1. トップ
  2. バングス百花繚乱! 今すぐ真似したくなる、セレブたちの前髪ベスト30。

バングス百花繚乱! 今すぐ真似したくなる、セレブたちの前髪ベスト30。

  • 2019.4.15
  • 3478 views


バングス百花繚乱! 今すぐ真似したくなる、セレブたちの前髪ベスト30。
2019.04.15 17:00
顔の印象を大きく左右する前髪の、自分に似合うインスピレーション源を探している? ファラ・フォーセットの70年代のウェービーなものからオードリー・ヘプバーンのピクシーカット、ルーニー・マーラのラインを強調した大胆なカットまで、スタイルアイコンたちのスタイルから、バリエーション豊かなアイデアを紹介しよう。


バングスは、顔の印象を大きく変える大切なパーツだから、トライするのには少し勇気がいるかもしれない。でも、成功すれば、がらりと印象を変えることができる。容姿のみならず、気持ちまでフレッシュで生き生きとさせてくれたり、目もとや頬骨といった顔のパーツを強調することだってできる。


瞬時にイメチェンが可能だからこそ、セレブリティたちはレッドカーペット上のルックにも、積極的にバングスで変化をつけてきた。例えば、時代を超えた美しきバングスの代表例であるファラ・フォーセットのフリックヘアは、いまでも語り継がれるほどの名スタイルだ。


フォーセットのウェービーな70年代チャーリーズ・エンジェル・ルックの対極にあるのは、1920〜30年代に活躍したアメリカ人女優でダンサーのルイーズ・ブルックスのブラントカット。そのシャープなカットは、当時のフラッパースタイルを象徴していた。最近では、ルーニー・マーラが、この力強いストレートラインの前髪にモダンな解釈を加えたスタイルを披露している。


フレンチガール風のバングスをつくりたい人は、2人のパリジャン、デザイナーのジャンヌ・ダマスと、モデルでありミュージック・プロデューサーのカロリーヌ・ド・メグレのスタイルを参考にしてみて。「セットなんかしてないわ」と言わんばかりのエフォートレスな前髪は、彼女たちのトレードマーク。キープするのも比較的簡単だろう。


ここからは、1920年代から現代に至るスタイリッシュなバングスのアーカイブをまとめて紹介していこう。ぜひ、次のヘアスタイルの参考にしてみて!

誰の前髪が好き? セレブたちのアイコニックバングス。

Text: Emma Strenner & Hal Sear

元記事で読む