1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 断乳中の寝かしつけ、夜泣きにゲッソリ。夫の協力で無事成功したけれど…【泣いて! 笑って! グラハムコソダテ Vol.26】

断乳中の寝かしつけ、夜泣きにゲッソリ。夫の協力で無事成功したけれど…【泣いて! 笑って! グラハムコソダテ Vol.26】

  • 2019.5.8
  • 25478 views

こんにちは。5歳3歳兄妹の母、グラハム子です。

うちは息子が1歳2ヶ月、娘は1歳4ヶ月で断乳しました。断乳を決めた理由はいろいろありますが、

■子どもの虫歯や小食が心配で…断乳作戦を開始!



インターネットで「断乳 方法 1歳過ぎ」などと検索すると、いろいろと方法が出てきたので、まず私がやったのは、「ばんそうこう作戦」。息子のときも娘のときもやりました。

近所のドラッグストアで売っているばんそうこうの中で1番大きなものを購入し、娘の大好きなキャラクターを描く。そしておっぱいに貼っておく。



娘の場合、おっぱいが欲しいときは自分で私の服をめくってきました。するとそこには、いつもあるはずのおっぱいではなく、大好きなキャラクターが…。



最初は怒りながら泣いていた娘でしたが、そのうち笑うようになりました。何度服をめくっても大好きなあのヒーローが「いないいないばぁ」するのが楽しいようでした。

こうして、日中はわりとスムーズに断乳することができました。手こずったのは夜の部です。夜は、彼を見せてもちっとも泣きやみません(むしろもっと泣く)。





■断乳中の夜泣きにゲッソリ

でも抱っこしたりあやしたり、いろいろやっているうちに本人も泣き疲れて寝ます。が、しかし、またすぐ起きます。最初の3日はこれの繰り返しでした。



ところが、4日目から変化が...! 起きて泣いても、お茶を飲むと落ち着くようになりました。どうやら「泣いてもおっぱいはもらえない」と気がついたようでした。

そして1週間後には夜起きても泣かなくなり(隣に私がいると、安心してそのまま寝てくれる)、2週間後には起きる回数自体、ひと晩で1、2回になりました。

ここまでくれば、もう断乳成功を確信しました。確信した日、1人で夜中に祝杯をあげました。



また、断乳中は、息子は夫の部屋で寝ていました。夫の仕事が翌日休みのときは、娘も夫の部屋で寝て、夜泣きの対応をしてもらいました。これが本当に救われました。

わが家は夫の協力があったおかげで、断乳が夫婦の中で「共通のがんばった思い出」になりました。「あのときは大変だったよね」と、たまに話題にのぼります。



と思ってしまう自分もいるのですが(笑)、それはまぁ置いといて。

これから断乳を考えている方へ。
断乳は寝不足との戦いでもあります。旦那さんやまわりの方に頼れるときは、遠慮せず頼ってください。
旦那さんも、できる限り奥さんをサポートしてあげてくださいね。

※本記事はあくまで筆者の体験談であり、症状を説明したり医学的・科学的な根拠を保証したりするものではありません。

(グラハム子)

元記事を読む