1. トップ
  2. スキン・ボディケア
  3. ホテルのラグジュアリーなスパで、極上デトックス。

ホテルのラグジュアリーなスパで、極上デトックス。

  • 2019.4.23
  • 1024 views

春は、冬の間に溜め込んだ不要な老廃物を排出するのに最適なシーズン。セラピストの手による本格トリートメントで、非日常のデトックスを叶えよう。

国内初、死海レベルの究極リチュアル体験。バラカ スパ

リラクゼーションを求め、世界中から訪れる人が絶えない死海のタラソテラピー。その極上体験が、ラビスタ 霧島ヒルズのバラカ スパによって再現された。

マグネシウム、カルシウム、ナトリウム、カリウム、リチウムなど天然ミネラルが絶妙なバランスで配合されたヨルダンのデッドシーソルトをふんだんに使用したバスタブに浸かり、身体を芯から温めた後、骨盤整体とリンパドレナージュをアレンジしたボディトリートメント。温熱効果と水圧の作用により血液やリンパの流れがスムーズになったところを、天然の精油の香りとともに解きほぐし、老廃物をオフ。まるで生まれ変わったかのような軽さやすっきり感を味わえるうえ、バスソルトの保温効果で身体もぽかぽかに。終了後もじんわり汗をかくほどの温かさが持続!

1kgのジョルダニアン デッドシーソルトを贅沢に使用した40℃のバスに15分浸かる。5分ほど経つと、汗が一気に出てくる。

ホリスティックな美を追求するバラカの哲学を、心ゆくまで体感。新アイテムのアロママッサージソルトを使った新メニューも、まもなく登場する予定だ。

霧島は、日本神話において天孫降臨の地とされるパワースポット。大地のエネルギーも感じながら、非日常のデトックス&チャージを味わっては?

錦江湾と桜島を望む絶好のロケーションに佇むラビスタ 霧島ヒルズ。晴れた日には“薩摩富士”の愛称を持つ指宿の開聞岳が見える。

ヨルダンデッドシー ウォームバス120分 ¥22,000●予約・問い合わせ先:バカラ スパ(ラビスタ 霧島ヒルズ内)鹿児島県霧島市牧園町高千穂3812-6tel:0995-64-4321(内線7番)www.hotespa.net/resort/hotellist/kirishima

禅の教えにインスパイアされたトリートメント。ザ・リッツ・カールトン スパ 東京

来日セレブリティからの信頼も厚いザ・リッツ・カールトン東京のスパが、2月にリニューアル。ホテル全体のコンセプトである“East meets West(和と西洋の融合)”をテーマに考案されたシグネチャートリートメントのひとつ「ZENRENITY(ゼレニティ)」は、日本ならではの禅の教えに習い、日常生活で疲れた心身をデトックスさせることを目的としたもの。

和のマインドを取り入れたメニューを展開。スパで使用するプロダクトには、英国ブランドESPAを採用している。

トリートメントの流れは、デトックス作用の高いオイルでのインハレーションから始まり、オイルソルトスクラブで角質ケアと肌のベース作りをした後、海藻から抽出されたミネラル豊富なアルゲマスクによるボディラップでさらにデトックス作用を高め、肌の深層部まで栄養やミネラルを豊かに与えながらヘッドマッサージを施す。その後、浄化作用に優れた温かい麦飯石で丁寧にフルボディトリートメント。凝り固まった筋肉を深層部までほぐすことで毒素の排出が促され、心身が浄化されるよう。

トリートメント終了後には、ほうじ茶とお菓子を用意。カフェインが少ないほうじ茶は、トリートメント後のデトックスした身体をいたわり温めてくれる。

都心を一望できるロケーションにありながら、静かなリラクゼーション空間で日常から解放されて過ごす瞑想のようなひととき。トリートメント予約時間の1時間前には到着して、ホットタブやスチームサウナなどが充実したヒートエクスペリエンスも楽しみたい。トリートメント後は、エネルギーがしっかりリチャージされた実感を得られるはず!

ZENRENITY(ゼレニティ)105分 ¥55,000(※税・サービス料、セラピスト指名料別)●予約・問い合わせ:ザ・リッツ・カールトン スパ 東京東京都港区赤坂9-7-1 東京ミッドタウン46Ftel:03-6434-8813(受付時間 7時~22時)www.ritz-carlton.jp/spa_fitness

 

元記事を読む