佐倉綾音が今石×中島作品に初出演の心情を告白「参加できて光栄、幸せ、人生の思い出に残る出来事」

映画「プロメア」でアイナを演じる佐倉綾音にインタビューを実施! 出演の感想からアフレコ現場の裏側まで
KADOKAWA

5月24日より、全国公開中の劇場アニメーション映画「プロメア」に、アイナ・アルデビット役で出演する佐倉綾音にインタビューを実施した。

【写真を見る】佐倉綾音「“心の中のワクワク”に語りかけてくる作品」見どころをたっぷり語る

同作は、数々のアニメ作品を手掛けてきた今石洋之監督と脚本家の中島かずきがタッグを組んで制作する、初のオリジナル劇場アニメ。

全世界の半分が消失する大火災「世界大炎上」の引き金となった、炎を操る人種<バーニッシュ>と、彼らに対抗する高機動救命消防隊<バーニングレスキュー>との熱き魂のぶつかり合いを描いたバトルエンターテインメント。

インタビューでは、あらためてキャストに決定した際の心境や、映画の見どころについて語ってもらった。

ヒロインという役を頂けてうれしかった反面、プレッシャ―も大きかった

――あらためてキャストに決定した際のお気持ちをお聞かせください。

中島かずきさんが脚本を手掛けた舞台「髑髏城の七人」(2017年ほか)がとても好きだったので、今回のお話を頂いた時は「“モブ”でいいから参加したい!」という気持ちでした。

でも、ふたを開けてみたらヒロインという役を頂けてうれしかった反面、プレッシャーも大きかったです。

中島さんの脚本の作品にはいつか出演したいと思っていましたし、今石監督の作品に懸ける情熱がどれだけすごいかというのは、いろいろな方から聞いていました。

本当にこの作品に参加できたことが光栄で、幸せで、人生の思い出に残る出来事だと感じています。

――今石監督や中島さんの作品や、ご本人たちにどういった印象がありますか。

劇団のように、作品のキャストを常に同じキャストにすることが多いというお話は聞いていました。

これまではオーディションを受けた経験はあるていどで、なかなかご縁がないなと思っていたら、ヒロインという役に抜てきしていただいて本当に不思議な巡り合わせだなと感じています。

後から別のオーディションのデモテープを参考にして、キャスティングをしていただいたと聞いて、本当にうれしかったです。

監督とは今回のアフレコで初めてお会いしたのですが、穏やかな雰囲気の方だけど、目の奥に熱い物を感じる方でしたね。

中島さんはコミュニケーション能力の高い方だなという印象で、若い人のカルチャーにも精通おる方で、会話をしていても本当に話が弾みました。

キャスト皆さんがパズルのピースのようにかみ合っていて、信頼感のある現場

――アイナというキャラクターについて教えてください。

公式設定ですと「クールで落ち着いた女の子」というキャラクターではあるのですが、あくまで“中島作品”の中のお話なので(笑)。私自身は、活発で姉御肌な面がある子だと思っています。

そして、主人公のガロに対しては、時にお姉さんのように引っ張って、時には母のように優しく見守るような立場の女の子ですね。

ガロに淡い恋心も感じられるようなシーンもあって、関係性にも注目してもらえればと思います。

――演じる上での意識した点はありますか?

中島さんの脚本は“強い女性”を描くのがすごく特徴的だと感じていますし、アイナというキャラクターが、決して女の子らしくなり過ぎないように演じようとは思っていました。

でも、スタッフさんからのディレクションで「かわいらしさは残してほしい」と言われたので、ガロと二人きりでいるシーンは逆に女の子らしさを意識して演じさせていただきました。そのギャップにも注目していただければと思います。

――ガロのような熱血漢なタイプの男性はいかがですか?

ガロみたいなタイプの男性が実際にいたらちょっと嫌ですね(笑)。

だからこそ、アニメのキャラクターとしては見ていて本当に爽快なんですよね。

――アフレコ現場での雰囲気はいかがでしたか?

今回、メインキャストの松山ケンイチさんたち俳優陣とは別撮りでした。

今石・中島作品はほとんど同じキャストさんで構成されているんですが、現場では特に壁も感じずに“自由な現場”でしたね。皆さん気さくで誰かしらお話していて、良い意味で一人にさせてくれないんです。

思い思いに立ち振る舞っていて、お互いが違う方向を向いているんですが、背中はしっかりと預け合っていて、私自身もここにいたいなって感じました。

――信頼感のある現場なんですね。

皆さん、それぞれ個性の強い方たちが多いんですがパズルのピースのようにかみ合っていて、信頼感のある現場でしたね。皆さんが本当に楽しそうにアフレコしているのが印象的でした。

――印象に残っているシーンはありますか?

冒頭のシーンがすごく好きなんです!

「大火災」が起きているという物語の根幹にもしっかりと触れつつ、映像がすごく鮮やかで、かつスタイリッシュにまとまっていてさらにそこに格好良い音楽が入る。

もちろん中島さんらしいせりふ回しもありつつキャラクターたちがバトンをつないでいく様子とか、もう“心の中のワクワク”に語り掛けてくると言いますか、一発で物語の中に引き込まれちゃいますよね。

――最後に意気込みやメッセージをお願いいたします。

映像、音楽、お芝居、どれを取っても最高のクオリティの融合だと思っています。

普段アニメを見ない人にも「今のアニメってこんなにすごいんだ」と思っていただけると思います。

既存のアニメファンの方にはもちろんですけど、アニメと距離のある方々にも自信を持って薦められる作品です。ぜひご覧になってください。(ザテレビジョン)

元記事を読む
提供元: ザテレビジョンの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。