照れずに言うのがポイント!「愛されている彼女」が日頃使っている言葉5つ

デートの前後はもちろんですが、会えない時も言葉の効果って大きなものです。当たり前のメッセージに少し差を付けるだけで、二人の仲もますます近づきます。そして日頃からそういう習慣がついている女性というのは、彼から愛されているもの。
ということで今回は、愛されている彼女が日頃から使っている言葉について、ご紹介したいと思います。

愛されている彼女が使っている言葉

1: 「おかえり」を使って親近感

仕事を終えて帰る彼に「お疲れさま!」とメッセージをすることは多いのではないでしょうか。もちろん、ほっとうれしい瞬間です。もし、彼が一人暮らしの部屋に帰る途中なら「おかえり」という言葉も使ってみましょう!
まるで一緒に住んでいるような感覚に、彼の幸せ感もいっぱい。まるで彼女が近くにいてくれるようであったかい気持ちになるでしょう。離れていても親近感がアップするメッセージです。

2: ちょっと大げさに「うれしかった」

彼とのデートやメッセージ。すごくうれしいと思っても、その喜びがつい控えめになっていませんか? いくら彼女であっても、男性は相手の気持ちを読むのが苦手。楽しかったのかな、うれしかったのかなと、ハッキリ実感できないこともあるでしょう。
そんな彼のために少し大げさに喜んであげましょう。「メッセージ何度読んでもうれしい」「あっという間に時間が過ぎたよ」など協調してOKです。あなたが喜んでくれることで彼もモチベーションアップ!

3: 少し過去のことも「ありがとう」

彼にプレゼントしてもらった、食事をおごってもらってもらった時、その直後にお礼メッセージするのは当然のことかもしれません。とはいえ、うれしかったことは意外にもあっという間に忘れてしまうのが人間。
過去のことを思い出して話題にする女性は少ないでしょう。だからこそ、少し前に彼がしてくれたことを、時間を置いて「あの時はありがとう! 忘れられない」と改めて感謝してみましょう。メッセージに差が付きます。

4: わかりきったことだけど「好き」と言う

付き合いが長くなると、言わなくてもわかっているだろうと、好きという言葉が徐々に減ってきます。そんな時こそ「今日は○○君の良いところを見て、やっぱり好きだと思ったよ」などと、少しアレンジして伝えてあげるのも良さそう。
単純に好きを連呼するより、具体的な出来事や彼の性格を加えましょう。特別感があると、彼の方もドキドキが戻ってきます。

5: 「ゆっくり休んでね」でシンプルに癒やし

男性にとって仕事でのプレッシャーや疲れは想像以上です。そんな疲れを言わなくてもわかってくれる彼女がいたら本当にうれしいですよね。
「ゆっくり休んでね」というメッセージは、シンプルで当たり前のように見えて、彼の努力をわかってあげられる彼女という印象。彼に遠慮して「返信不要です」と伝えるより、ゆっくり休んでと言えば、メッセージのやり取りも心地良く終えることができるでしょう。

元記事を読む
提供元: Googirlの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。