1. トップ
  2. 恋愛
  3. 硬派男子が「クサい台詞」で愛を伝えたくなる瞬間4つ

硬派男子が「クサい台詞」で愛を伝えたくなる瞬間4つ

  • 2019.4.14
  • 24371 views

彼が硬派すぎて「好き」という台詞すらあまり言ってくれない……。

本当は「少女漫画に出てくるような甘い台詞を囁いて欲しいのに!」と思ったことはありませんか?

今回は、そんな硬派男子が「クサイ台詞」で愛を伝えたくなってしまう瞬間を4つ紹介したいと思います。

男女 おでこ

1.ロマンチックなデートをした時

どんなに硬派な男性でも、ロマンチックなデートでは、ムードに負けてクサイ台詞がつい出てきてしまう、ということがあります。

星いっぱいの澄んだ夜空を一緒に見ている時、壮大な夜景を見ている時、またお洒落な一流ホテルに宿泊した時などは、ロマンチックな気分になりやすくなります。

そんなデートをしている時、彼が手をぎゅっと握ってきて「愛してるよ」「今ここで○○ちゃんと一緒に居られて良かった」といった、まさにロマンスを表す言葉で愛を語ってくれる可能性が。

記念日やイベントの時を狙って、そんなデートプランを立ててみましょう。

2.あなたからの贈り物に感動した時

あなたから彼に贈ったプレゼントがカレの心を打った時、その感動からクサイ愛の台詞がポロリと出てきてしまうことがあります。

一般ウケするブランドのネクタイなどではなく、彼個人の趣味に関連する贈り物が感動を呼びます。たとえば、筋トレ好きのカレならそのグッズや、好きなバンドのライブチケットなどです。

ここで彼は、「オレが喜ぶモノをここまでピンポイントで分かってくれる子なんだ!」という気持ちになるはずです。

「やっぱり俺たちは伴侶だよな」とか「テレパシーで通じ合えてるね」といった「運命の二人」を表す台詞が出てきそうです。プレゼントで感動させ、愛の台詞を引き出しましょう。

3.あなたが去って行く予感がした時

あなたから別れ話が出た、あるいは彼が「二人が別れてしまう夢をが見た……」と言ってきたりなど、あなたが去って行く予感がした時も、硬派な男性の口からクサイ台詞が出やすくなります。

ここで出てくるのは「かけがえのない存在だと思っている」とか「この先もずっと一緒にいたい」といったシリアスなムードを漂わせる台詞です。

硬派な男性ほど、異性とは真剣に付き合うもの。失う重みを分かっているからこそ、このような場面では恥を捨てて「本気の言葉」をかけてくれるのです。

ただし、彼に上記の台詞を言わせたいからと、軽々しく別れを口にするのは厳禁です。硬派男子は純粋です。彼は試されたことに傷つき、修復不可能になってしまう可能性があるので、気をつけましょう。

4.どうしてもベッドに誘導したい時

男女 カップル 男性背中

「今日はどうしてもこの子を抱きたい……」そんな時、たとえ硬派な男性であっても、クサイ台詞でベッドに誘導しようとすることがあります。

ここでは「どうしても!」という気持ちから、普段絶対に口にしないような台詞が出てきてしまうのです。腕を絡めたり、うなじに唇を近づけながら「朝まで愛を確かめ合いたいな」とか「○○ちゃんの体温をもっと感じたい」なんて囁いてくるのが特徴です。

彼が乗り気の時は、素晴らしい「メイク・ラブ」が期待できそうです。ここは喜んで求愛に応じましょう。

硬派男子は感受性が強くムードに弱い!?

硬派男子には通常、自分はすぐに甘い台詞を囁くようなチャラ男とは違う、という自覚があるものです。

そんな彼らには、真面目で傷つきやすい一面があり、同時に感受性が強く、ムードに弱いという特徴があります。つまり、何か感情の動く出来事があれば、チャラ男をしのぐ恋愛体質男子、に変貌してしまうことが。

クサイ台詞はそんな時に出てきやすいものです。どんな場面で彼の心を動かせるか、よく研究してみましょう。

(ちりゅうすずか/ライター)

(愛カツ編集部)

元記事を読む