彼を自分に執着させる秘訣!お金・時間・労力を上手に使わせるには?

【元ホステスが語る男ゴコロの裏事情352】

彼氏ができても、毎回あっさりフラれちゃうという女子もいるのでは?そういう子に限って、甲斐甲斐しく彼に尽くす印象が。

尽くした人はその相手に執着します。そう、尽くすと、あなたのほうが彼に執着してしまいがち。なので、できれば彼があなたに執着するように尽くさせましょう。

ってことで今回は、彼を自分に執着させ、追いかけさせる方法をお話しします。

■お金・時間・労力は極力、使わせて

自分に執着させたいのなら、なるべく彼に“お金・時間・労力”を使ってもらったほうがいいですよ。

あなたはデートのとき、自ら割り勘を申し出たり、場合によっては彼の分も自分が率先して払ったりしていません?もっと言うと、誕生日でもないのに大金をはたいて彼が欲しがっていた財布やバッグをプレゼントしていないでしょうか。

それじゃ彼はあなたに執着しませんよ。むしろ雑に扱われやすくなります。

時間もそう。できるだけデートしたり、会えない日も電話をしたり、二人の時間を作ってもらったほうがいいですね。

遠慮して「忙しいなら今度でいいよ?」と自らデートしない方向に話を持っていったり、「電話したいけど、迷惑かな……」と我慢したりするのは、あまりおすすめしません。

もちろん、彼が本当に忙しいときに「なんでデートしてくれないの!?」「電話くらいしてよ!」と押しつける感じで時間を奪うのはダメですが、「会いたいなぁ」とか「寂しいから声が聞きたい」と、かわいくお願いするくらいのほうが、彼がドハマリしていくでしょう。

あとは労力ですね。「労力って具体的に何?」と悩むかもしれませんが、簡単に言えば一苦労させることです。

例えば、ドライブデートの帰り、アクセスしやすい駅まで送ってもらうのではなく、しっかり自宅まで送ってもらうとかも“労力”だったりします。

彼を執着させたいのであれば、エネルギーはほどよく使わせたほうがいいかと。一切、手のかからない彼女はラクですが、執着しにくいんです。

■気遣いとお礼は忘れちゃダメ

“お金・時間・労力”をほどよく使わせたほうがいい、と言いましたが、渋々やらせるのはダメです。できるだけ楽しくエネルギーを注いでもらわないと。

そのためにも、まずは会話の中であなたの好きなモノ、行きたい場所などをさらりと彼に伝えておいたほうがいいでしょう。

「ムー〇ンが好きで、家にグッズが結構あるんだ」とか「もう何年もディ〇ニーに行ってないから、行きたいなぁ」とか。

そう言っておけば、尽くすのが当たり前になってきた頃、街でムー〇ングッズを見かけたときに買ってプレゼントしてくれたり、誕生日にお泊りディ〇ニーを提案したりする男子もいます。

そのときに全力で喜んで、ハグやキスをすれば、彼も「プレゼントしてよかった♪」とうれしくなるはず。

で、後日「この前はありがとう!」と手作りのちょっとしたお菓子でも渡せば、さらに何かして彼女を喜ばせたい!と彼が自発的に、どんどん尽くすようになりますよ。

■できるだけ尽くしてもらって

彼のことが好きだと、つい尽くしたくなりますよね。でも逆です!好きなら、できる限り尽くしてもらうようにしましょう。そのほうが、彼はあなたから離れなくなりますから。

ライタープロフィール
美佳
元ホステス。現在いろんなサイトでちょこちょこ記事を執筆中。 「そろそろ白馬に乗った王子様が迎えに来ないかなー♪」と結婚を夢見はじめたが、王子様はお姫様しか迎えに行かないことに気づいた独身アラサーです。
ブログ:お後がよろしいようで!

元記事を読む
提供元: cocoloni PROLOの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。