1. トップ
  2. レシピ
  3. 余ったしいたけを有効活用♪ 食物繊維やビタミンがたっぷり入ったみそ汁5選

余ったしいたけを有効活用♪ 食物繊維やビタミンがたっぷり入ったみそ汁5選

  • 2019.5.13
  • 3943 views
「キャベツとしいたけのみそ汁」
料理:牧野直子 撮影:澤木央子

しいたけの味をギュッと感じる!「絹さやとしいたけのみそ汁」

パック売りされているしいたけは、使いきれずに冷蔵庫の中で何個か余ってしまうことも。今回は、余りがちなしいたけを使ったみそ汁をご紹介します。

キャベツとしいたけのみそ汁

【材料・2人分】

キャベツ 1枚、しいたけ 1枚、だし汁 1と1/2カップ、みそ

【作り方】

1. キャベツは半分に切って7~8mm幅に切る。しいたけは軸と切り分けて薄切りにし、軸は裂く。

2. 鍋にだし汁を入れて中火にかけ、フツフツしてきたら1を加える。煮立ったらみそ大さじ1を溶き入れる。

(1人分27Kcal、塩分1.3g)

キャベツとしいたけは火が通りやすいので、時間がないときにもササッと調理可能。風味が飛ばないように、フツフツと沸いてからみそを加えます。しいたけはかさに比べて軸の部分がかたく、歯ざわりも悪いため包丁で切ってから調理しましょう。

絹さやとしいたけのみそ汁

絹さやの両側についた筋を取って食べやすい大きさにカット。シャキシャキした歯ざわりをキープしながら、中火で加熱してください。しいたけのうまみがみそと合わさり、滋味深い味を楽しめるみそ汁です。

しいたけの味をギュッと感じる!「絹さやとしいたけのみそ汁」
料理:しらいのりこ 撮影:澤木央子

わかめとしいたけの炒めみそ汁

煮干しは水からやわらかくなるまで煮ることで、具材としておいしくいただけます。わかめと煮干しはごま油でさっと炒めて、こうばしい香りをプラス。塩分を強くしないために、わかめを水抜きするのが作るときのコツです。

「わかめとしいたけの炒めみそ汁」
料理:コウケンテツ 撮影:キッチンミノル

しいたけのみそ汁

豚バラ肉を加えたボリューミーなみそ汁。しいたけの黒ずみが気になるときは、ふきんで軽くたたいて落とします。豚肉や野菜から出る“アク”は、濁りの原因にもなるためしっかり取り除いてください。粗びきの黒コショウを最後に入れても◎

「しいたけのみそ汁」
料理:Mako(多賀正子) 撮影:鈴木泰介

かぶの葉としいたけのみそ汁

かぶの葉は捨ててしまいがちですが食物繊維の多い食材。カロリーも高くないのでダイエット中の方にも役立ちます。味が薄くならないよう、かぶの葉を入れるときは水けを十分に絞っておくのがポイント。余りがちな食材を有効活用した1品です。

「かぶの葉としいたけのみそ汁」
料理:牧野直子 撮影:今清水隆宏

ビタミンが豊富でコレステロールを抑える効果もあるしいたけは、家族の健康を気遣うレシピとしても最適。毎日の食卓に、簡単みそ汁を是非活用してみては?(レタスクラブニュース)

オリジナルサイトで読む