人間関係あるある。「誤解されやすい体質」を改善せよ〜不機嫌女子のぼやき

常日ごろから、男ってやつは!とか、(同性ながらも)女って恐ろしい…とか、ムッとすることって多々ある。 でもそれを上手に心の内に隠しながら、オトナ女子へと変貌すべき年齢になってしまったワタシ、アラサー27歳。ワタシって誤解されやすいの、なんてどこか悦に入ってる場合じゃない!

誤解されるには訳がある。

いやもうこれは自分で言って、自分で耳が痛くなる話。
昔から、ワタシはとくに「会話」において「ほんと誤解されやすい体質だわ」と時には真面目に憤慨し、時にはどこか誇らしく、思ってきた節がありました。

誇らしく、というのは
「みんなには分からないかもしれないけど、本当はこんなことも考えてる! こんなこともしてる!あえて出してないだけだぞ」みたいな「隠れた(または隠された)努力や苦労への誇り」とかそんなものかもしれませんし、
「全部をひけらかさない慎ましさ」や
「いざという時の隠し玉を持ってる気分」だったのかも・・・

う~ん、分かってくれる人いますかね?(汗)

良いように言ってるだけで、
ようは何を考えてるか伝えられないだけなんですが。

例えばどうしても会議で誰かとは反対の意見を述べることになったり、断りを入れなければならない時などに上手く伝えられなくても、
「誤解されやすい役回り」と思うだけで慰めになってしまう。

でもそりゃ“本当のところ”思っていることの詳細や、
考えたことの一部を隠してるんだから、誤解されるというか
充分に理解されないのも当然と言えばそうです。

何が怖いんだろう。それがわかれば変われる?

ワタシが最近困っているのはこの隠し癖が身につきすぎて、
喜怒哀楽の表現にさえ働いてしまうこと。
とくに嬉しいことについては、感じとったものを内側におさめる体質で
そこから徐々に精査して表に出していく。だから反応スピードがとっても遅かったりする。
単純に嬉しさを一人で味わいすぎなんですよね。(これをワタシは内出血大サービスと名付けている)

undefined
©GINGERweb

それでよく「え、嬉しくなかった?」「喜ぶと思ったのにテンション上がってない!」「冷たい!」とか言われてしまいます。

うう、まさに誤解なんだ!!

けどオトナになりはじめてからは「言わなくてもわかるでしょ」も増えてしまい、ちょっと笑うくらいで終わったり、「本来のスタンスとは違うけど、こっちの方がウケる・必要とされている」みたいな空気に乗るというか、円滑さを取って、本当の気持ちとはちょっと違っても、楽な表現をすることが多くなった。

ワタシで言えば心の奥底に意見や思いが対立した時、子どもの頃のように全力でケンカして仲直りするみたいな(スクラップアンドビルド的な)ことが、もう出来ないんではないかという恐怖があるみたいです。
でもこれって、わりと多くの人に思い当たらないかな? どうでしょう。

だけど伝えられないことを「ワタシって誤解されやすいから」で片付けるようなオトナには、やっぱりなりたくないなと思いました。

オトナだからこそ怖くなったこと、ひとつずつでも取り除いていきたいのです。

イラスト・文/なまいちほ

元記事を読む
提供元: GINGERwebの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理