1. トップ
  2. ファッション
  3. クローゼットを整理整頓♡衣替えに役立つ《衣類・寝具の収納アイデア》

クローゼットを整理整頓♡衣替えに役立つ《衣類・寝具の収納アイデア》

  • 2019.5.5
  • 57873 views

だんだんと暖かい日が増え、衣替えの季節がやってきましたね。

クローゼットを使いやすい空間にするため、この機会を利用して収納を見直してみるのもオススメです。

そこで今回は、衣類・寝具やファッショングッズの収納アイデアを紹介をしていきます。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

衣類・寝具・ファッショングッズの収納アイデア

衣類の収納

ハンガー収納と引き出し収納を上手に使い分けて、クローゼットの空間を余すことなく活用されています。ハンガーも同じ種類のもので揃えているので、スッキリとして見えますね。

見分けが付きにくいインナー類は、クリップでラベリングして分かりやすいよう収納。

ちなみに、引き出し・不織布ケースともに無印良品のアイテムを使用されているそうです。

畳んで収納する際は色別に分けてあげることで、衣類ごとの定位置が決まりぐちゃぐちゃになってしまうのを防ぐことができます。

引き出しを開けた時の見た目もスッキリとしているので、気分も良いですよね。

畳んで収納できないスーツのパンツは、ハンガーでスマートに整理。

こちらの方は、マワシリーズのシングルズボンハンガーというアイテムを使用されています。

普通のハンガーでも、パンツの吊り下げ収納は可能です。

パンツは畳むとかさばりやすいので、引き出し収納よりも省スペースで収納することができますよ。

オフシーズンのアウターや使用頻度の低い喪服やスーツは、カバーに入れてあげることで衣類の劣化を防ぐことができます。

ちなみに、こちらの衣類カバーはダイソーのアイテムを使用しているそうです。

子ども服収納

どんどん増えてしまう子ども服は、なるべく小さく畳んでスマートに収納。

立てて収納してあげることで、見やすく取り出しやすい収納スペースに仕上がります。

こちらは、カインズホームのスキットを活用した収納アイデア。

サイズのラインナップが豊富なので、引き出しの中を細かく仕切るのに便利なアイテムです。

プレートで連結することもできるので、引き出しを開けた時にケースが動いてしまう心配もありません。

ニトリのマルチ収納ケースを使って、パンツを畳んで収納。

こちらのアイテムは仕切り板が付属されているので、衣類を立てて収納するのに便利です。

メタルラックを使って、子ども服用のクローゼットにアレンジ。

棚の高さは自由にカスタマイズできるので、自宅のスペースにピッタリな収納エリアを作ることができます。

ケースに入れて収納

かさばりやすい冬物衣類や寝具は、ケースに入れて収納してあげるのがオススメ。

こちらのケースはKEYUCAのアイテムで、シンプルなデザインでクローゼットの中をスッキリと見せてくれます。

IKEAのスクッブシリーズも、冬物衣類や寝具の収納にピッタリ。

小さく折りたためるので、使わない時もスマートに収納することができます。

中が分からなくならないよう、ラベリングしてあげるのがオススメです。

子ども用の冬物衣類やサイズアウトした衣類は、圧縮袋に入れてケースに収納。

省スペースで収納することができる、便利なアイデアですよね。

クリップを使えば、ラベリングも簡単です。

セリアのプレンティボックスは、オシャレなデザインながらも収納力もバッチリな便利アイテム。

プチプラなので、たくさん揃えてもお財布に優しいのが嬉しいですよね。

モノトーンデザインがオシャレなIKEAのKNALLA。

ファスナー付きで使い勝手が良く、冬物衣類や寝具の収納にピッタリなアイテムです。

持ち手もついているので、運びやすさもバッチリ。

靴・ファッション小物

オフシーズンの靴は、靴箱にしまって収納。

箱を統一して収納すれば、見た目もスッキリと仕上がりますよ。

中が分からなくならないように、ラベリングもしっかりとしてあげてくださいね。

キャンドゥのペーパーボックスは、小さめサイズで子ども靴の収納にピッタリ。

サイズは大中小と3種類ラインナップされており、大サイズにはブーツ、中サイズにはスニーカーを収納されています。

高級感のある大理石調デザインがオシャレですよね。

無印良品のひっかけるワイヤークリップを使い、帽子を吊り下げて収納。

重ねて収納するよりもスペースは取りますが、取り出しやすいので使い勝手はバツグンです。

型崩れを防ぎたいバッグは、スタンドや紙袋を使った立てる収納がオススメです。

通気性が良くなるので、湿気やカビを防いでくれる効果も。

中に丸めた新聞紙を入れてあげれば、さらに劣化を防ぐことができますよ。

型崩れが気になるバッグはS字フックを使って吊り下げ収納、自立するものは立てて並べ、収納方法を上手に使い分けていますね。

アイテムによって収納方法を見極めるのも、上手に収納する上で大切なポイントです。

使いやすいクローゼットに★

衣類・寝具の収納アイデアを紹介しました。

衣替えのタイミングは、収納を見直すチャンスでもあります。

お気に入りのアイデアがありましたら、ぜひ真似してみてくださいね!

元記事を読む