1. トップ
  2. レシピ
  3. えのき愛好家としては外せない!とろ~り卵黄がたまらない「えのきとりつくね」作ってみた

えのき愛好家としては外せない!とろ~り卵黄がたまらない「えのきとりつくね」作ってみた

  • 2019.4.17
  • 3410 views

こんにちは。

吉木さんの過去記事:好き嫌いが激しい娘もおかわり要求!じゃがいもとバターだけで作れる簡単副菜

吉木ゆんです。

本当に突然なんですが、私、きのこがすんごい大好きで、中でも「えのき」が最高に好きなんですよ。

いや、聞いてないよ!

って思うかもしれないんですけど、

鍋には必ず入れるし、自分でえのきのなめ茸とか作っちゃうくらい大好きなんで、今回はえのきを使った料理

【えのきとりつくね】

を作ってみようと思います。

こちらは献立カレンダーBOOKに載っているので是非是非チェックしてみてくださいね。

KADOKAWA

材料は

とりひき肉…200g

長ネギ…1/4本

えのきたけ…1袋

卵…1個

小麦粉…大さじ2

酒、みりん、しょうゆ…各大さじ1

塩少々

ごま油…小さじ1

です。

【作り方】

1.長ネギは縦半分に切って斜め薄切りにし、水に1~2分さらして水けを絞る。

えのきたけは1センチ長さに切ってほぐす。

たまごは卵白と卵黄に分ける。

ボウルにとりひき肉、卵白、えのきたけ、小麦粉、酒、みりん、しょうゆ、塩を入れて練り混ぜる。

KADOKAWA

2.フライパンにごま油を中火で熱し、1のたねを入れて直径17~18センチの円形に整える。

蓋をして弱めの中火で3~4分焼き、上下を返して更に3~4分焼く。

KADOKAWA

3.器に盛り、ねぎ、卵黄をのせる。

KADOKAWA

包丁使いが下手すぎて白髪ねぎが白髪ねぎにならなくてちょっと泣いたし、焼いてる最中、娘と遊んでたら焦げてた笑

白髪ねぎで焦げをカバーしたけど、白髪ねぎにならなかった白髪ねぎはカバーしきれなくて、料理うまくなりたいなぁ...

って遠い目。

KADOKAWA

つくねに卵黄ってジャスティスだよね!!!

あと3.4個は卵黄のせたい気分笑

えのきとりつくねはたねに味がついてるから、卵黄と食べるだけで美味しいーー!

えのきがシャキシャキして歯ごたえもいい。

KADOKAWA

やっぱえのきって最高だーー!!

えのきとりつくね大満足です!

KADOKAWA

何もかけずに食べるのも美味しいけど、

酒、みりん、しょうゆ、砂糖で作った照り焼きのタレと絡めて照り焼きにしたアレンジもとっても美味しかったですし、照り焼きと卵黄の相性も抜群!

試してないけどポン酢で食べてもぜーーーったい美味しいと思いました。

皆さまも是非作ってみてくださいね!

作=吉木ゆん(レタスクラブニュース)

元記事で読む