1. トップ
  2. おでかけ
  3. 4/8オープン! 成田空港LCC専用ターミナルで行くお得な女子旅ツアー

4/8オープン! 成田空港LCC専用ターミナルで行くお得な女子旅ツアー

  • 2015.3.19
  • 2898 views

4/8オープン! 成田空港LCC専用ターミナルで行くお得な女子旅ツアー

空の旅を身近なものにしてくれるLCC(Low Cost Carrier、格安航空会社)。この春、ついに成田空港にLCC専用のターミナルが誕生! 今回は、新ターミナルの最新情報と、女子にうれしいLCCで行くお得なツアーを紹介します。

●4月8日(水)オープン! LCC専用「第3旅客ターミナル」

近年LCCの就航が増えてきた成田空港に、4月8日(水)、ついにLCC専用の「第3旅客ターミナル」がオープン。「ジェットスター」「Spring Japan」(ともに国内線)、「バニラエア」(国内線及び国際線)の3つの航空会社が入る予定です。

この第3ターミナルには、LCC利用者に向けたうれしい施設がそろっています。

その筆頭は、2階の出発口そばにあるフードコート。国内空港では最大級となる約450席の規模で、空港初出店となる「宮武讃岐うどん」「リンガーハット」、立ち食い寿司「TATSUSUHI」など7店舗が集結します。機内食が別料金となるLCCの旅ですから、食事は搭乗前に手軽に済ませておきたいという人にオススメです。

気になるショッピングエリアは、3階の国際線出発エリアに。24時間営業のローソンがあるので、日用雑貨・薬などの買い忘れや、お菓子や飲み物など、ちょっとしたものはここで調達可能です。成田空港最大の免税店も入るので、航空運賃が浮いたぶん、ショッピングを楽しむのもアリ!

※情報はいずれも2015年2月時点のもの。

第3ターミナルへのアクセスは、電車の場合は最寄駅である「空港第2ビル駅(第2ターミナル)」から、徒歩またはシャトルバスに乗り換えて10~15分ほど。

高速バスの直行便については、まだ正式な時刻表や運賃の発表がされていませんが、乗降場は用意されており、高速バスの乗り入れは可能とのこと(一般車両の乗り入れは不可。ただし、体の不自由な方は除く)。現在、第2ターミナルへの高速バスは東京駅から約75分で1000円程度と便利なので、ぜひ第3ターミナルへの運行もしてほしいところ。今後の発表に期待大です。

●働き女子のリフレッシュにおすすめ! LCC「バニラエア」利用のお得ツアー

新ターミナルには3つの航空会社が入る予定ですが、その中の1つ、海外路線も扱う「バニラエア」から、特に女性にオススメのツアーをピックアップ! 国内なら1万円以下~、海外でも2万円台~と、どれもお手頃価格です。

◇バニラエアで行くパーソナル高雄3日間(シティスイーツカオシュンチェナイ指定)

(主催:ビッグホリデー/価格:2万7800円~/出発日:3/29~7/13)

台湾南部の高雄は、古くから港町として栄え、海鮮グルメが魅力の南国ムードあふれる街。2015年2月1日からLCC初となる東京・羽田‐高雄の直行便が就航しており、台北に行ったことのある人も、また違った魅力を楽しめます。「宿泊は人気のデザイナーズホテル。充実したアメニティと朝食ビュッフェが女性に人気です。午前中出発、帰りは午後の便でベストの時間帯です」(担当者)。

◇バニラエアで行く初めての香港3日間(ホテルMK指定)

(主催:ビッグホリデー/価格:2万3800円~/出発日:3/29~7/13)

海外旅行に不慣れな人、時間がなくてなかなか自分で下調べができない人にオススメなのがこちら。日程の2日目に観光と飲茶の昼食、ショッピングの時間がついているので、安心して参加できます。「ホテルは、繁華街であり交通の便も良い旺角エリア。自由時間の観光にも便利ですよ」(同)。

◇お得にワクワクし得! 春夏バニラエアで行く札幌・小樽・定山渓・ルスツ2日間

(主催:ビッグホリデー/価格:8900円~/出発日:3/29~7/14)

宿泊地は札幌周辺のホテルから選ぶことができ、旅行期間も1泊2日から最長7日間まで延長OK。春から夏のさわやかな北海道を自由に楽しめるツアーです。「基本便以外も選択可能(割増料金あり)なので、都合に合わせて出発できます」(同)。

バニラエアは燃油サーチャージ不要なのもうれしいところ。また「当社ツアーであれば、1人20kgまでの受託手荷物料金も込みの価格です」(同)とのことなので、お土産をたくさん買っても大丈夫ですね。

※座席指定はツアー申し込みとは別に自分で要予約。料金別途。

※オンラインシステムでは24時間、出発7日前まで予約可能。

働く女子は、何かと忙しい3月。仕事が一段落したら、友達や家族とリフレッシュの旅に出かけてみてはいかが?

<取材・文/島田彩子 取材協力/ビッグホリデー