夫が好きすぎて……そんな妻の共通点とは。円満夫婦になるポイントとは?

結婚した途端、夫や妻が激変した……。そんな話を耳にしますよね。たしかにお付き合いしている時のドキドキ感や、恋愛っぽさは結婚した後、消えてしまうことがほとんどです。

「夫がムカつく!」なんて愚痴が絶えない奥さまもいるでしょう。

しかしなかには、結婚後もラブラブ度を維持している「夫が好きすぎる妻」も存在するんです。結婚後も夫婦円満だなんて羨ましい限りですよね……。

では、夫が好きすぎる妻はどうやって夫への好意を維持しているのでしょうか? 体験談と合わせて、夫が好きすぎる妻の共通点を紹介します。

夫が好きすぎる妻の共通点とは?

◆夫が好きすぎる妻の共通点◆

1:とにかく夫が優しい
2:お互いが感謝の気持ちを伝えている
3:お互いがお互いを思いやっている
4:男はこうあるべきという概念がない(夫も同じく)
5:夫も育児・家事に参加している
6:不満がある時は、とことん話し合う
7:愚痴は本人に直接言う

「結婚した後も、夫のことが好きすぎる!」と答えた妻に共通する点は上記7つ。

もうお気づきでしょうか? 結婚後も夫のことを好きでいる為には、夫の努力も欠かせないんです。

夫を好きすぎる妻になる方法は……?

夫がムカつく、嫌いになった……。実は筆者も、この気持ちをすご〜〜〜く理解できます。

筆者の夫は古い考え方をしているので、家事をしたことはありません。しかも共働きで生活費も折半です。家事育児を全て筆者に押し付けている夫に、怒りを感じた瞬間は一度だけではありません。

この悩みを夫を好きすぎる妻こと、筆者の友人に尋ねてみたところ「実はうちの夫もそんな感じだったよ」と言うのです。

しかし、今では家事も育児も協力的になったんだとか。そんな友人の夫が家事・育児に協力的になった理由は以下の通りです。

1:何をしてほしいか、的確に言う
2:完璧を求めない
3:簡単な家事からお願いする
4:やってもらったら、とびきり感謝する

このサイクルを根気よく続けたことで、友人の夫は激変したんだとか。

女性からすると「私だって、言われなくてもやっている!」「毎日家事をしているのに、感謝されることはない……!」とムカついてしまいますが……その怒りをグッと抑えて訓練することで、家事・育児を分担できるのかもしれませんね。

因みに、洗濯物の仕方が少し変でも口は出さない。まずは簡単な家事からお願いしてみるといいようです。

その積み重ねが家事育児を分担して、夫を好きになるコツかもしれません。

女性の想像以上に、男性は不満を察知していない!?

好きで結婚した相手ですから、いくらムカついても、せっかくなら仲良し夫婦でいたいですよね……。

しかし、「私の負担ばかり!!」「ダラダラしているだけ!!」夫への不満を口にしても、なかなか夫の生活習慣は改善されません。

しかし、夫大好きな友人いわく、不満を伝える時にもポイントがあるんだとか。

「実はなんでしてくれないの!? とか、掃除機してよ! とか。一言じゃ男の人ってこっちの要望を理解していないケースがあります。私たちからすると『掃除機をかけて』と言われたら床のおもちゃを拾ってから、掃除機をかけて、その後掃除機をしまう。ここまでが一通りの作業じゃないですか? しかし、彼らは家事をしていないから、そこをイメージできていません(笑)こんなに丁寧に言わなきゃ分からないのか……とガッカリしてしまうのですが、結構、丁寧に分かりやすく、1から10まで、どうしてほしいか伝えた方がいいかも」

まとめ

夫にムカつくより、夫が好きすぎる妻になりたい! 本音はそうであっても日々溜まっていく不満が邪魔をしてしまいますよね……。

離婚するほどでもないけれど、夫を好きになれない。そんな時は、夫が好きすぎる妻さんたちの好きでいるコツ、好きになるコツを参考にしてみてください。

家事ストレスが解消されたり、治してほしい部分が治れば、あなたも夫のことを好きになれるかも!?

Written by 焼肉ハナコ

元記事を読む
提供元: KOIGAKUの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。