季節の変わり目に! 風邪予防にもなる「にら」と卵のおかず5選

「にらたま」
料理:藤井恵 撮影:白根正治

家にある調味料でパパっと調理!「にら卵炒め」

昼と夜で寒暖差が激しい今の季節は、体調を崩して風邪を引いてしまうことも。今回は、風邪予防にも効果のあるにらと卵を使ったおかずを紹介します。

にらたま

【材料・2人分】

卵 3個、にら 1/2わ、長ねぎ 1/3本、塩、しょうゆ、サラダ油

【作り方】

1. にらは5cm幅の小口切りにし、ねぎは粗いみじん切りにする。

2. ボウルに卵を溶きほぐし、塩小さじ1/4、しょうゆ小さじ1、にら、ねぎを加えて混ぜ合わせる。

3. フライパンに油大さじ2を熱し、2を一気に流し入れる。木べらで大きく混ぜて半熟状になったら、そのまましばらく焼く。全体が固まって、下の面に焼き色がつくまで焼いたら上下を返し、同様に焼き色がつくまで焼く。

(1人分232kcal、塩分1.1g)

にらを5cm幅に切り揃えると、カットしたときの断面がきれいに仕上がります。フライパンの中に溶き卵を入れて、固まる前に全体を大きく混ぜ合わせるのがポイント。にらとねぎで厚みのある、ボリューム感が魅力のメニューです。

にら卵炒め

黄色と緑の鮮やかな見た目をしており、食卓に色が足りないときにも役立ちます。口当たりがよい食感をキープしたいので、卵はいったん別の容器に救出。あとからにらをしんなりするまで炒め、ほぐす程度に卵と合わせれば完成です。

家にある調味料でパパっと調理!「にら卵炒め」
料理:吉田勝彦 撮影:木村拓

にらキムチの卵炒め

にらとキムチを組み合わせた韓国風の炒めものです。キムチの程よい塩けとスパイシーなテイストのため、ご飯の上にのせて食べても◎。菜箸で半熟状になるまで混ぜれば、具材に卵がコーティングされてマイルドな味をプラスできます。

「にらキムチの卵炒め」
料理:村田裕子 撮影:福岡拓

もやにら卵炒め

味にクセがないもやしは、こうばしい香りのにらと好相性。塩こしょうだけのシンプルな味つけなので、あっさりしたメインおかずとしていただけます。シャキシャキする食感が楽しめるように、もやしとにらを強火で30秒手早く炒めましょう。

「もやにら卵炒め」
料理:劉晶宝 撮影:澤木央子

にらと揚げ玉の卵とじ

何種類も調味料を入れる手間がなく、味つけはめんつゆだけでOK。水とめんつゆを沸騰させたところに卵を加え、火を止めてから余熱で固さを調節します。揚げ玉にめんつゆが染みこんで、だしのうまみを堪能できる1品。

「にらと揚げ玉の卵とじ」
料理:きじまりゅうた 撮影:原務

にらは風邪予防だけでなく疲労回復にも優れた食材。健康な体を作るためにも積極的に取り入れてみてはいかが?(レタスクラブニュース)

元記事を読む
提供元: レタスクラブニュースの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。