新木優子「まさか自分が『トイ・ストーリー』の世界に関われるなんて。ワクワク感が止まらなかった」

新キャラクターの女の子のお人形“ギャビ ー・ギャビー”役の日本版声優を務める新木優子
(C)2019 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

おもちゃたちの世界を舞台に、人とおもちゃの絆を描くディズニー/ピクサーの大傑作「トイ・ストーリー」シリーズの最新作「トイ・スト ーリー4」が7月12日(金)に全国で公開される。

【写真を見る】7月12日(金)に全国で公開される映画「トイ・スト ーリー4」

今回同作の新キャラクターで、一度も子供に愛されたことがない女の子のお人形“ギャビ ー・ギャビー”役の日本版声優に、新木優子が決定したことが分かった。

オーディションで選ばれた新木は、「まさか自分が『トイ・ストーリー』の世界に関われるなんてと驚きました。ワクワク感が止まらなかったです」と喜びを語った。

そんな新木が演じるギャビー・ギャビーは、ウッディと手作りおもちゃフォーキーが迷い込んだアンティークショップにいる、かわいらしい見た目の女の子のお人形だ。ウッディと同じように“おもちゃにとって大切なことは子供のそばにいること”という強い信念を持っているが、声の故障によって一度も子供に愛されたことがなく、「いつか子供に愛されたい」と願っているキャラクターだ。

「すごく女の子らしくて共感できるキャラクター」

新木はギャビー・ギャビーについて「愛されることを強く願っているキャラクターで、そのために努力をする一面がすごく女の子らしくかわいくて、女の子がとても共感できるキャラクターになっていると思います。私自身も老若男女から愛される存在になりたいと、ずっと思っているのですごくギャビー・ギャビーと近いものがあると思いました」とコメント。

子供に愛されるためには努力を惜しまず、一度でいいから子供のそばにいたいと秘めた思いを持っているギャビー・ギャビーだが、ウッディに不敵な笑みを浮かべる一面も。

「女優やモデルとしてあらゆる世代から好感度が高く、またかわいらしい女性から芯の通った強さを持つ役、さらにはシリアスな演技まで幅広い役柄をこなすことができることから、ギャビー・ギャビーが見せるさまざまな面を演じられる」という理由で選ばれた新木は、声優初挑戦ながらさまざまな作品で魅せる演技力が決め手となった。

そんな新木は「トイ・ストーリー」ファミリーの仲間入りとなった気持ちを「まさか自分が『トイ・ストーリー』の世界に関われるなんてと驚きました。本当に小さい頃から大好きな作品でした。その中に自分の声が入り、キャラクターとして物語の中で生きることができるというワクワク感が止まらなかったです」と大喜びの様子。

さらにアフレコを行った時のことを振り返り、「お芝居だと顔の表情や手といった見た目の部分で表現できたのですが、自分の声のトーンや強弱の付け方だけで感情を表現することは初めての経験。すごく難しかったですが、とても楽しかったです」と明かした。(ザテレビジョン)

元記事を読む
提供元: ザテレビジョンの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。