1. トップ
  2. “天然”瀧本美織、溝端淳平は「うそばっかりつく!」

“天然”瀧本美織、溝端淳平は「うそばっかりつく!」

  • 2019.5.22
  • 429 views
「仮面同窓会」の現場の様子を明かした溝端淳平、瀧本美織(写真左から)
KADOKAWA

6月1日(土)スタートのオトナの土ドラ「仮面同窓会」(毎週土曜夜11:40-0:35、フジテレビ系)の囲み取材会見が5月22日に行われ、主演の溝端淳平、ヒロインを務める瀧本美織が登場した。

【写真を見る】溝端淳平から天然エピソードを暴露され、苦笑いで反論する瀧本美織

本作は、雫井脩介の同名小説が原作のクライムサスペンス。

同窓会で再会した新谷洋輔(溝端)ら高校時代の友人たち4人の出来心から始まったいたずらが、不可解な殺人事件に発展する。彼ら4人が互いの腹を探り合い、人生を狂わせていく姿を描く。

溝端「洋輔は自分とは真逆」

本作で、8年ぶりに民放連続ドラマの主演を務める溝端は「8年前とは芝居に対する考え方も変わりました。蜷川幸雄さんとの出会いから、難解な作品に挑戦し、成長できるように精進してきた8年間でした」と振り返り、「その期間で経験したものを映像でも出せたらなと思い、精いっぱい演じています」とコメント。

今回溝端が演じるのは、幼い頃に経験した兄の死や、高校時代に受けた体罰により心に傷を負った主人公・新谷洋輔。

溝端は「洋輔という役は、特徴がはっきりある役ではないのですが、ヒントがあまりない中、模索していくという作業が楽しみでした。歩き方一つにしても目の動かし方一つにしても、欲深く、楽しみながらできたと思います」と、役作りについて語った。

そして、「僕は人と喋る時は正面から目を見て喋ってしまうタイプなのですが、洋輔はどちらかと言えば真逆で、あまり相手の目を見ず、少し挙動不審気味なところがある青年」と自身と役との違いを語り、歩き方や姿勢にもこだわったことを明かす。

瀧本「やっぱり恥ずかしいものですね」

一方、瀧本が演じるのは、洋輔の高校時代のクラスメート・竹中美郷。瀧本は、自身の役どころを「ストーカーに追われているところを洋輔に助けてもらって、10年ぶりに再会。それをきっかけに2人の距離がぐっと縮まっていく」と説明。

回想シーンでは、制服姿で高校時代の美郷を演じることでも話題になった瀧本だが、そのことを聞かれると「本当に失礼しています(笑)」と照れ笑い。

続けて「現役から10年たっていると、やっぱり恥ずかしいものですね。でも、年齢は関係ないぞという前向きな気持ちをもらった気がしています。なので、これからはどんな役でもやっていこうと思っています(笑)」と前向きに語った。

溝端が瀧本の天然エピソードを暴露

溝端をはじめ、高校時代の友人たちを演じる佐野岳、木村了、廣瀬智紀と、瀧本の周りのキャストはほとんどが男性。

彼ら“4人組”について瀧本は「本当の同級生みたいに、普段からすごく仲が良くて楽しそうだなと思って見ていました」と明かす。

しかし、溝端から、瀧本は見ているだけではなく「瀧本さんを中心に回っています(笑)」と輪の中心であるとの証言が飛び出す。

さらに、プロデューサーから「現場は本当に同窓会のような雰囲気で、瀧本は女神のような存在」とタレコミが届くと、溝端は「僕ら役者陣だけでなく、スタッフさんまでも瀧本さんのファンですよね。一言で場を和ませてくれるといいますか、存在自体がオアシス」と絶賛。

溝端は、瀧本の“天然”っぷりにも触れ、「僕が言ったら誰も信じないようなうそを信じたりする。現場に内藤さんという方が3人いるのですが、『兄弟だよ』と冗談で言っていたら、(瀧本は)『え~そうなの。確かに似てるね』って(笑)」と、瀧本をだました時の話を打ち明けた。

それに対し瀧本は「(溝端は)うそばっかりつくんですよ!」と声を上げ、「永井大さんも結構そういうところがあって、『うちの子、2歳でバク転できるからね』って。それも信じちゃって。永井さんのお子さんだったらできるかもしれないと思っちゃうんですよね」と、溝端以外からもうそをつかれていることを訴えた。

溝端「ハラハラドキドキする作品」

また、溝端は同級生役の男性陣4人で飲みに行ったことを明かし、「くだらない話もしますけど、結局は芝居の話になることが多いですね」と同世代の俳優たちとの熱いエピソードを披露。

先日、結婚を発表した廣瀬については「(発表後)まだお会いしていないので、次お会いした時には『おめでとう』と言いたいなと思っています」とコメントした。

最後に、本作について瀧本は「予想できない展開が見どころだと思います。この2人の距離感がこれからどうなっていくのか、ぜひ注目してもらいたいと思います。土曜の夜は『仮面同窓会』で夜更かししましょう!」とアピール。

溝端も「展開が早く、ハラハラドキドキしつつ、台本もとても面白いので、見ている人を飽きさせない作品になっております。土曜の夜は『仮面同窓会』を見て、ドキドキして眠れなくなると思います!」と力強く語った。(ザテレビジョン)

元記事を読む