1. トップ
  2. 飯豊まりえ、鶴橋監督は「出会った中で一番不思議な監督」<白い巨塔連載(2)>

飯豊まりえ、鶴橋監督は「出会った中で一番不思議な監督」<白い巨塔連載(2)>

  • 2019.5.23
  • 897 views
浪速大学病院図書館で司書を務める佐枝子を演じる飯豊まりえにインタビューを実施
撮影=阿部岳人

【写真を見る】笑顔がたまらなくキュート! 飯豊まりえは色っぽい演技の沢尻エリカに憧れが?

山崎豊子の傑作小説を原作に、大阪の大病院で繰り広げられる壮絶な権力争いを描いた岡田准一主演の5夜連続ドラマスペシャル 山崎豊子「白い巨塔」(5月22日~26日[日]夜9:00放送、テレビ朝日系)。

原作の刊行から50年たった今、物語の設定を2019年に置き換え、岡田演じる浪速大学医学部第一外科・准教授の財前五郎が、悲願である“教授の座”を目指してなりふり構わず邁進していく姿を映し出す。

ザテレビジョンWEBでは、同ドラマの出演者によるリレーインタビュー連載を実施中。本リレー連載の第2回は、第一外科・教授で財前の師である東貞蔵(寺尾聰)の娘・佐枝子を演じる飯豊まりえのインタビューをお届け!

飯豊に、作品への思いをはじめ、豪華俳優陣と共演した印象や撮影エピソードなどをたっぷり語ってもらった。

ただ見つめているだけ…そこが切ないんです。

――東教授の娘・佐枝子は、どんな女性ですか?

父のことを尊敬しているし、大切に思っているのですけど、佐枝子は里見先生(松山ケンイチ)のことを支えたいんです。地に足が着いている里見先生をとにかく応援したい。片思いというか、里見先生のことを純粋に思っているんです。

――お芝居で苦労した点は?

結婚している人を好きになるって、こんなにも切なくて苦しいことなんだって思いました(笑)。もちろん、佐枝子自身は里見先生とどうにかなろうなんて考えていないんです。好きだし憧れもあるけど、ただ見つめているだけ。

そこが本当に切ないですよね。

――里見先生と正反対のキャラクターである財前の印象は?

佐枝子として演じている時は、財前さんがやっていることに対してリスペクトできないなと思うところがたくさんありました。お金や人間関係、自分の立場や地位を巡って、どんどん変わっていきますし。

佐枝子は財前さんのことをあまり良く思っておらず、きっと財前さんも佐枝子に対して同じような気持ちを抱いていたと思います。そういう中で、佐枝子は里見先生に頑張ってほしいとずっと願っていたんです。

財前さんも里見先生も向かっているところは同じなんでしょうけど、患者さん一人一人に時間をかけて命を救いたいと思っている里見先生の方が、真のお医者さんなのかなと感じました。

――ちなみに、飯豊さんは財前タイプと里見タイプだったら、どっちが好みですか?

私は、やっぱり里見さんタイプですね。かっこいいなって思います。ちょっと抜け感があるというか、寡黙ですごく優しい。

佐枝子は結構遠回しに自分の思いを伝えているんですけど、それを分かっていながら知らないフリをしているようなところもすてきです。

寺尾さんはお父さんのような存在

【写真を見る】笑顔がたまらなくキュート! 飯豊まりえは色っぽい演技の沢尻エリカに憧れが?
撮影=阿部岳人

――「東家」の雰囲気はいかがでしたか?

寺尾聰さんと高島礼子さんが両親役ということで緊張するかなって思っていたのですが、お二人ともとても優しくしてくださって。高島さんは、すごくパワフルですてきな方。寺尾さんも本当のお父さんのような存在で、現場でお会いできるのが楽しみでした。

寺尾さんからは役作りや表現方法、趣味もたくさんお持ちなのでお芝居以外のことなど、いろいろ学ぶことが多かったです。

――劇中では、愛人、本妻、母親、看護師など、いろんなタイプの女性が登場しますが、自身が演じた佐枝子以外で興味を持ったキャラクターは?

どのキャラクターも大変そうでしたよね(笑)。個人的に好きなのはケイ子さん(沢尻エリカ)。あそこまで色っぽくないですし、そんなふうに見られることが恥ずかしいという思いが強いので、私にはできないと思いますけど…(笑)、同性としてすてきだなって。

ケイ子さんは財前さんを、佐枝子は里見さんを支えたいと思っているところに、何か通じる部分があるような気がしました。

今まで出会った中で一番不思議な監督でした。

飯豊まりえは「里見さんの方が真のお医者さんなのかな」と語る
撮影=阿部岳人

――鶴橋(康夫)監督に言われて印象に残っていることはありますか?

監督からは「俳優さんによってお芝居の仕方が変わるね」って言われました。松山さんとのシーンではナチュラルで、東家の時は割と強い感じだったみたいです。

――お芝居が変わるという自覚は?

ありました。私は自然と人に合わせるところがあるような気がします。鶴橋監督はユーモアのある優しい方。今まで出会った中で一番不思議な監督でした。

――財前役の岡田准一さんの印象は?

すごく気さくな方で、私の洋服を褒めてくれました。

――私服を?

そうです(笑)。それと撮影が寒い時期だったということもあって、岡田さんは温かいものを飲んだりして、すごく体に気を遣っていらっしゃったんです。現場でいろんな健康法を教わりましたし、青汁も分けていただきました!

「白い巨塔」という作品に携われたことを糧にしていきたい

父親役の寺尾聰について「寺パワフルですてきな方。お父さんのような存在です」と語る飯豊まりえ
撮影=阿部岳人

――あらためて、本作「白い巨塔」の魅力は?

台本を読んだ時に、登場人物それぞれの欲望が渦巻いている物語は若い人たちに難しいかなって思ったんですけど、映像になると見やすくなるような気がします。

とにかくいろんなタイプのキャラクターがたくさん出てくるので、その人間関係を見ているだけで社会勉強になると思います。私自身も「白い巨塔」という作品に携われたことを糧にして、これからも頑張っていきたいです!

――最後に、元号が「平成」から「令和」へと変わりましたが、令和の“和”にちなんで、最近和んだエピソードをお聞きしたいのですが。

いつもお世話になっているスタイリストさんとヘアメークさんと温泉に行きました。家族以外で旅行をしたのは初めて。すごくのんびりできましたし、余白の時間が作れてよかったです。

一度、冬の時期に行ったことがある温泉だったんですけど、今回は緑が多くて。違う景色を楽しむことができました。

飯豊まりえは岡田准一から「私の服を褒めてくれた(笑)」と告白
撮影=阿部岳人

(ザテレビジョン・取材・文=月山武桜)

元記事を読む