令和にモテるのは「中性的」な女子!その理由とは

新時代の幕が開け、これから男性にモテるのは、フェミニン(女性的)とマスキュリン(男性的)のバランスが取れた“中性的な魅力を持つ女子”だと言えるでしょう。

この令和時代、人々が期待することにフォーカスしながら、その理由をひも解いていきたいと思います。

令和にモテる中性的な女子

ナチュラルにカッコイイ女子がモテる時代

令和の時代は、自然体でありながら、カッコ良さを併せ持つ女子が男性にモテるはずです。

ヒーロー好きな男性がつい自分を重ね、惚れ惚れしてしまう“カッコイイ女子”は、もともと彼らに人気がありました。

一方、時代の進歩とともに、人々は“あるがまま”を好むようになります。

平成の終わりには、余計なものを持たないミニマリストや、つい他人の目を気にしてしまうことで生まれる“SNS疲れ”が話題になりました。

これからは、男言葉やメンズライクな服などで“媚びない自分スタイル”をあえて演出せずとも、内面に持つ強さ・たくましさで自然と男性を魅了できるはずです。

“ギャップ女子”の価値はさらにUP

令和時代において、恋愛のスパイスである“ギャップ”を上手く見せられる女子は、ますます異性のハートを掴みやすくなります。

ギャップとは、たとえば、ズボラと見せかけて実はマメ、といったことです。その人の意外な一面を見ると好奇心が湧き、いつしか恋愛感情に変わるのはよくあることです。

インターネット上に刺激が溢れる時代、若者を中心に恋愛離れが起きています。

これから“つまらない子”はまずモテません。

しっとり女子力を発揮したと思えば、猛々しいオスの一面を見せることもある、そんな“ギャップ女子”は、異性に注目されること間違いないでしょう。

ビジネスウーマンの株は急上昇

令和時代、企業で重要な役割を担っていたり、起業や副業に興味を持っているような“ビジネスウーマン”が男性に大人気となるはずです。

前述のように、若者は恋愛から離れ始めています。しかし、若い男性の中にも“恋愛する層”は存在します。

その層にいるのはバリバリ働くことや、起業、ビジネスに関心のあるアクティブな男性たちだと言えます。

そんな彼らと相性抜群なのが、男性的視点を持ちながら女性らしさも忘れないビジネスウーマンたちです。

こういった層は社会に価値を提供していくことのすばらしさを、活躍する男性たちと共有できるはずです。

“働き方改革”が進められていくことを期待しつつ、自分らしい社会的役割をこなせる時代に向けて、ビジネスセンスを磨いてみてはどうでしょう。

男性も“女子力”を発揮する時代だからこそ

男性が女子力!?と思われたかもしれませんが、令和の時代、ジェンダーの垣根はさらに低くなってゆくはずです。

男性が堂々と女子力を発揮できる時代になると言えるでしょう。

TVやYouTuberの影響で、お洒落な料理男子は今後ますます増えそうです。また、平成の終わりから話題となっている“ライフハック”な生活術は特に男性に人気です。

ムダ毛処理やスキンケアなども、さらに彼らに浸透していく可能性があります。

そんな時代、古い男女の役割に縛られない柔軟な女子こそ、令和男子と話が合い、恋愛のチャンスに恵まれるのです。

男女の役割が逆、なカップルも珍しくなくなるかもしれません。

令和の恋は多面的な自分を愛することから!

いかがでしょうか。令和の「令」は社会のルールやしきたりを表す字、「和」は周囲との協調を表す字です。

まさに男性らしさ(令)と女性らしさ(和)をバランス良く持つ人が幸せになれる時代に思えてなりません。

そもそも人間は、男であっても女であっても、自分の中に男性的な部分と女性的な部分を両方持ち合わせているものです。

これまで、女子力磨きばかりに力を入れていた人、キャリアのために男性化しつつあった人は、多面的な自分を愛し、自分の中に眠る性のバランスを大切にしてみましょう。

それが令和の恋を呼ぶ秘訣です!

(ちりゅうすずか/ライター)

(愛カツ編集部)

元記事を読む
提供元: 愛カツの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。