1. トップ
  2. ファッション
  3. 話題の美女のベーシック|もしも【忽那汐里】が白シャツに着替えたら…

話題の美女のベーシック|もしも【忽那汐里】が白シャツに着替えたら…

  • 2019.5.28
  • 3203 views

ハリウッド映画に出演するなど、国内外での活躍が目覚ましい、女優・忽那汐里さんが登場。スタンダードな襟の白シャツを、トラッドにモダンに、異なるテイストに着回していただきました。

SHE & THE BASICS

「白シャツは、季節を問わずよく着るアイテムのひとつ。プレーンにデニムを合わせるのがマイベーシックです。気持ちが落ち気味な日には、凝ったデザインのものを着る気分にならなくて… ベーシックなアイテムですっきりと、リフレッシュしたくなるのでそんなときにも白シャツは活躍しますね。以前はストリート系のメンズっぽいカジュアルなスタイルが好きだったので、その名残からか、ボタンを全部上まで留めて着ることが多いです」

「実は、昔からヴィンテージアイテムがすごく好きで、デニムやTシャツ、スカーフなどが私のスタイルのベースになっているように思います。ショップへ足を運ばないと出合わない特別感や、見ているだけでも心躍るカッティングなど、昔ながらの手法で丁寧につくられたデザインに魅力を感じます」

「最近は仕事で海外へ行くことも増えたので、撮影の合間に現地のヴィンテージショップを探して出かけるのも楽しみのひとつになっています。現在も外国作品のオーディションを受け続けていますが、仕事を始めて以来、今がいちばん充実している気がしています」

と語ってくださった忽那さん。さっそく、【白シャツ】を着まわしていただきましょう!

構築的なスカートで白シャツをモードな雰囲気に

シャツのボタンを上まで留め、ミニマルで端正なシルエットを際立たせて。幾何学柄のプリーツが立体感を生むラップスカートで、ドラマティックかつモダンな表情が完成。「配色は落ち着いた印象ですが、ボリュームのあるスカートとの合わせが個性的できれいですね」と忽那さん。

シャツ¥17,000(ガリャルダガランテ 表参道店〈ガリャルダガランテ〉) スカート¥32,000(アストラット 新宿店〈アストラット〉) バッグ¥62,000(CPR TOKYO〈フリン〉) 靴¥30,000(PIPPICHIC) イヤリング¥17,000(essence of ANAYI〈RADA〉) リング¥15,000(ショールーム セッション〈MARIA BLACK〉)

デニムジャケットでマニッシュさを味付け

忽那さん曰く「ジャケットも大好きなワードローブのひとつ。シャツを合わせることが多く、身近なスタイリングに感じました。ユニセックスでトラッドな雰囲気が素敵ですね。スカーフも好きで集めているのですが、スカーフ使いのバッグが新鮮でした」シャツのボタンを開け抜け感をつくると、大人の余裕を感じる着こなしに。

シャツ¥17,000(ガリャルダガランテ 表参道店〈ガリャルダガランテ〉) ジャケット¥115,000(マディソンブルー〈マディソンブルー〉) タンクトップ¥7,200(エイトン 青山) パンツ¥14,000(ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング ルミネ有楽町店〈ブラクトメント〉) 「マニプリ」のバッグ¥16,000・「シー」のブレスレット¥53,000(フラッパーズ) ネックレス¥42,000(エストネーション六本木ヒルズ店〈GIGI〉)

●この特集で使用した商品の価格はすべて、本体(税抜)価格です。

Oggi4月号「SHE & THE BASICS 忽那汐里×白シャツ」より
撮影/中村和孝(まきうらオフィス) スタイリスト/兵藤千尋 ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) 構成/菅 博子
再構成/Oggi.jp編集部

元記事で読む