それ、逆効果かも!男が逃げたくなる結婚のプレッシャー

「そろそろプロポーズして欲しい」と思っても、彼にいっこうにそんな気配がないとどんどん焦ってしまうのが女心ですね。

でもそこで接し方を間違えると別れに発展してしまうことも…。

さりげなくかけたつもりの結婚のプレッシャーが、男性にとってはドン引きになってしまったケースについて聞いてみました。

結婚のプレッシャー

家族に会わせる

「彼女の家族が上京してくることになって、『軽く紹介したい』と言われて会ったらいきなりその両親に『結婚はいつなんだ』と迫られたんです。

でも自分に嘘はつけなかったので『まだ結婚は考えられません』と正直に話したところ、彼女の父親に3時間くらい説教されてしまって。

この人が義理の父親になると面倒この上ないなと思って余計に結婚したくない意思が強まってしまいました」(26歳/研究職)

親の立場からすると、娘がいつまでもプロポーズされずにダラダラ付き合っていたら粗末に扱われているのではないか?と思っても仕方ありません。

ただ、実際にそれを口に出されると彼の立場としては逃げ場がありませんよね。

男性にとっては“彼女の家族と会う=結婚を強要されそう”というイメージが強いはず。

親も勝手に暴走する可能性がありますが、そこで「私の意思じゃない!」と言っても信じてもらえないでしょう。

微妙な空気感のときに親に会わせて後押しを頼もうとするのはは控えたほうがいいでしょう。

結婚情報雑誌をさりげなく置く

「友達の結婚式の話題が出るのが増えたなあと思っていたら、家の机に結婚情報誌が置いてあったんです。

『結婚式終わった友達がくれたの』と言っていたけど、絶対自分で買ってるでしょ!と思っちゃいました」(29歳/医療関係)

ウェディングドレスが表紙になっている雑誌が置いてあったら、さすがに鈍い彼でもプレッシャーに気付きますね。

直接言われるより「重い」と感じてしまうでしょう。

筆者の知人が「結婚情報誌の本体のズシッとくる重さに、結婚の重みを感じた」と表現していました。

まだ結婚の意思がない状態で読んでしまうと「結婚ってこんなにお金がかかるのか」「こんなに準備が大変なのか」と心が折れてしまう可能性のほうが高いです。

やたら甥っ子、姪っ子の写真を見せてしまう

「彼女の弟の子供が最近産まれたんですが、ものすごく可愛がっていて。

毎日のようにLINEで写真を貰ってそれを僕にも見せてくるんです。『早く子供欲しい』とは言わないけれど、全身からそのオーラが出ていて。

なんてリアクションしていいのか迷います」(31歳/金融関係)

「可愛いね」と答えたら「私も欲しい」となってしまうのでは?と男性はいろいろ考えるんですね。

気をつけたいのは「プレッシャーをかけても結婚を決めるとは限らない」ということです。

「期待には応えられないから別れよう」となってしまう場合もあるので、賭けであることは女性も理解しておかないといけないですね。

焦らないのが一番

ある程度長く付き合っていると「そろそろプロポーズ?」と女性は意識することが多いでしょう。

ただ、男性はあくまでも「周囲に流されるのではなく自分のペースで決めたい」という思いが強いようです。

無理に結婚に持ち込んで、長い結婚生活の過程で「やっぱり合わなかった!」となってしまうよりはお互いが納得できるタイミングで結婚できるほうが後悔しません。

焦っている空気を出すと彼も本音を言えなくなってしまうので、リラックスした雰囲気のなかで彼の希望も聞けるといいですね。

(上岡史奈/ライター)

(愛カツ編集部)

元記事を読む
提供元: 愛カツの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。