【タロット占い】選んだタロットカードでわかる、あなたを呪う悪意

感情を持つ人間は、喜びの一方で怒りや憎しみを覚え、悪意を生み出してしまうことがあります。聖人君子ではないので仕方のないことですが、悪意は向けられた相手だけでなく、抱いた本人を呪うことも多いものです。タロットで、あなたを呪う悪意をみてみましょう。

【質問】
心の中にあるよくない自分をイメージして、タロットを1枚選んでください。

A:「司祭」のカード
B:「運命の輪」のカード
C:「吊るされた男」のカード

あなたはどれを選びましたか? さっそく結果をみてみましょう。

【診断できること】
「あなたを呪う悪意」
3枚のユニークなタロットには、それぞれ見てはいけないシーンが描かれているようです。秘密裏に行われる儀式の目的は何でしょうか? 選んだタロットは、あなた自身が抱く悪意を象徴しているのです。あなたを呪う悪意をみてみましょう。

■A:「司祭」のカード……倫理や道徳からの悪意
密かに儀式を行う「司祭」のカードです。誠実なあなたは、憎しみや怒りの気持ちを抑えながら、「このままではいけない」という思いを蓄積させるのでしょう。誤りを正すために、間違っている人を呪ってしまうようです。あなたを呪うのは、倫理や道徳を守りたい一心から生まれた悪意でしょう。本人の気づきで導かれるしかない誤りもあり、あなたの倫理観と道徳観もすべてではないのです。

■B:「運目の輪」のカード……浮かんでは消える悪意
罪を犯した疑いのある者や、罪人に行われていた大車輪を用いた拷問は、「運命の輪」と呼ばれていました。そんな恐ろしい火車として描かれた「運命の輪」のカードです。あなたを呪うのは、繰り返しの尋問のように浮かんでは消えていく悪意でしょう。殺意を覚える瞬間のモチベーションは、ウソのように消え、ふとした瞬間にまた蘇ります。自制心は、運命のいたずらで、たがを外すのです。

■C:「吊るされた男」のカード……自らを苦しめる悪意
ドラゴンのような鬼が逆さ吊りになって、獲物が訪れるのを待っている「吊るされた男」のカードです。ここに描かれていない獲物「吊るされた男」は、あなた自身でしょう。あなたを呪うのは、自らが食われてしまうかのように、自身を苦しめる悪意です。人への怒りや憎しみ、恨みに囚われた結果、この先の未来に目を向けることができなくなり、呪われた過去に縛られた奴隷と化すのです。

心穏やかにいることができれば、どんなときでもハッピーに過ごすことができます。怒りや苛立ちを覚えることがあっても、恨みつらみになるまで育てないようにすることが、幸せへの近道になるでしょう。忘れること、建設的なことに目を向けることです。
(LUA)
※画像出典/shutterstock

元記事を読む
提供元: 占いTVニュースの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。