1. トップ
  2. ネイル
  3. 差し色が肝!『上品カラーのブロッキングネイル』特集

差し色が肝!『上品カラーのブロッキングネイル』特集

  • 2019.5.19
  • 12353 views

上品カラーをベースに使った、ブロッキングネイル。そこに差し色をプラスすると、上品さは残しつつもお洒落度高めなネイルに仕上げられます。この記事では、上品カラーに差し色をプラスしてアートするブロッキングネイルデザインをご紹介します。オフィスシーンで使えるデザインがたくさんありますので、ぜひ参考にしてくださいね!

スキンカラーのブロッキングネイルにブラウンをプラス

爪を複数のブロックに分けてアートする、ブロッキングネイル。すべてのブロックを同じような色でカラーリングすると上品な仕上がりにはなりますが、デザイン全体がぼやけた感じになってしまうこともありますよね。

そこでまずご紹介したいのが、スキンカラーをベースとしつつブラウンを差し色として使ったブロッキングネイルです。

例えば、ベージュやライトピンクといったスキンカラーでカラーリングした爪先の一部をブロッキングし、ブラウンでカラーリングするデザインはいかがでしょうか。スキンカラーのみのブロッキングネイルと組み合わせたり、ブラウンのワンカラーネイルを組み合わせたりするのもいいですよね。

あまり濃い色を使うのはちょっと…という方は、ライトブラウンを差し色使いするのもおすすめですよ!

グレーカラーのブロッキングネイルに差し色をプラス

ブロッキングネイルは、グレーカラー×差し色でアートしても、お洒落度高めなデザインに仕上がります。

グレーのフレンチデザインを基本として、数本の爪先をブロッキングしてピンクやネイビーを差し色に使ったり、グレーのワンカラーネイルの一部分だけをブロッキングして差し色を使ったり。

グレーはブラックやネイビー、ボルドー、ピンク、ホワイト、イエロー、というように、相性のいい色が多いカラーですので、お好みのカラーを組み合わせて色々なデザインを作ってみてくださいね!

上品カラーのブロッキングネイルはラメとの相性も◎

上品カラーをベースにしたブロッキングネイルには、ラメを差し色として取り入れてみるのもおすすめです。

例えば、ベージュやホワイト、ピンクベージュといった上品カラーを基調としたブロッキングネイルの一部に、ゴールドラメを使うデザインはいかがでしょうか。

ブロッキングネイルは、ブロック同士の境目にラインを引いたりテープを貼ったりするデザインが一般的ですよね。もちろん定番のデザインも素敵なのですが、あえて境目に何もアートをせずブロック内をカラーリングするだけにするとより上品な仕上がりになりますよ♪



Itnail編集部

元記事で読む