ボリューム増!胸の上側を鍛えてバストアップ

加齢や筋力不足によって、いつのまにか垂れている胸。女性ならいつまもで上向きの状態を保っていたいですよね!しかしなにもしなければ、胸の形を保つことはできません。食事とトレーニングがあってこそ、美バストになります。

今回は胸を上向きにするために必要な、胸の上側の筋肉の鍛え方をご紹介します。

胸が垂れていませんか?

女性の胸元
出典:GODMake.

筋肉は何もしなければ、加齢と共に衰えてきます。特に胸の筋肉は普段あまり使われることがないので、衰えるのが早いそうです。また姿勢にも影響されやすく、特に猫背の人は肩が前に出るので、胸が下に押されて垂れやすくなります。職業や癖もあるので多少は仕方がないのですが、このまま放っておいては悪化するだけです。

そこでおすすめなのが筋トレです。筋肉は何歳になっても成長するので、いつ始めても遅くはありません。また、胸の筋肉は普段あまり使われないだけに、成長が早いのも特徴です。週に2~3回ほど鍛えれば、いつまでも美しいバストを保てるようになるでしょう。

胸の筋肉を分けて考える

胸の筋肉
出典:GODMake.

胸の筋肉(大胸筋)は非常に大きいので、鍛えるときは4つの部位にわけます。「大胸筋上部」「大胸筋下部」「大胸筋中部」「大胸筋内部」の4つです。まずはそれぞれの役割をご紹介します。

1. 大胸筋上部

今回のテーマの部位です。胸の上側を鍛えることで胸がボリュームがアップします。鎖骨を出したファッションが似合うようになるでしょう。鍛え方は後ほどご紹介します。

2. 大胸筋下部

胸の下のラインを整えたいときに鍛えます。とはいえ基本的には意識して鍛える必要はないでしょう。斜め腕立て伏せで鍛えられます。

3. 大胸筋中部

胸全体の形に影響する部位です。この部位だけでもバストアップ効果はあります。ただし上部への刺激は少し弱いので、上部は別でやったほうがいいでしょう。腕立て伏せで鍛える事ができます。

4. 大胸筋内部

胸を寄せる効果が期待できます。大胸筋の中でも使われにくい部位なので、上部と合わせて鍛えてみましょう。合掌のように胸の前で押し合うことで刺激が入ります。

胸の上側を鍛える

白い服を着た女性
出典:GODMake.

胸の上側は比較的露出されやすい部位です。鍛えることで胸にボリュームがでるので、水着やカットソー、キャミソールを着用したときに胸元が映えるようになります。逆に垂れた胸だと、皮膚が下に引っ張られて骨が浮き出てしまうので美しくありません。

他にも鎖骨周辺の引き締め効果も期待できるので、美デコルテラインを目指す人にもおすすめです。しかし、胸の上部は少し鍛えづらいといった欠点もあります。ジムのマシンなら簡単にできるのですが、自宅でやるなら少し工夫が必要です。次の項目でそのやり方をご説明しますので、やってみてくださいね!

胸の上側を鍛える方法

バストアップ効果を実感しやすい大胸筋上部を鍛えてみましょう。腕の角度を45度以上にすると、胸ではなく肩に刺激が入ってしまうので注意してくださいね。

1. 脚上げ腕立て伏せ
腕立て伏せをする女性
出典:GODMake.

体一つでできるトレーニングです。しかし難易度が高いので、あるていど筋トレに慣れてからやってみてください。

  1. うつ伏せになり、脚を体より高い位置で固定します。椅子やベッドの上がいいでしょう。腕は肩幅に開いて、肩の下にくるようにまっすぐ伸ばしましょう。
  2. 背中を伸ばしたまま腕を曲げて、胸を床に近づけます。腕を曲げながら肩甲骨を寄せるようにしましょう。
  3. 腕をすばやく伸ばします。これらの動作ができないときは、膝をついた状態でやってみましょう。
  4. 繰り返します。
2. 体を少し起こしてダンベルプレス
ベンチプレスをする女性
出典:GODMake.

水入りペットボトルを2本用意してください。上体を少しだけ起こす必要があるので、ソファかベッドがあるといいでしょう。

  1. 膝を軽く立てて仰向けになります。このとき上半身はソファやベッドの前部を利用して、少し起こしてください。両手には水入りペットボトルを持って、腕を上にまっすぐ伸ばしましょう。
  2. 肩甲骨を寄せながら腕を降ろします。胸の伸縮を意識しましょう。下ろす位置はバストトップのあたりにしてください。
  3. 腕をまっすぐ伸ばします。このとき肩甲骨は寄せたままにしてください。繰り返します。
3. 体を少し起こしてダンベルフライ
ダンベルを持ち上げる女性
出典:GODMake.

大胸筋の上側と内側の両方が鍛えられます。胸が左右に離れてしまった人はこの種目がおすすめです。伸ばした腕をアーチを描くように動かすと、内側に効かせやすくなります。

  1. 膝を軽く立てて仰向けになります。このとき上半身はソファやベッドの前部を利用して、少し起こしてください。両手には水入りペットボトルを持って、腕を上にまっすぐ伸ばしましょう。手のひらが内側になるよう持ってください。
  2. 肘を少しだけ曲げて、ゆっくり左右へ開きます。勢いをつけすぎると肩を痛めるので注意しましょう。
  3. 胸がじゅうぶん伸びたら同じ軌道で持ち上げます。上げるときに胸を絞る感覚でやると効果的です。
  4. 繰り返しましょう。

胸の上側を鍛えて美バストに!

笑顔の女性
出典:GODMake.

胸の上側を鍛える方法についてご紹介しました。胸は加齢や猫背で衰えやすい部位です。特に胸の上側はバストアップに欠かせない筋肉にもかかわらず、日常生活ではほとんど使われません。逆にいえば鍛えるほど結果がでやすい部位でもあります。

ご紹介したトレーニングは少し難易度が高めですが、少し練習すればできると思いますので、ぜひやってみてください!美バスト目指してがんばりましょう!

元記事を読む
提供元: GODMake.の記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理