1. トップ
  2. 恋愛
  3. 罪悪感はないの?不倫を隠さない女性の心理

罪悪感はないの?不倫を隠さない女性の心理

  • 2019.4.12
  • 4849 views

不倫はいけないこと。それはわかっているはずなのに、なぜか不倫を隠さない人っていますよね。

むしろ「奥さんが本当に邪魔で~」「早く別れてくれないかな」と、自分が被害者のような口ぶりの女性も。

罪悪感を持って不倫をしているならまだしも、オープンすぎる不倫は、聞いているこっちがイライラしてきます。

そこで今回は「不倫を隠さない女性の心理」についてご紹介します。

間違ったことをしていると思っていない

・「不倫中なのに『この前彼と○○へ行ったんだけど~』など、普通の恋愛のように話してくるAちゃん。最初は不倫への後ろめたさがあったけれど、もはやその自覚がないらしい。むしろ『い つになったら彼と結婚できるんだろう~』なんて言っています……」(28歳/IT)

不倫は道徳に反するものなのですが、自分を正当化して、「私は悪くない!」と思ってしまっているタイプ。特に彼が奥さんの悪口を言っていると、より「彼は束縛されていてかわいそう」「悪いのは奥さんだ!」などと、奥さんを悪者にして自分を正当化してしまいます。

また交際後に彼が既婚者だと発覚した場合も、「私は騙されただけで、不倫をする気はなかった」「これは純愛だ」と、勘違いしてしまうケースが。

自分は間違っていないとの意識が根底にあるので、不倫を隠す意味もないというわけです。

「彼氏自慢」がしたい

不倫相手とはいえ、一応立ち位置的には彼氏。そのため今まで恋人がいなかった女性ほど、「彼氏自慢」をしたくなるようです。

もちろん所詮は不倫なのですから、周囲は本心で「羨ましいな」なんて思わないもの。それでもよっぽど仲の良い友人じゃない限り、不倫の忠告はしないですよね。適当に「彼氏カッコイイね~」などと流して終わりでしょう。

でもそうやって周囲から褒められるのが快感だからこそ、不倫でも堂々と交際宣言をするようです。

たいして本気じゃない

・「人の物を取るのが好きで結婚願望がない友人は、適当に不倫をして恋愛を楽しんでいるらしい。一応『そうなんだ~』と聞いて入るけれど、既婚者である私は複雑な気持ちです」(30歳/一般事務)

不倫にドップリ浸かっているわけじゃなく、「暇つぶしの一環」と捉えている人もいます。そのため不倫も女子会ネタのひとつとしか思っておらず、堂々と「私不倫しているんだけどさ~」と言えるようです。こういう女性ほど、不倫相手は1人ではなく、複数いることが多いもの。

本人的には割り切った関係なのでしょうが、奥さんの立場からするとたまったものじゃないですよね……。

何事も最初は勇気がいるけれど、だんだんと慣れが生じるもの。

もしかしたら不倫も同じで、やっているうちに感覚が麻痺するのかもしれません。

こうなってしまうと私たちが何を言っても伝わりません。そっとしておくのが一番でしょう。

written by 和

元記事で読む