人気は“なごやめし”級!愛知・安城市民を虜にするソウルフード「究極の北京飯」って何!?

子供のころから食べ続けている、慣れ親しんだ“地元グルメ”。愛知県安城市に名物グルメがある!2019年5月から市役所の食堂でも販売されるほど、定着した。今回は、愛され続けるソウルフード「北京飯」を紹介する。

【写真を見る】北京飯がリゾットに!洋×中華のコラボ北京飯「リゾット北京飯」(1100円) ※夜限定

「北京本店」(愛知県安城市)は、親子3代続く、創業58年の老舗中華料理店。店主の兄が営む「つけめん舎 一輝(いっき)」とのコラボメニューなど、ほかのメニューもおいしいと評判だ。

創業58年の地元で愛される老舗中華料理店「北京本店」
KADOKAWA
テーブル席のほか、座敷席も。コースメニューも豊富にそろい、宴会などでの利用もできる
KADOKAWA

「北京飯(ペキンハン)」とは、創業当初、初代が賄いを作ろうとした時のアクシデントをきっかけに誕生。みかわポークのモモ肉、養鶏が盛んな豊橋から取り寄せた新鮮な卵、ブランド米・あいちのかおりなど、地元産食材で作る、こだわりの名物丼だ。

同店で味わえる「究極の北京飯」(650円)は、フワトロの卵とサクサクの豚の唐揚げの相性が抜群!ご飯なしの北京飯の上(500円)も販売しており、ビールと一緒に食べたい一品だ。

カリカリ&ジューシーな豚唐に卵のトロトロがマッチ!「究極の北京飯」(650円)
KADOKAWA

また、5月20日からディナー限定で、北京飯の新作が登場する。「リゾット北京飯」(1100円)は、米から中華スープで炊き上げるリゾットに、北京飯の卵と豚の唐揚げが乗る。洋と中華がコラボレーションした一品だ。

【写真を見る】北京飯がリゾットに!洋×中華のコラボ北京飯「リゾット北京飯」(1100円) ※夜限定
KADOKAWA
チーズがとろける!「リゾット北京飯」(1100円) ※夜限定
KADOKAWA

■北京本店 / 住所:愛知県安城市三河安城本町2-4-1 / 電話:0566-75-0230 / 時間:11:00~14:30(LO 14:00)、17:00~21:30(LO 21:00) / 休み:月曜(東海ウォーカー・東海ウォーカー編集部)

元記事を読む
提供元: ウォーカープラスの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。