1. トップ
  2. ダイエット
  3. くびれも作る緊急お腹やせ!モデル、タレントがハマるゴッドハンド術とは?

くびれも作る緊急お腹やせ!モデル、タレントがハマるゴッドハンド術とは?

  • 2019.5.6
  • 3482 views

冷えたお腹を筋肉から温めて脂肪を根こそぎとり除く

温暖差が激しく、食欲がないからといって、ヘルシーな食事が続いていませんか? そんな生活を続けていると、お腹が冷えてぜい肉がつきやすく、くびれのないずんどう体型になってしまいますよ!

そんな冷えて脂肪がついたお腹を即サイズダウンできるのが、体勝負のモデルやタレントがこぞってかけこむエステサロン、ソリデンテ南青山院長・小野晴康さんが考案した筋肉デトックスマッサージ法、ミオドレナージ。

筋肉の始点、終点が集まるポイントをギュッ押し、筋肉の走行に沿って強めに押し流し、最後に脂肪を押しつぶす、この3ステップで筋肉の動きがよくなって代謝が上がり、みるみるお腹についた脂肪が落ちるそう。

お風呂のあとなど体が温まったときに、ボディクリームをつけて行って。夏が始まるまでにはメリハリボディが復活! お腹も温まるので、便秘解消や生理痛にも役立ちます。

ウエストやせプログラム

くびれがないのは、体の前面の筋肉が縮んでいるのが原因。お腹前面の筋肉を伸ばして、自然なくびれをつくりましょう。

両手の親指でそけい部を押す

両手の親指を右脚のそけい部の中央に重ね、親指に体重をのせるようにして3回押します。反対側も同様に。

ろっ骨のきわを押して横隔膜を刺激

ろっ骨のきわに沿って両手の親指をあてます。上体を少し前に倒して、息を吐きながら4本の指でろっ骨のきわを押しましょう。指をずらして3か所×各3回行って。

両手のこぶしでお腹前面をさする

軽くにぎった両手を、ろっ骨の下にあてます。そこからそけい部に向かって強めの力で5回お腹前面をさすり下ろしましょう。2セットくり返します。

わき腹の肉をつまんで離す

両わき腹の肉を両手でギュッと強めにつまみ、ゆっくり離します。手の位置を少しずつずらしながら、10回つまみましょう。脂肪をつぶすイメージで強めにつまむのがポイント。

下腹やせプログラム

下腹を直接触るより、硬くなった太ももの裏とお尻の筋肉をほぐすほうが、下腹のたるみをとる近道。脚のむくみとりにも効果的!

親指に体重をかけてお尻のくぼみを押す

左手の親指を、お尻の中央にあるくぼみにあてます。体を後ろに反らせるようにして親指に体重をのせ、お尻中央を3回押しましょう。反対側も同様に。

太ももの裏側をさすり下ろす

左手を軽くにぎり、お尻と脚のつけ根の境い目にあてます。そこからひざ裏に向かって、太ももの裏側を強めに5回さすり下ろしましょう。反対側も同様に。2セット行います。

お腹の肉をつまんで離す

わき腹の肉を両手で強めにつまみ、ゆっくりと離します。手の位置を少しずつずらしながら、お腹全体、特に気になる部分を中心にまんべんなく強めにつまみましょう。

文/山本美和 撮影/布川航太
写真/『ダイエットマッサージ大全』(光文社)

元記事を読む