1. トップ
  2. 浜辺美波「シュールな世界が広がっています」大根を武器に戦う女侍に

浜辺美波「シュールな世界が広がっています」大根を武器に戦う女侍に

  • 2019.5.29
  • 199 views
「大根侍」で女侍役を演じる浜辺美波
(C)フジテレビ

【写真を見る】先輩・後輩役として初共演!高校の同級生の井上瑞稀と浜辺美波

浜辺美波が、6月8日(土)放送の「世にも奇妙な物語 '19雨の特別編」(夜9:00-11:10、フジテレビ系)で「世にも奇妙な物語」シリーズ初主演を務めることが分かった。浜辺は、女子高生が主人公のシュールなアクションコメディー「大根侍」で、大根を武器に戦う女侍を演じる。

浜辺の同シリーズへの出演は「'17春の特別編」の「しりとり家族」、「しりとり家族ふたたび」以来、2度目。

ほか、大根を武器に主人公に戦いを挑む不思議な男役で小手伸也、主人公の憧れの先輩役で井上瑞稀(HiHi Jets/ジャニーズJr.)が出演する。

初共演となる浜辺と小手は、野菜を武器として持ちながら、殺陣を行う本格アクションで相対。殺陣が苦手だという浜辺は、「小手さんにはたくさんご迷惑をおかけしたのですが、いつもお優しく、時にはこそっとご指導してくださり、最後まで助けられました」と小手とのエピソードを明かした。

また、私生活では高校の同級生であり、高校を卒業したばかりの浜辺と井上は本作で初共演。それに対し、浜辺は「緊張しがちな現場でリラックスできました」、井上は「同級生なので、先輩役には少し違和感を持ちました」とそれぞれ撮影を振り返った。

浜辺美波コメント

「大根侍」より
(C)フジテレビ

――「世にも奇妙な物語」初主演となりますが、お気持ちはいかがですか。

また「世にも奇妙な物語」に帰ってくることができて、とてもうれしい気持ちです。そして今回は主演を務めさせていただくということで、お話により関わることができて本当に光栄です!

――台本を読んだ感想は?

大根侍というタイトルを先に聞いてどんな感じなんだろう?と想像を膨らませていたのですが、実際に台本を頂いて、読めば読むほど不思議すぎる世界が広がっていました。

――共演の小手伸也さん、井上瑞稀さんの印象はいかがでしたか。

今回は私の苦手な殺陣があり、小手さんにはたくさんご迷惑をおかけしたのですが、いつもお優しく、時にはこそっとご指導してくださり最後まで助けられました。井上さんは実際の学校の同級生だったこともあり、緊張しがちな現場でリラックスできました。

――大好きな先輩のために手料理を頑張って作る役どころですが、浜辺さんご自身は料理をされますか?

今回はブリ大根を作る女子高生を演じましたが、ブリ大根は私自身も大好きな料理なので、これを機に得意料理に昇格できるよう練習したいです。

――注目のシーンは?

今回、大根や様々な野菜を使って殺陣をするシーンがありました。たくさん練習して挑んだシーンなのでぜひチェックしてみてください。

――楽しみにしている視聴者にメッセージをお願いします。

シュールな世界が広がっています。まさに「世にも奇妙な物語」です。そんな世界をぜひお楽しみに!

小手伸也コメント

「大根侍」より
(C)フジテレビ

この度、十数年ぶりに「世にも奇妙な物語」に参加させていただくことになりました!小手伸也です!

確か2005年の春の特別編で「倦怠期特効薬」という短編にユースケ・サンタマリアさんの同僚として出させていただきまして、今回偶然にもその当時と同じ監督さんのお世話になりました。勝手にご縁を感じております(笑)。

お話をいただいた際に、“今度はどんな奇妙な世界に巻き込まれるのだろうか”とワクワクした気持ちで台本を読んでみたら、僕自身が“奇妙の正体”そのものでした(笑)。

全力で体も張らせていただきましたし、面白い内容になっていると思いますのでご期待ください。もし引き続きご縁があれば、今度はぜひ“巻き込まれる側”にも挑戦したいです!

井上瑞稀(HiHi Jets/ジャニーズJr.)コメント

【写真を見る】先輩・後輩役として初共演!高校の同級生の井上瑞稀と浜辺美波
(C)フジテレビ

萩山翔役をやらせていただいた井上瑞稀です。

この話を聞いた時は本当に驚きました。毎回、視聴者として見ているこの番組に自分が携わることが出来て本当にうれしいです!

役柄がバスケットボール部のエースと知り、バスケットボールの経験がなかった僕は急いでマイボールを買い、ストリートコートで練習しました。

実は浜辺美波さんとは高校の時の同級生だったので、今回の先輩役には少し違和感を持ちましたが、優しくて面白いスタッフの方ばかりでとてもリラックスして撮影することができました。

とても面白くてシュールな作品になっていると思います。皆さん楽しみにしていて下さい!

「大根侍」より
(C)フジテレビ

「大根侍」あらすじ

女子高生・立川樹(浜辺)は、バスケットボール部のマネージャー。憧れの先輩・萩山翔(井上)の大好物であるブリ大根を作るべく、大根の入ったレジ袋を提げ意気揚々と歩いていると、すれ違いざまに男(小手)とぶつかってしまう。

浪人風のいでたちをしたその男は、大根を刀のように腰に差していた。不審に思い立ち去ろうとした樹だったが、男はいきなり大根で斬りかかってきた。

なんとか身をかわしたものの、大根の切っ先が樹の腕をかすめ、そこから血が…。大根で腕を斬られパニックになり、拝むように命乞いをする樹。

「決闘は一カ月後にしてやる」と訳の分からないことを言う男は、樹の生徒手帳にある先輩の写真を見つけ、「もし逃げたら、代わりにこやつを斬る。(それまでに)せいぜい腕を磨くがいい」と言い放ち去っていった。

樹がぼうぜんとしていると「わしの弟子にならぬか」と老人の声が。

はかま姿のその老人もまた、腰に大根を差していた。「わしの指導を受ければ、必ずあの男に勝てる!」半信半疑だった樹だが、その老人の元で野菜を武器に修行を始めるのだった。(ザテレビジョン)

元記事を読む