1. トップ
  2. ダイエット
  3. 聖南さんが実践!「むくみ知らずの体」が手に入るヨガポーズ【島袋聖南の美ボディヨガ♯6】

聖南さんが実践!「むくみ知らずの体」が手に入るヨガポーズ【島袋聖南の美ボディヨガ♯6】

  • 2019.5.13
  • 2912 views
undefined
Cover image by Shoko Matsuhashi

体が重いと感じその日のうちにケアしよう!

食べ過ぎ、飲み過ぎ、睡眠不足でも起こるむくみは女性の大敵。私のむくみ対策は、お風呂で行うマッサージです。足裏をまんべんなくプッシュし、足の指を一本ずつ引っ張るようにもみほぐした後、ふくらはぎと太腿は骨に沿って脂肪や老廃物をつぶすようにマッサージ。撮影の前日は、就寝中も着圧ソックスを履いてむくみ対策に余念がありません。

今回紹介するのは、滞っている全身の巡りを良くするポーズ&ワーク。体が重いと感じその日のうちにケアすることを心掛けて。(聖南さん)

肩まわし

目的と効果:スマホ操作などで前傾姿勢になり、凝り固まった肩まわりの筋肉をほぐし血流を促進。

やり方

1安楽座でリラックスして座り、両手を左右の鎖骨に添える。

肩回し
Photo by Shoko Matsuhashi

2.鎖骨を拠点にして肘で大きく円を描くように肩をまわす。

肩回し
Photo by Shoko Matsuhashi

3両肘が後方に来たら、肩甲骨を下げる意識を持ち背中で肘を寄せ合う。

肩回し
Photo by Shoko Matsuhashi

片脚を上げた下向きの犬のポーズ

目的と効果:頭を下にして全身の巡りを活性化。脇と股関節のストレッチでリンパの流れも良くなる。

やり方

1.お尻を天井に突き上げ、手首~尾骨を一直線にする。背骨を伸ばすには頭頂とお尻で引き合い、お腹を背中側に引き込む意識を持ち肩の力は抜く。

片脚を上げた下向きの犬のポーズ
Photo by Shoko Matsuhashi

2.右脚を天井に向けて持ち上げ、膝を曲げてかかとをお尻に近づける。脚の重みで股関節を外側に開き、目線は足首へ。反対側も同様に行う。

片脚を上げた下向きの犬のポーズ
Photo by Shoko Matsuhashi

効果UPのポイント:脚を上げるには強い土台を作るのが大事。手だけでなく後ろ脚を強く踏み込んで。

教えてくれたのは…島袋聖南さん
人気番組『テラスハウス』に出演後、モデルとして雑誌やショーなどで活躍。スタイルブック『I am SEINA』(宝島社)も好評発売中。ヨガインストラクターの資格を持ち、講師としての活躍を目指して勉強中。

高松いく
Photo by Shoko Matsuhashi

監修協力…高松いくさん(写真左)
5歳からの女優業、ヨガ育成講師を経て、現在フリーインストラクターとして活動中。材木座テラス「gypsea」横浜みなとみらい「資生堂」で朝ヨガ。「Jexer」亀戸、千葉新浦安「BestStyle」ではプールSupYoga。ゴールドジム前橋群馬(ソネットフィットネス)でTRX yoga、5月〜9月三浦半島三崎口横堀海岸にて海SupYoga含む「sup cruise trip tour!!」開催予定。

聖南さん着用ウェア:青のブラトップ¥6,800、青のボトムス¥11,500、紫のブラトップ¥6,800、紫のボトムス¥11,000/AMUNIE(アムニ―ジャパン)

photos by Shoko Matsuhashi
text by Ai kitabayashi

元記事で読む