1. トップ
  2. レシピ
  3. おきなわマラソン挑戦記・番外編おきなわマラソンの魅力。

おきなわマラソン挑戦記・番外編おきなわマラソンの魅力。

  • 2015.3.21
  • 1510 views

おきなわマラソン挑戦記・番外編おきなわマラソンの魅力。

【マラソン部ニュース】VOL.15 文・木下紗安佳

3部に渡って、マラソン部の「おきなわマラソン」挑戦をレポートしてきましたが、今日は番外編として、「おきなわマラソン」の3つの魅力について語りたいと思います。

魅力1

42.195km途切れず続く私設エイドと応援。

沿道の応援にテンション上がるふたり。左から、櫻井さん、能美さん。 噂には聞いていましたが、途切れずに続く私設エイドや応援にビックリ! 応援がこんなに力に変わるなんて知りませんでした。私設エイドでもらったみかん♡癒されました♪ 地元の子供たちが踊るエイサー、年配の方々が奏でる三線など最後まで楽しませてもらいました。またチョコや黒糖、完走(乾燥)梅、フルーツなど走りながら食べられるものから、ソーキそばや素麺、豚汁、サーターアンダギーなど思わず足を止めたくなるものまで。余裕がなくて食べれなかったけど、もし余裕あったら食べたかった(笑)。

魅力2

いつもは入れない異国空間、嘉手納基地!

嘉手納基地入り口でぱちり。 中に入るとそこはまさに海外! 「keep going on!!」や「GOODJOB」と声をかけてくれたり、私たちの倍くらいあるんじゃないか!? って思う大きな手と連続でハイタッチ!期待を裏切らない楽しい時間でした。基地の子供たちのエイサーもかわいかった♪ 基地のおかげでテンションMAXで残り10kmへと駆け出すことができました♪

魅力3

しっかり旅行も楽しめる。

フルマラソン! というだけでもかなりのイベントだけど、おきなわマラソンなら一緒に旅行が楽しめちゃうのが欲張り女子たちにはたまらないポイント! 8人も女子が集まれば、バリエーションも豊富♪

おしゃれカフェでランチ♡

左から、能美さん、櫻井さん。

豊見城市豊崎の美らSUNビーチ内にオープンした、本格リゾートカフェ『KAI』に、レース前日におじゃましました。

ホエールウオッチング

ホエールウオッチング+離島へ上陸♡ 左から、ワタクシ木下、遠藤さん。

慶良間諸島・ナガンヌ島へ。那覇市の泊港『とまりん』から、定期便でおよそ20分。

市場でお魚

市場でおいしいお魚♪ 左から、斉井さん、浅井さん、こまさん、鈴丘さん、小野塚コーチ。

国際通りの公設市場内の食堂で、お魚をいただきました。

天然温泉日帰り湯

夕陽を見ながらのんびり温泉も!

夜は、那覇空港に近い『琉球温泉瀬長島ホテル』へ。天然温泉露天風呂でリラックスしました。

青春の再現W

青春っぽく、浜辺を走ってみたよ。

完走祈願をした『波上宮』のすぐ下にある浜辺で、最後のトレーニング。

辛い坂道に心が折れそうになったおきなわマラソンでしたが、初挑戦のフルマラソンがおきなわで良かった♪ もっと練習をつんでパワーアップして来年も挑戦したい! またこの応援の中走りたい!

FINISH!

来年の「おきなわマラソン」も楽しみにしています! (完)

【関連記事】

【初海外進出】グアムを走る! マラソン選抜メンバーが決まりました。

【挑戦ルポ!】目標は『おきなわマラソン』。初心者からの42.195km完走!

おきなわマラソン挑戦記・その1 初フルに向けての意気込み発表!

おきなわマラソン挑戦記・その3 42.195kmの奇跡と軌跡。