1. トップ
  2. 福士奈央の弟愛に会場どん引き!? 当時のSKE48“最強研究生”たちが最後の「アップカミング公演」を上演

福士奈央の弟愛に会場どん引き!? 当時のSKE48“最強研究生”たちが最後の「アップカミング公演」を上演

  • 2019.4.24
  • 341 views
松村香織と6期生&ドラフト1期生による「アップカミング公演~THE END~」が開催
(C)SKE

【写真を見る】パジャマ姿でパフォーマンスする北野瑠華、竹内彩姫、松本慈子(写真左から)

4月23日、名古屋・栄にあるSKE48劇場で、5月に同グループを卒業する松村香織、6期生&ドラフト1期生(以下D1)の計13人が出演した「アップカミング公演~THE END~」が開催された。

「アップカミング公演」は、2014年に行われたチームのメンバーをシャッフルする「大組閣」によって劇場公演ができなくなった松村ら当時の研究生が、スタッフと共にセットリストを考案して行っていた公演。

松村の卒業を機に“THE END”と銘打って行われたこの日の公演は、松村のソロ曲「マツムラブ」からスタートすると、序盤は「誰かのせいにはしない」や「少女は真夏に何をする」などを披露。

ユニット曲のブロックでは、松村が卒業コンサートでできなかったが、研究生時代に6期生と「会いたかった」公演でよく歌った思い出の曲として、「恋のPLAN」を北川綾巴、青木詩織、鎌田菜月、熊崎晴香、日高優月、福士奈央と共にパフォーマンス。

また、歌いだしのメンバーのコールがおなじみとなっている「涙の湘南」では、「方向音痴でも 思いは真っすぐ かっまたなつっき(鎌田菜月)!」コールもしっかりと決まり、大盛り上がりを見せていた。

綱引きで対決する6期生とドラフト1期生
(C)SKE

また、松村が後輩に指令を下す「アップカミングチャレンジ」のコーナーでは、「6期生とドラフト1期生、どちらがこれからのSKE48を引っ張っていくのにふさわしいのか」をテーマに、“引く”にちなんだ3番勝負で6期生とD1が対決。

最初の“くじ引き対決”は、箱に入った数々の写真の中から松村の“かわいい当たり写真”を引き当てるというものだったが、先頭で箱に手を入れた惣田紗莉渚(D1)が「一発で当ててやる」の宣言通り、当たり写真を引き当てる展開に。「バラエティー的にはダメなやつですよね?」と言いながらもD1が1ポイント先取した。

続く“ドン引きエピソード対決”は、エピソードトークで会場のファンを引かせた方が勝ちという内容。ステージ上のメンバーの恥ずかしい話が次々に暴露されていくと、日高(6期生)は同期の熊崎が弟に「はーちゃん、どの写真がいい?」とSNSにアップする写真を選んでもらっていることを明かす。

だが、D1・福士が弟の交際相手に口を出したという弟愛が強過ぎるエピソードを告白。メンバーとファンからはどよめきが起こり、この勝負もD1がポイントを連取した。

しかし、最後の“綱引き対決”は、6期生が後輩のD1に頼み込む形で3ポイント勝負とすると、そのまま圧勝。逆転で3番勝負の勝利を収めた。

「ひこうき雲」披露の様子
(C)SKE

「アップカミングチャレンジ」の後は「Only today」「片想いFinally」などを披露すると、MCでは当時の「アップカミング公演」の思い出話をトーク。研究生だった6期生と正規メンバーとしてSKE48に入ってきたD1のピリピリしていた話などを笑いながら振り返った。

本編最後は当時の研究生がもらった楽曲「夕立の前」。アンコールでは、「強がり時計」「パレオはエメラルド」「ひこうき雲」を歌うと、松村からファンに向けてメッセージを。

「もし大組閣がなかったら、きっとこのメンバーで研究生の活動をしていたと思うんです。でも、大組閣があって、複雑な感情が生まれました。ドラフト1期生は悪くないのに強く当たってしまったりしたこともあったと思います」。

「でも、ドラフト1期生がめげずに頑張ってきてくれたからこそ、ドラフト2期生、3期生も愛されて、こうして活動できていて、本当にみんなのおかげだと思っています。そして、あの時はつらく当たってしまってごめんなさい」と、ドラフト1期生に対しての気持ちを口にした。

松村と青木詩織(右)による「わがままな流れ星」
(C)SKE

松村香織、青木詩織、竹内彩姫、鎌田菜月、井田玲音名 コメント

松村香織:大組閣があって研究生が昇格してしまい、(人数が足りなくなって)研究生公演ができなくなったので、スタッフさんたちと一緒に考えてできたのがこの公演なんです。それをそのとき昇格したメンバーも含めた“6D1”でできたっていうのは、私たちにとって、とても意味のあるメンバーでできたと思っています。この6期生とドラフト1期生でこれからのSKE48を引っ張っていってほしいなと思います。

青木詩織:今日は1日とても楽しかったです。ファンの皆さんのおかげでこの公演ができたことと、私たちを育ててきてくれた香織さんがこういう公演したいと言ってくれたからできた公演なので、とても感謝しています。ありがとうございました。

竹内彩姫:私たち6期生が一番大切にしている最初にいただいたオリジナル曲「夕立の前」をドラフト1期生と一緒にみんなで披露できたことが本当にうれしかったです。香織さんが卒業する前に1度きりということで、後悔なく楽しめました。

鎌田菜月:今日の公演ができたのは、応援してくれているファンの皆さんの声が届いたもので、とても感謝しています。私たちが頑張ってSKE48を引っ張っていきますので、これからも応援よろしくお願いします。

井田玲音名:今日の公演を通して、私たち6期生とドラフト1期生がSKE48を引っ張っていかなければいけないんだなっていう使命を改めて感じました。最後の1曲をやりながら終わってほしくないと思うくらい楽しい公演だったので、皆さんの心の中にいつまでも残る大切な公演になっていればいいなと思います。

「アップカミング公演~THE END~」終演時の様子
(C)SKE

「アップカミング公演~THE END~」出演メンバー

松村香織

6期生=青木詩織、井田玲音名、鎌田菜月、北川綾巴、北野瑠華、熊崎晴香、竹内彩姫、日高優月

ドラフト1期生=荒井優希、惣田紗莉渚、福士奈央、松本慈子

「アップカミング公演~THE END~」セットリスト

overture

M1.マツムラブ!

M2. 誰かのせいにはしない

M3. 少女は真夏に何をする?

M4. オキドキ

M5. パジャマドライブ

M6. 恋のPLAN

M7. 黒い天使

M8. わがままな流れ星

M9. 涙の湘南

M10. 花火は終わらない

M11. Only today

M12. 片想いFinally

M13. あっという間の少女

M14. 夕立の前

EN1. 強がり時計

EN2. パレオはエメラルド

EN3. ひこうき雲

EN4. SKE48(ザテレビジョン)

元記事で読む