1. トップ
  2. グルメ
  3. 22種類のクラフトビールが勢ぞろい!「森のビアガーデン」が今年もオープン

22種類のクラフトビールが勢ぞろい!「森のビアガーデン」が今年もオープン

  • 2019.5.22
  • 528 views

明治神宮外苑の夏の風物詩「森のビアガーデン」が今年もスタートした。36年目を迎える今年は、ビアガーデンとしては日本最大級となる22種類のクラフトビールを提供するなど、さらにパワーアップした内容となっている。

【写真を見る】クラフトビール好きも大満足!22種類の充実したラインナップ

緑に囲まれ、開放感も抜群!多くの人で賑わう「森のビアガーデン」の会場
KADOKAWA

自然豊かな会場内に、こちらは都内最大級の1000席を有する「森のビアガーデン」。「BBQ飲み食べ放題」とアラカルト、2通りの楽しみ方ができるのも魅力だ。

アラカルトには日本最大級22種類のクラフトビールが登場

昨年、アラカルトにおけるクラフトビールの提供アイテム数は10種類だったが、今年は常時22種類に増加。各種1杯780円で提供するほか、今年はクラフトビールを含む、アラカルトのドリンクメニューの飲み放題(2時間制/2800円)も初登場。

料理も本格的な品々がそろう。「森ビア風チーズタッカルビ」(2800円)や「生ラム3種盛り合わせ」(3~4人前3980円)といった人気メニューに加え、新作もお目見え。コリアンダーの香りが食欲をそそる「夏野菜とシーフードのアヒージョ鍋」(2800円)や、ポン酢にあごだしのうま味を加えた、醤油味のタレで味わう「久原醤油のキャベツのうまたれとはかた地どりのから揚げ」(980円)など、いずれも見逃せない。

ビールは全4種類!飲み食べ放題も大充実

思う存分飲んで、食べたい気分の時には「BBQ飲み食べ放題」(2時間制/男性4300円、女性4000円)をチョイスしよう。飲み放題のビールは、初登場の「ハイネケン エクストラコールド」をはじめ、「キリン一番搾り」「キリン一番搾り〈黒生〉」「ハイネケン」の4種類。ビール以外にはハイボールやレモンサワーなどが用意され、アルコールとソフトドリンクを合わせて、19種類を飲み放題で楽しめる。

食べ放題のバーベキューメニューに使用する素材にも、こだわりが光る。野菜はすべて国産を使用しているほか、米国産アンガスビーフ、ポーク、味付けラム、ソーセージ、ふもと赤鶏のつくねなど、肉もバラエティに富んだラインナップだ。

景品が当たるチャンスも!イベントに参加すればもっと楽しい

会場では景品が当たる抽選会をはじめとした、イベントも盛りだくさん。「キリン一番搾りリニューアル キャンペーン抽選会」(5月25日~6月30日)、「森deニューヨークサマー ブルックリン抽選会」(6月3日先行販売~7月31日)、「なでしこジャパン応援キャンペーン」(6月7日~7月7日)、「ラグビーW杯 ハイネケンエクストラコールドボトル抽選会」(8月上旬~9月23日)などが予定されている。

「にこにこパーク」入園無料など家族にうれしいサービスも

なお、同ビアガーデンでは「BBQ 飲み食べ放題メニュー」に子供料金(中学生~19才3600円、小学生1600円、4歳~小学生未満600円、3歳以下無料)が設定されているので、家族で足を運ぶのもおすすめ。土日に同ビアガーデンで食事をした場合、子供および子供連れの大人は、隣接する「にこにこパーク」を入園無料で利用できるのもうれしい。

「森のビアガーデン」の営業期間は9月23日(祝)まで。都心とは思えない緑豊かな空間で、種類豊富なビールやこだわりのメニューを、心ゆくまで堪能しよう。(東京ウォーカー(全国版)・水梨かおる)

オリジナルサイトで読む