新元号「令和」は字画的にどんな運気の時代?姓名学の始祖が徹底解説

ついにこの日がやって来ました。2019年5月1日。つまり新元号「令和」初日!記念すべき朝を、みなさんはどのように迎えたでしょうか?

目に映る景色は変わっていなくても、あらゆるものがリセットされたような新鮮な気持ち。これから先、きっといいことばかり!と願わずにはいられないですよね?

いったいどんな時代になるのか…姓名学の始祖である「五聖閣」にお話を伺いました。

■新元号「令和」の運勢は?

まずは、ずばり「どういう時代に?」と質問したのですが、その前に。元号はどうやって鑑定するかと言うと、漢字の総画数を算出して、その数意と呼び名の五行から判断するのだそうです。で、気になる運勢は?

------------------------------

「令和」は令の5画と和の8画で13画の吉数。13は才智にあふれ、活動的で華やかさがある数です。「令和」は新しい日本の文化が花開き、社会が活性化して政治経済が活発になっていく時代になるでしょう。また未来への明るさを取り戻せるかもしれません。

ただし、忍耐強く継続的に行わなければならないことに対して、ややもするとそれに耐えきれず、国民感情に押し流されて誤った方向に進んでしまう可能性もあるので注意が必要です。

レイワの呼び名からも同様の誘導が出ています。「令和」の時代のキーワードは「明智(めいち)」。明智とは先を見通す優れた智恵のことです。これからの日本は少子高齢化に進み様々な問題が表面化してきます。こうした中、目先の利益に捉われずに100年先の日本を真剣に考えなければならない時代となっています。

「令和」はこれらの問題に真剣に向き合う時代であり、また、そのためにつけられた元号なのかもしれません。恐らく「令和」の明智を活かせるかどうかによって今後の日本が再び発展していくか、歴史の中で消えていく国になるかが決まるでしょう。

------------------------------

全体的に前向きな印象ですが、そろそろちゃんと考えなきゃダメですよ!って感じでしょうか。なんとか明智を活かして、勢いを取り戻したいところですね。

■ポジティブな点、ネガティブな点は?

そんな「令和」の時代において、特にポジティブな点、そしてネガティブな点を教えていただきました。

◎ポジティブな点

今までの閉塞感が和らぎ明るさが戻ってきます。経済的にも景気が上向きになる気配が見えてきます。文化的な面での成果も多くなり、社会的にも盛り上がりを見せるでしょう。

◎ネガティブな点

感情的にもテンションが上がり、短絡的な行動に出る場合もあるので、常に一旦立ち止まって、しっかりとした考えを持って行動することが大切です。

「急がば回れ」ということですね。石橋をたたいて渡ることも大切みたい。でも、力任せにたたき割ってしまわないよう気をつけなければ!

■もし他の元号になっていたら

ところで、元号の候補は全部で6案ありました。もし「令和」以外の元号になっていたら、どんな時代になったのか…気になりませんか?

◎英弘(エイコウ)

「英弘」は英の11画と弘の5画で16画の吉数です。16は日本が世界の中で発言力を増して発展していく数意があります。しかしその発展へ向かう歩みはゆっくりとしたもので、なかなかこれを実感できないかもしれません。エイコウの呼び名からも同様の傾向が表れています。

◎広至(コウシ)

「広至」は広(廣)の15画と至の6画で21画の吉数です。21は日本のいいところをアピールしながら着実に進んでいきます。そして周りの国々をもリードしていく役割を担いながら、発展していく数意があります。コウシの呼び名からも着実に発展していく意味が出てきます。

◎万和(ばんな)

「万和」は万の3画と和の8画で11画の吉数です。11は日本を一歩一歩着実に発展させていく数意があります。またバンナの呼び名からは知略に富み、周囲の状況を的確に判断して発展していく意味が出てきます。

◎久化(キュウカ)

「久化」は久の3画と化の4画で7画の吉数です。7は一度決めた政策をブレることなく力強く推し進めていき、日本を発展させていきますが、ややもすると諸外国との軋轢を生じる可能性も。キュウカの呼び名からは着実に発展していく意味が出てくるので、数意から生じる万難を排して進んでいく突進力を和らげています。

◎万保(バンポウ)

「万保」は万の3画と保の9画で12画の凶数です。12は無理に伸びようとして失敗する数意があり、日本は誤った無理な政策により、ますます衰退していくことになります。バンポウの呼び名からは知略に富む意が出てきますが、数の凶誘導によりこれを活かせずに的確な政策判断ができずに日本を悪い方向へ進めていきます。

「万保」以外は全て吉数なんですね。「令和」も含め、字画的に一番いい元号は何だったのでしょう?

------------------------------

一言でいえば「英弘」は安定性、「広至」と「万和」は着実性、「久化」は剛健な行動性、そして「令和」は明るい活動力です。画数と呼び名から判断すると「万和」がいいのですが、「平成」という時代の閉塞状況の中で、これを一刻も早く払拭していくには「令和」が一番いいのではないかと思います。

------------------------------

今の時代背景を考慮すると「令和」が一番とのこと!「五聖閣」のお墨つき、ありがたいですね。

■本名「和令」!カズレーザーの運勢は?

「令和」フィーバーに沸いた4月1日、脚光を浴びた人物と言えばお笑い芸人のカズレーザーさん。本名「金子和令(かずのり)」の、下の名前が「和令」の逆ということで、ネット上で「さすが!」「持ってる!」と話題を集めました。

そこで、「令和」に向けて運勢は変わるのか?と聞いたところ…

------------------------------

元号と名前とは直接関係がありません。

------------------------------

あら…残念!ただし、

------------------------------

「金子和令」は吉名であり、明るく親しみやすく、人気も実力もいつの間にかついてくる、いいお名前です。「令和」の時代だから特に活躍できるというわけではありませんが、今年はカズレーザーさんにとって、新しいことにチャレンジしてもいい年ですよ。また一歩前進できるように短気を起こさず、努力していきましょう。

------------------------------

時代と関係なくいい名前ってことなので、とりあえずよかったですね。

■「昭和」→「平成」→「令和」

最後に「昭和」「平成」は姓名鑑定から見てどんな時代だったかも尋ねてみました。

------------------------------

「昭和」は17画で一度決めたらまっしぐら。輝くような功績を残すわりには、勢いがありすぎて周りへの配慮が足りず、軋轢を生じることがありました。それに対して「平成」の12画は実力以上に高望して進み、力が分散して却って国力を損なうことに。

しかし平和という装いで国際的に協調を得ることができました。「昭和」と「平成」を一言で表すなら、「急鋭突進の昭和」と「忍耐持続の平成」です。

------------------------------

そして、「平成」と新元号「令和」を比較すると…?

------------------------------

「平成」が忍耐と持続の時代とするならば、「令和」は活気と行動の時代となると言えるでしょう。

------------------------------

バブル景気の恩恵を受けることもなく、耐え忍んできた今の20~30代も、これからは明るく華やかな日々を過ごせるのかも。新元号「令和」が希望に満ちた素晴らしい時代になりますように!

「開運姓名鑑定」監修:五聖閣

創業90年の歴史を持つ姓名判断の宗家「熊﨑式姓名学」。日本の姓名学の始祖である熊﨑健翁が昭和3年に東京・大森に設立。運命学の分野において姓名鑑定という領域を初めて切り拓いた、いわば姓名学の宗家として、命名、改名、社名、芸名など名前を中心に鑑定を行っている。

モバイルサイト『開運姓名鑑定』

元記事を読む
提供元: cocoloni PROLOの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。