれればわかりやすいけど、「まずはお友達から」という返事だったら……。

「これはどっち?遠回しにお断り?」と迷いますよね。この言葉の後、交際できることってあるのでしょうか?

■フるまでの時間稼ぎに近い

職場の同僚などに告白されて「No」の場合は「彼女(彼氏)がいるので(←本当はいないけど)」「今、好きな人がいて(←本当はいないけど)」と断れますが、お見合いや婚活パーティー、マッチングアプリで知り合った異性に告白された場合は「恋人がいるので」「好きな人がいて」と断るのは難しいですよね?

白黒はっきりつけられるタイプなら「ごめんなさい」とストレートにお断りできるでしょうけど、「フるのは気まずいなぁ」と思っちゃう人は「まずは友達から」と断るまでの時間稼ぎ(?)をする場合もあるでしょう。

ただ、中には慎重な性格で「1~2回会っただけじゃ、どんな人かわからないし」と、吟味するために「まずはお友達から」と返事する人も。また「好きな人がいるけど付き合えるか微妙だし、とりあえずキープで!」って気持ちで一時保留する人もいます。

そう、「まずはお友達から」と言われた場合は、フられるまでの期間がちょっと延びたか、単にキープか、吟味か。まぁ吟味する人は稀ですが。

■形勢逆転の何かがないと難しい

とはいえ「まずはお友達から」=交際の可能性はゼロ、というわけではありません。例えば、筆者の友達のA子は、知人に紹介された男性に告白され、当初は断るまでの時間稼ぎのつもりで「お友達から」と言ったのですが、2人で食事したり映画を観たりしたら意外と楽しかったそうで。

彼はウイットに富んだ会話ができる人で、一緒にいて面白いし、発見も多かったとのこと。で、その彼、A子にぞっこんというわけではなく、「お友達から」と言われた時点である程度諦めてて、他の子ともデートしてたっぽいんです。

つまり彼のほうが、A子を“次の彼女ができるまでのキープ”というか“たまに遊べる子”に位置づけたため、気持ちに余裕ができたのか、ガツガツ来なかったんですね。

それを感じ取ったA子は「え?他の子とも会ってるの?」と不安になり、2人の関係は徐々に男性優位に……。「他の子と付き合うかもしれない」と思ったら惜しくなったんでしょうね。結局、A子が告白したそうです。

相手がよそに行ってしまいそうだと感じると、急に値打ちがあるように見えたり、「私のこと好きって言ったのに!なんで?」と執着心が出たりすることって結構ありますからね。

■どうしても付き合いたいなら奥の手を

「まずはお友達から」と言われた場合は、別に付き合ってるわけではないので、相手だけに執着せず、他の人ともデートしたほうがいいでしょう。

逆に今、「お友達から」と言われて彼ばかり追ってしまうなら、他にお茶や食事に行ける男性を見つけて、気持ちに余裕を持つことをおすすめします。

そして、もうこれ以上友達を続けるのはつらいと言うのなら、一か八かにはなりますが、「会社の人に告白された」「元カレにヨリを戻そうと言われた」などと話すのもアリ。相手が急にあなたに執着して、告白してくる可能性もあります。

もしこれであっさりバイバイするような相手なら、最初から付き合う気など1ミリもなく、フるにフれなかっただけ。無駄な時間を過ごしたくないのであれば、他の人と付き合いそうな気配を見せて、相手の気持ちを揺さぶったほうがいいかと。

■ここは一発、形勢逆転を

相手が「俺、キープされてない?」と思うように仕向けたり、いきなり「(他の人に)告白された」と突き放して不安にさせたり。形勢を逆転させる何かがないと関係を変えるのは難しいでしょう。

「まずはお友達から」と言った側が主導権を握ってる状態なので、揺さぶりをかけなければ、いつまでも友達のままだし、時間が経てばフられる可能性が高くなるだけ。下手をすれば都合のいい女になってしまうこともありえます。

ただ素直に友達になるんじゃなくて、策略を練ることが大切です!

ライタープロフィール
美佳
元ホステス。現在いろんなサイトでちょこちょこ記事を執筆中。 「そろそろ白馬に乗った王子様が迎えに来ないかなー♪」と結婚を夢見はじめたが、王子様はお姫様しか迎えに行かないことに気づいた独身アラサーです。
ブログ:お後がよろしいようで!

元記事を読む