ドラマ東京独身男子で大人気!巷で話題のAK(あえて結婚しない)男子の特徴

土曜日11:15~テレビ朝日で放送のドラマ「東京独身男子」が大人気です。

ドラマには、ハイスペックで女性に困っていないにも関わらず「あえて結婚しない」と決めている男性が3人登場します。ドラマでは彼らを「A(あえて)K(結婚しない)男子」と呼び話題となっています。

実は筆者が婚活していた頃、彼らのようなAK男子に多く遭遇してきました。では、リアルに実在するAK男子には一体どのような特徴があるのでしょうか?

そこで今回の記事では、筆者が婚活時代に遭遇したAK男子の特徴についてご紹介します。これから本気で結婚したいと考えている女性は、AK男子に捕まっている場合ではありません。彼らの特徴を知って、恋にハマらないように注意です。

合コンは数合わせ時に参加

そもそも結婚する気がないので、AK男子はお金を払ってまでして婚活市場には出向きません。ただ、彼らと唯一出会えるイベントがあります。それが、合コンです。

合コンの場合、男性から「どうしても人が足りなくて」とお願いされ、仕方なく人数合わせのために参加する男性もしばしば。とくにこの時に呼ばれやすいのが、AK男子。合コンは、ハイスペックでイケメンが1人でもいればその場が潤うもの。そのため、会場に華を添えるためにと呼び出されることがあります。

また、AK男子は普段から「合コンあれば誘って」「彼女紹介して」とは言いません。ピンチヒッターとしてしか合コンには参加せず、あくまで出会いは「いい出会いがあれば」というスタンスです。

趣味や車へのお金の投資が派手

AK男子が結婚しない理由のひとつに、お金の問題があります。結婚すると、生活費などでお金が自由に使えなくなってしまいます。そのため、趣味にお金を派手に投資している男性は結婚を躊躇する傾向があります。

もし彼らが結婚を意識するのであれば、女性も同じように経済力を持ち、結婚後も自由にお金を使わせてくれる女性かどうかが鍵となるでしょう。

部屋が綺麗で料理も得意

部屋が綺麗で料理も上手など、結婚に必要性を感じない男性は婚期が遅れる可能性が高くなります。

なぜなら、もっとも男性が結婚をしたくなる時とは、料理や掃除、洗濯など自分の世話をしてくれる人が欲しくなった時。にも関わらず、自分で全て出来てしまうのであれば結婚に必要性を見いだせなくなります。

AK(あえて結婚しない)男子の特徴まとめ

AK男子は、基本的に自己中で自信満々。1人でもお金さえあれば生きていけると思っているし、女性に余計なお金を使うくらいなら遊びで使いたいと考えています。

そもそも結婚とは、助けてくれるパートナーが欲しい時にしたいと思うもの。独身を謳歌したい男性は、人の助けも不要だし寂しさも感じていません。

しかし、そんな彼らが改めて「結婚しようかな」と考える時があるのです。それが、親の介護が必要になった時です。実は1人暮らしが長く、自由に独身時代を謳歌してきた男性が「結婚しよう」と考えて婚活に踏み切る時って、親の問題が理由になることが凄く多いです。

筆者の上司の友人も、40代以降になってやっと結婚相談所に入会する理由が全て親の介護問題が迫って来たからだとか……。でも、結婚してすぐに親の介護をさせられるなんてたまったものではないですよね。

AK男子にはハイスペックで高収入な男性も多く魅力的ですが、果たして本当に結婚して幸せになれる相手なのか……。もし、あなたが狙っている男性がAK男子なのであれば改めて振り返ってみる必要がありそうです。

元記事を読む
提供元: Grappsの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。