1. トップ
  2. ファッション
  3. ヤストシ エズミ 2015年秋冬コレクション - 「LESS IS MORE」建築の直線と女性らしさ

ヤストシ エズミ 2015年秋冬コレクション - 「LESS IS MORE」建築の直線と女性らしさ

  • 2015.3.18
  • 801 views

ヤストシ エズミ(Yasutoshi Ezumi)が、2015-16年秋冬コレクションを2015年3月18日(水)、渋谷ヒカリエで発表した。

今季のテーマは「LESS IS MORE」。建築に対する強い関心をもつデザイナーの江角泰俊が注目したのは、ミース・ファン・デル・ローエが提唱したコンセプト。「より少なくすることは、より豊かなこと」という考えに基づき、クリエ―ションにとりかかった。

「直線が得意だと気付いた」と江角が言うように、建築のようにシャープなラインやシルエットが今シーズンも多く登場する。特にパーカコートやトレンチ風のコートなどはAラインが目立ち、すっきりとした印象とともに確かに女性らしさを感じさせる。エレガントなプリーツもアクセントになっており、ロングドレスやひざ上ドレスから覗かせるように取り入れられた。

一方で、柔らかなムードがただようニットも豊富に展開されている。トップスは、編目の流れを活かしたアシンメトリーなものや、身体に巻き付くようなデザインなど、バリエーションに富んでいた。またハイブリッド感もキーとなっており、バックスタイルをスウェットにしたジップアップカーディガン、ガンパッチのようなディテールを配したダブルボタンのニットトップスなどがそろう。

カラーはベーシックカラーと寒色系が中心に。また多くのルックにチェックが用いられ、ハウンドトゥースやグレンチェックがクラシカルなイメージに。ユニークなアイテムとしてはネックウォーマーがあげられる。タートルネックのように首元にボリュームを持たせ、レザーベルトでおさえた身に着け方が新鮮だった。足元は重量感のあるレザーのショートブーツで。

1年前から、特に「女性らしさ」を追求している様子であった江角。今回のコレクションはスタイリストに吉田恵をむかえ、着こなしにおいても女性たちがリアルに楽しめるスタイルを提案していた。ニューヨークの展示会も順調であったり、そごう・西武と別ラインを展開していたりと、着実にステップアップしている様子がうかがえた。