浜辺美波が飯尾和樹を振り回す!「困っている姿が特にツボでした(笑)」

【写真を見る】浜辺美波にタジタジな様子の飯尾和樹
(C)フジテレビ

【写真を見る】浜辺美波にタジタジな様子の飯尾和樹

浜辺美波、ずんの飯尾和樹が、5月31日(金)の「全力!脱力タイムズ」(毎週金曜夜11:00-11:40、フジテレビ系)に登場する。

番組冒頭では、浜辺が最近はまっていることを披露。その内容は飯尾を困惑させる。

今回は「知っているようで知らない政治家の仕事」をテーマに、まずは、総理大臣を補佐する内閣官房長官の仕事を学んでいく。

全力解説員の岸博幸は、官房長官に最も必要な能力は“臨機応変な対応力”だと解説。官房長官は、新元号“令和”発表時の記者会見など、内閣の広報官として記者会見を行うなど国民に伝える役割も担っている。

そこで、官房長官の仕事をより身近に感じられるよう、記者陣を前に新元号発表会見を行うという設定で、全力解説員の出口保行、吉川美代子、浜辺が官房長官役にチャレンジ。すると3人は、それぞれの個性が表れた受け答えを見せる。

中でも浜辺の受け答えには、飯尾も「末恐ろしい18歳だ…」と舌を巻く。

臨機応変な対応力を求められるのは芸人も同じ。続いて、メインキャスターのアリタ哲平(有田哲平)からある提案をされた飯尾は、嫌な予感がしたのか「どういうことですか?」と動揺。

エンディングでは「地獄です…!」と飯尾が心の叫びを吐き出す。

収録後、浜辺美波コメント

浜辺美波(右)のある対応に「末恐ろしい18歳だ…」と語った飯尾和樹(左)
(C)フジテレビ

――収録はいかがでしたか?

笑わないようにするのがすごく大変で…必死でしたね。言わなければいけないことも多かったので、普通のバラエティーよりも緊張しました。オープニングから、隣にいらっしゃる飯尾さんを見て笑いそうになってしまってきつかったです(笑)。

――収録中、ずっと緊張していたのですか?

そうですね。気を抜くと全部崩れてしまいそうだったので。自分が次にやること、言うことをずっと考えていました。

笑ってはいけない時は、目の前で起こっていることを頭に入れないように他のことを考えて、必死に無表情を作っていました(笑)。

――浜辺さんの“最近はまっていること”がとても面白かったです!

あれが私にとって一番の山場だったので、やり終えた時はホッとしました。

大好きな飯尾さんの前でやるので、間違えないように練習しました。その完成度をぜひ見ていただきたいです!

――飯尾さんとの共演はいかがでしたか?

テレビで拝見していて本当にずっとお会いしたかった方で、ご一緒できてすごくうれしかったです。困っていらっしゃる姿が特にツボでした(笑)。

――今回は浜辺さんが飯尾さんを振り回していたところもありますが?

収録が進むにつれて飯尾さんのお顔がどんどん赤くなっていくのを見て、人の顔ってこんなに変わるんだなと思いました(笑)。私としては罪悪感がありつつ、すごく楽しかったです。

それだけ困りながら面白いことを次々と出せるのは、さすが芸人さんだなと思いました。

――最後に、今回の見どころを聞かせていただけますか?

飯尾さんというプロの芸人さんをみんなで惑わせていくところがすごく面白いですし、そういう状況だからこそ飛び出す飯尾さんのネタが全部、視聴者の方々の笑いのツボをくすぐるものになっています。

皆さんもあえて笑いを我慢して、思わず吹き出したりしながら見ていただいたら、さらに楽しんでいただけると思います(笑)。(ザテレビジョン)

元記事を読む
提供元: ザテレビジョンの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。