<試写室>「ミストレス―」ラブサスペンスから感じる女の友情

長谷川京子演じる香織は、不倫関係にあった患者の死について思い悩む
(C)NHK

【写真を見る】美しすぎる!長谷川京子の白衣姿

「女の友情、ハムより薄い」

某ドラマのせりふで、私が学生のころになんとなくはやった言葉だ。

その頃の私は一貫教育の女子校にいたため、恋愛に疎く、とにかく友情に熱かった。

だからこの言葉に共感はできなかったし、むしろ共感できるような環境にいる女子をうらやましくも感じた。友情は熱ければ熱いほど、こじれた時が怖い。お互いが真剣に向き合っているからこそ、傷つくこともある。

当時の私の思いはこうだ。

遊び相手さえいれば周囲からは“寂しい人”というレッテルは貼られないし、ライトな付き合いができる人って大人な感じがする。

さらに女の友情より優先すべき対象=恋人がいるなんて、ますます格好いい…。

恋愛に疎いとしても、どんな女子でも“恋バナ”は大好物ですから!

そしてふと我に返る。

社会という荒波に揉まれ、世の中の酸いも甘いも知ったつもりになっている今の私は、果たしてどのくらいの分厚さで友情を築いているだろうか。

4月19日(金)からNHK総合で放送されるドラマ「ミストレス~女たちの秘密~」(毎週金曜夜10:00-10:50)は、英国BBCの人気海外ドラマ「Mistresses」を原作とし、秘密を抱える4人の女性たちが、それぞれの“愛”を求めて生きる姿を描いていく作品。

4者4様の恋愛模様も見どころであるが、女性同士の友情も筆者の胸にはかなり響いた。

ザテレビジョン流「試写室」では、マスコミ向け試写会にて一足先に本作を見た記者が、独自の視点から本作の魅力を紹介する。

第1話のあらすじ

【写真を見る】美しすぎる!長谷川京子の白衣姿
(C)NHK

医師の香織(長谷川京子)は、不倫関係にあった患者の死について、その息子である貴志(杉野遥亮)から疑いの目を向けられる。

一方で、香織の友人である友美(水野美紀)は7年ぶりの恋の予感に心が沸き立ち、キャリアウーマンの冴子(玄理)は子供を作るべきかで夫・悟史(佐藤隆太)と対立、奔放な恋愛を楽しむ樹里(大政絢)は、ある女性との出会いに心がときめくなど、それぞれが悩みを抱えていた。

美しさが止まらない…

友美(水野美紀)は、7年ぶりの恋の予感に心が沸き立つ
(C)NHK

めちゃくちゃ薄っぺらい感想だが、まずはとにかく役者陣が美しい…。

どこか影のある医師・香織を演じる長谷川京子は、仕草の一つ一つが色っぽくミステリアスで、見ているだけでドキドキしてしまう。息子ほど歳の離れている不倫相手の息子・貴志(杉野遥亮)もそりゃあメロメロになるわ、と納得できる。

水野美紀演じるシングルマザーの友美は、パン店のパートに勤しむ庶民派主婦ではあるが、その中に凛とした美しさがある。こんなママさんがそばに居たら、アプローチしてしまうよね…。

そしてキャリアウーマンの冴子(玄理)とフィットネスジムのトレーナーの樹里(大政絢)は、露出の多い衣装で登場するシーンも。そんな場面を玄理と大政はセクシーでありながらもヘルシーで魅力的に演じており、男性だけでなく女性からも支持されるキャラクターだと感じた。

冴子のサバサバ感は男女問わず会社で頼りにされているいわば理想の上司。一方、元気いっぱいに小悪魔的な笑顔を振りまく樹里は妹っぽさもあり、思わず構ってあげたくなる。

そんな個性豊かな美しい女性たちが繰り広げる恋愛模様は放送をお楽しみに…。

女子会あるあるに納得と共感の嵐

香織(長谷川京子)は友美(水野美紀)に悩みを打ち明ける…
(C)NHK

また、この4人が行う女子会の模様がとにかくキュート!

年齢も職業も違うこの4人は、5年前に同じマラソン大会に参加したことをきっかけに友人となる。

その大会で転んでしまった友美とそれを助けた3人という最高に爽やかな出会いにまず好感が持てる。そんな偶然から5年も関係が続くなんて、みんなすごくいい人なんだろうな…。

そして、女子会の様子をSNSにアップするために写真撮影をする友美、夫のノロケ話をする冴子など次々と出てくる“女子会あるある”。

誰しも新作のフラペチーノを飲む前に写真は撮るだろうし、自分はしないとしてもノロケを聞くことはあるだろう。

さらに極めつけは出会ったころの思い出話。

ドラマを進行する上でこの4人の関係を説明する必要があったのだろう。でも違う、ストーリーの進行なんて関係ない。なぜなら女子は“懐古”が大好き!

この思い出話をする4人がとてもリアルで、絶対に半年に1回はマラソン大会のことをみんなで振り返っているだろうし、友美に関しては家に帰ってからその時に更新したSNSを読み返しているだろうな、というところまで想像してしまった。

そして、年齢や境遇がバラバラだからこそ心が開けるという点にも共感できる。例えば社内恋愛をしている人だったら、気まずくなることを恐れて同僚には相談しないけれど、地元の友人にはオープンにしているみたいな感覚。

1話では香織が友美にある相談をするが、友美は香織に対してはっきりと忠告をする。これは距離があるからこそ客観的な視点で意見を言えるんだろうし、本当に香織を友人として大切に思っているからこそ彼女を否定する。

上辺だけの友人の場合、とりあえず話だけ聞いて同情して、結論は出さずに終わるのがオチだ。4人の友情は、この距離感だからこそ成り立っているのだなと胸が熱くなった。

広報資料などには、恋愛色が色濃く打ち出されていた。

こんな美人が4人も居れば、もちろん色恋沙汰は起きるだろう。ドラマの主軸はあくまで“LOVE&サスペンス”だ。

でもそこには孤独と戦い、そして時に支え合いながら強く生きる女性の姿が描かれている。

大人になってから手に入れた親友と生きる彼女たちを見ていると、友達さえいれば何もいらないとさえ思ってしまう。

困った時に頼りになるのは女の友情。誰とでもなんとなく仲良くできる大人も格好いいけれど、私はハムより薄いかもしれない友情にすがって生きていきたいなと思った。

でもあくまでドラマの主軸はあくまで“LOVE&サスペンス”。

見終わった後、誰もが思うだろう。「ああ、いい恋したいなぁ…」。(ザテレビジョン・婚活ネアカガール)

元記事を読む
提供元: ザテレビジョンの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。