どうやって選ぶ?「結婚相手選び」をする際のNG4つ

幸せな結婚生活を手に入れるためには、結婚する相手をしっかりと見極めることも大切です。

結婚相手を選ぶときには、ちゃんと自分の中に判断基準を持つようにするべきでしょう。

そこで今回は、結婚相手を選ぶときのNG行動を紹介します。

結婚相手選び

「周りの状況」に流される

周りの友人たちが続々と結婚をし出すと、「自分もそろそろ考えなきゃ」という思いにもなるでしょう。

ただ、そういった気持ちばかりが大きくなりすぎると、焦りだけで結婚を決めてしまったりもするかも。

結婚には勢いも必要だったりしますが、焦りから突っ走るのは、後悔するようなことになる可能性も高いです。

特に仲の良い親友たちが結婚したときには、どうしても焦りが生じやすくもなるので、そこで変に流されたりしないようにすることは大事です。

「条件だけ」にこだわりすぎる

結婚相手を選ぶ際に、自分の中である程度の条件を持っておくのは当然のことでしょう。

経済力ややさしさ、ルックス、家庭環境など、自分がどういった男性を求めているのかを、なんとなくでも考えていた方が、相手を見つけやすくもなるのかも。

とはいえ、「条件だけ」にこだわりすぎると、相手の本質を見抜けなくなるし、男性も条件面だけで近づいてくる女性のことは警戒するはず。

条件はひとつのポイントとしてチェックしつつも、内面や人間性に尊敬できる部分がある人じゃないと、結局は長続きはできないですよ。

すぐに「言葉」を信じ込む

好きな女性を手に入れるためには、男性は勢いで大きいことを言ったりもするもの。

「お前しかいない」とか「必ず幸せにする」なんて言葉は、必死で口説き落とすための決まり文句のひとつとも言えるでしょう。

もちろん本気でそういった思いを持っているのかもしれませんが、大切なのは言葉よりも行動です。

すぐに甘い言葉を信じ込んでしまうのではなく、いつもどういった行動を取っているのか、あなたのために何をしてくれたのかといったことを、まずは一番に見ておくべきです。

「見栄」で選んでいる

彼氏を選ぶ際には、周囲に対しての「見栄」のようなものが働いたりもするかも。

カッコイイ男性、背が高い男性、お金持ちの男性、お坊ちゃまな男性など、自慢できる男性を彼氏にしたいという思いも多少はあるでしょう。

でも、結婚相手を見栄で選んでしまうと、最初は優越感にも浸れるでしょうが、次第に「なんでこの人と結婚したんだろう」なんて思いが湧き起こってくる可能性大。

結婚生活は毎日を共にするものなので、見栄えがいいということよりも、ずっと一緒にいられるような相手を選ぶことの方が重要です。

おわりに

お金や環境条件などもとても大事なことですが、それだけで結婚を決めてしまうのは危険でもあるかも。

ひとりの人間として尊重できるかどうかも、しっかりと判断するべきすよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)

元記事を読む
提供元: 愛カツの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。