1. トップ
  2. レシピ
  3. 消化力が落ちる梅雨に!手軽に栄養補給「豆のクレープ」【アーユルヴェーダ食事法を学ぼう ♯3】

消化力が落ちる梅雨に!手軽に栄養補給「豆のクレープ」【アーユルヴェーダ食事法を学ぼう ♯3】

  • 2019.5.24
  • 2000 views
undefined
Cover image by Sayaka Oka

アーユルヴェーダとは?

自身を整えるレシピとしてご紹介するアーユルヴェーダは生命の科学と言われています。まさに人生を快適に、より幸福に生きる為の知恵袋のようなもの。アーユルヴェーダで自身の体質、そして今の状態を観察し、自分自身を理解することで心身の整え方が手に取るようになっていきます。様々な最新の情報に溢れ続ける時代だからこそ、自分に合ったライフスタイルを知り、選択することで心身の健康や幸福感を感じやすくなります。この最古の伝統医学の知恵を生活に取り入れ、エネルギー満ち溢れる感覚を感じてみてください。

第3回は、春から夏へまたぐ梅雨のシーズンにもぴったりな手軽に作れて栄養バランスも摂れるドーサの紹介です。

今回紹介するのは…ドーサ(豆と米のクレープ)

ドーサ
ドーサ

梅雨の時期は、一年の中でも最も日照時間が長く、湿度も高く、心身の消化力が弱まると言われています。なんとなく梅雨の時期には疲れが取れにくかったり、元気が出づらいという方も多いのではないでしょうか?

皆様ももうお分かりの通り、この湿気、重いといった要素はカファの水の性質です。そして夏に向けて気温が上がってくると蒸し暑さを感じるピッタの火の要素が強くなり。台風の季節がやってくるとヴァータの要素が人体にも作用してきます。

消化力も減退しやすい時期は、感情も不安定になりやすく、食事を作ることや食べることへの気持ちが億劫になりやすいです。簡単で作りやすく手軽に豆と米の良いバランスで、消化に負担をかけない形で栄養補給のできるドーサの生地を作り置きしておくことができると、食べ物に対する迷いも軽減できますよ!

春から夏にかけてのこれからの季節は非常に気象も変化しやすくなりますので、より一層自己観察とセルフケアが必要になってきます。心と身体両面からしっかり土台を整えて環境の変化に左右されない心身を今のうちに手に入れましょう。

材料(6~7枚分)

・バスマティライス(タイ米、ジャスミン米や白米でも良い)1/2cap
・ひきわり緑豆(ムング豆、もしくはレンズ豆やひよこ豆など他豆でも良い)…1/3cup
・玉ねぎ…1/2個
・黒胡椒、岩塩 少々
・(すりおろした生姜や、野菜、スパイスを少々加えても良い、)
・ギー(他オイルでも良い) …適量

作り方

1. 米と豆を一晩浸水しておく

2.玉ねぎを細かく刻み、1と共にミキサーに入れて全体を混ぜる。岩塩と黒胡椒で少し味をつけておく

3.フライパンにギーを温め、生地を適量真ん中に流し込んだら、中心から円を描くように外側に向かって生地を均等な薄さになるまで広げる。クレープのような用量で行う(ひっくり返す前にさらにギーを生地の上に少しかけても良い)

4.ひっくり返し、全てに火が通ったら完成

そのままでも勿論、フムスや惣菜、サラダなどを上に乗せたり、巻いたりしてトッピングにアレンジを加えて楽しんでくださいね!

今回紹介したドーサのレシピも、前回のカレーと同じく様々なアレンジで食材も変化させて楽しめる基本のレシピです。生地を作る際に、お好きな野菜を混ぜて色や味のバリエーションをつけることもできますよ!ビーツで赤色のドーサ、ほうれん草で緑色のドーサ…など!また、パクチーなどの香草やハーブ、ターメリックなどのスパイスを混ぜ込むのもオススメです。大葉や生姜、ネギなどを混ぜ込み、和風に仕上げるなどしても良いですね。

ドーサの上に乗せる食材は、フムスやじゃがいも、キャベツの炒め物、葉野菜、アボガドなど、どんなものでも組み合わせることができます。ガレットや、ラップの感覚で野菜をくるんでしまえば持ち運びもしやすいですね。暖かい野菜のスープを添えれば更にバランスも良く、毎日バリエーションを楽しめますよ!

一度生地を作っておけば、2~3日冷蔵庫で保管が可能です。アーユルヴェーダではなるべく、作りたての温かい食べ物を食べることが良いとされていますが、この生地を作っておけば、いつでも焼きたてのドーサを食べることができますよ。

今回のレシピで体質別にアドバイスするならば、ヴァータの方はドーサを焼く際にギーをたっぷり目に使用しましょう。ピッタの方はあまりスパイス類や塩分を過剰に入れすぎないように、逆にカファの方は少しペッパー類を加えたり、薬味や香草類を生地に混ぜ込むことで消化を促進させることができるでしょう。自分のドーシャ(体質)がわからない人は「アーユルヴェーダ体質診断 あなたはどのタイプ?」でチェックしてみてくださいね。

教えてくれたのは…岡清華さん
1993年生まれ、兵庫県出身。ファッション誌のモデルとして活動しながら、大学在学中に管理栄養士資格を取得。その後、カウアイ島にてアーユルヴェーダを学ぶ中で、全米ヨガアライアンスを取得、ハワイにてSUPYOGA資格を取得。Vegan,Organic,Ayurvedaをコンセプトに、飲食店や個人でのケータリングサービスにて料理提供を経験した後、会員制ヨガスタジオで、ヨガクラス・栄養指導を行ない「腸」に特化したフード開発、レシピ監修、イベントなどの企画、運営を行なった。独立後、ヨガを含む “アーユルヴェーダ” の観点から「一人一人が最も輝くベストな心身を知り、持続させること」をコンセプトにしたスタジオSUPER8studioの運営、その他イベントやアーユルヴェーダに付随する各事業を進めている。Instagram:Sayaca Oka LINE@ (登録者限定のお得な情報やイベント開催のお知らせを配信中)

元記事で読む