「きっと来る~♪」が恐怖をあおる! 池田エライザ主演「貞子」TVスポット解禁

映画「貞子」のTVスポット2種が解禁
(C)2019「貞子」製作委員会

池田エライザ主演による映画「貞子」が、5月24日(金)に公開。全国ロードショーに向けて、TVスポット2種が解禁となった。

【写真を見る】「まさか私だったなんて…」池田エライザが銀髪の“絶対的支配者”に

今回解禁されたTVスポットは、“きっとくる編”と“本当に怖い貞子編”の2種。“きっとくる編”では、ミステリアスなバンド・女王蜂が「feels like “HEAVEN”」を現代風にアレンジ。貞子の姿を脳裏に呼び覚ます、「きっと来る~♪」のフレーズが恐怖をあおる。

一方の“本当に怖い貞子編”は、貞子が井戸から這い出て、バキバキとこの世のものではない奇態な音を立てながら、目と鼻の先まで接近。

その恐怖に巻き込まれた人間たちの絶叫の渦が、史上最も容赦なく恐ろしい貞子の脅威を予感させるものとなっている。

「リング」と「貞子」…佐藤仁美が現在と過去をつなぐ

中田秀夫監督による映画「リング」(1998年)から始まった、シリーズ最新作となる「貞子」。

長い黒髪と白いワンピース姿で、井戸やテレビから這い出る“貞子”の姿は「日本で最も有名な怨霊」として知れ渡る存在に。それから20年「リング」シリーズは時代の変化と共に恐怖の形状を変えながら、常に日本のホラー映画界をリードしてきた。

今回の「貞子」は、中田監督率いるオリジナルチームの手で新たに映画化。池田がヒロインを務め、「リング」「リング2」(1999年)に出演した佐藤仁美が、当時と同じ倉橋雅美役で登場し、現在と過去をつないでいく。

映画「貞子」ストーリー

病院で心理カウンセラーとして働く茉優(池田エライザ)は、警察によって保護された1人の少女を担当する。

一切の記憶をなくし、自分の名前すら言えない少女と向き合う茉優だったが、次第に彼女のまわりで奇妙な出来事が起こり始める。

一方、WEBマーケティング会社に勤める祐介(塚本高史)の勧めで動画クリエーターとなった、茉優の弟・和真(清水尋也)は再生回数の獲得に焦るあまり、心霊動画を撮ろうと、死者5人を出したある団地の火事跡に忍び込むが…。(ザテレビジョン)

元記事を読む
提供元: ザテレビジョンの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理