1. トップ
  2. 恋愛
  3. 【告白の断り方講座】相手との関係性別に傷つけないスマートなセリフをご紹介!

【告白の断り方講座】相手との関係性別に傷つけないスマートなセリフをご紹介!

  • 2019.4.12
  • 10791 views

告白の断り方特集。

好きではない、今後付き合う可能性のない異性から告白をされると、どうしても頭を悩ませてしまうのが「告白の断り方」ではないでしょうか。

できることなら相手を傷つけずに断りたいけれど、傷を恐れていては恋愛にならないのもまた事実です。

ここでは、相手の傷を極力浅いものにするための告白の断り方を「友達だった場合」「紹介だった場合」「同僚だった場合」「マッチングアプリの人だった場合」別にご紹介します。

告白の断り方で頭を抱えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

告白の断り方①友達だった場合

恋愛

今までただの友達だと思っていた異性から告白をされると、かなり戸惑ってしまうし悩んでしまうものです。

変な断り方をして、友達関係にヒビが入るようなことだけは避けたいですよね。

ここでは、友達からの告白の断り方を4つご紹介します。今後の良好な友達関係を維持するためにもぜひ参考にしてみてください。

「仕事に専念したい」とタイミングのズレを理由にする

友達からの告白の断り方1つ目は「仕事に専念したいから」と、タイミングのズレを理由にする断り方です。

仕事に専念したいという断り方をすると、今は恋愛をするタイミングではないということをアピールすることができます。

しかし注意したいのが、仕事に専念したいと言うと「じゃあタイミングが合うまで待つ」と返されてしまう可能性があります。

そうなると、他の異性とお付き合いをすることが難しくなってしまいますから、他に好きな異性がいる場合は素直に「他に好きな人がいる」と告げることをおすすめします。

例え異性に見れなくてもその言葉は控えた断り方を

友達からの告白の断り方2つ目は、例え異性に見れなくても「正直男として見れなくて」だとか「男の人って意識したことがなくて…」という言葉は控えましょう。

なぜなら、告白をしてきた人は今まであなたのことを異性として好意を寄せてきたのです。

そんな相手に「異性として見ていなかった」と言われてしまったら、深く傷ついてしまうのではないでしょうか。

もしも、例え異性として見れなくても「○○とは、友達のままでいたいな」と、優しい言葉で相手を傷つけないように意識しましょう。

優しい断り方で友達関係に戻れる言葉を選ぶ

友達からの告白の断り方3つ目は、優しい断り方で友達に戻れる言葉を選ぶということです。

今まで良好な友達関係を築いてきたとしたら、お互いにその友達関係すらなくなってしまうのはとても辛いことでしょう。

その友達関係を壊さずに告白を断りたい場合には「告白してくれてありがとう。でも、○○とはこの先もずっと何でも話せる友達でいたい」というような、今後も良好な関係を持続させたいという意思を伝える優しい断り方をしましょう。

友達からの告白の断り方で気をつけたいこと

友達からの告白の断り方で気をつけたいことは、まず「相手を傷つけないこと」そして次に「今後も良好な関係を続けたいという意思を見せる言葉を選ぶこと」が大切です。

友達という大切な存在を失わないためにも、友達からの告白を無下にしてはいけません。

優しい言葉での断り方を意識することが、相手の気持ちを救うことに繋がるのです。

告白の断り方②紹介だった場合

恋愛2

告白をしてきた相手が知人の紹介だった場合、断り方にも気を使ってしまいますよね。

もしも相手に不快感だけを与えるような断り方をしてしまうと、紹介をしてくれた知人へも気を使ってしまいますし、気まずい思いをすることになりかねません。

ここでは、知人から紹介された人からの告白の断り方についてご紹介します。

会って断るよりもLINEで返事をするのもあり

紹介からの告白の断り方1つ目は、会って断るよりもLINEで返事をするのもありだということです。

知人からの紹介だと、お互いに紹介してくれた人に何かしらの気を使うことになります。

告白の結果も、紹介してくれた知人にもいずれ知られてしまうでしょう。

ですからここは、あえて会って返事をするよりも一旦持ち帰ってLINEなどのツールを利用することで、相手に変な気を使わせなくて済むのです。

会社の上司からの紹介だった場合はとくに丁寧な言葉で

紹介からの告白の断り方2つ目は、会社の上司からの紹介だった場合はとくに丁寧な言葉を意識するということです。

会社の上司から紹介された人からの告白となると、告白を受けたあなたもそうとうに悩んでしまいますよね。

仲介役になった上司との今後の関係に溝を作らないためにも、丁寧な言葉で「申し訳ございませんが、お付き合いはできません」と真摯に対応することを心がけましょう。

年上の男性にこそ大人な対応を心がける

もしも紹介された男性が年上の男性だった場合、年上の男性にこそ大人な対応をするということを心がけましょう。

年上の男性は、年下の女性に極力気を使わなせいようにと対応してくれる男性が多い傾向にあります。

自分の傷を受けた心よりも「あなたが心労を負わないように」と、考えてくれる相手に対して敬意を示す断り方を意識しましょう。

「告白をしてくれてありがとうございます。ですが、お付き合いは考えられなくて」と、どんな理由でも丁寧で大人な言葉を選ぶようにしましょう。

紹介での告白の断り方で気をつけたいこと

知人から紹介された人からの告白の断り方で気をつけたいことは、まず第一に「相手の告白に感謝の言葉をかけること」そして次に大切なのが「紹介してくれた人物の顔を潰さない断り方をする」ということです。

間を取り持ってくれた人物の顔を潰さないためには、告白してくれた相手に対してどんな理由であっても、丁寧で真摯な言葉と態度で断るということが大切です。

告白の断り方③同僚だった場合

恋愛3

会社の仲間である同僚から告白をされると「今後の仕事にも影響が出てしまうのでは」と、恐れてしまうものです。

もしも相手を深く傷つけるような断り方をしてしまうと、今後会社で顔を合わせる度にお互いに気まずい思いをすることになります。

ここでは会社の同僚に告白された時の、後腐れしない断り方をご紹介します。

「今は恋愛する余裕がない」と告げる

会社の同僚からの告白の断り方1つ目は「今は恋愛をする余裕がない」と告げることです。

会社の同僚ですから、あなたのプライベートを詮索されることもないでしょう。

「プライベートが忙しいこと」を上手くアピールすることができれば、告白後にもダメ元でデートのお誘いをされたとしても上手くかわすことができるでしょう。

「好きな人がいる」という返事もOK

会社の同僚からの告白の断り方2つ目は「好きな人がいる」という返事もOKだということです。

告白の断り方として最も相手が諦めてくれやすいのが「他に好きな人がいる」という断り方なのです。

同じ会社の同僚だと、一定の距離感を保っている場合が多いですよね。

あえてそこを利用して「好きな人がいる」と言うことで、あなたにこれ以上深入りしては迷惑をかけてしまうと認識させることができるのです。

今後の業務に響かないように爽やかな断り方を

会社の同僚からの告白の断り方3つ目は、今後の業務に響かないような爽やかな断り方を意識するということです。

もしも、相手の自尊心を傷つける断り方をしてしまうと、この先会社で顔を合わせるのも躊躇いが出てきてしまいますよね。

ですから、告白をしてくれたことへの感謝を示す言葉を筆頭に「今は恋愛よりも仕事が優先で…、今後も頼りになる仕事仲間として力になってください」と笑顔で返事をすると、断られた相手もあなたの爽やかな笑顔に救われることでしょう。

同僚からの告白の断り方で気をつけたいこと

同僚からの告白の断り方で気をつけたいことは、まず何よりも「今後の業務に差し支えないようにする」ということです。

同僚というものは、今後会社で顔を合わせることはもちろん、会社内での飲み会などの社内行事を共にすることも多いでしょう。

ですから、今後の業務に悪影響となることがないようにするためにも、丁寧で爽やかな断り方をするということを意識しましょう。

告白の断り方④マッチングアプリの人だった場合

恋愛4

告白をしてくれた相手がマッチングアプリで知り合った人だった場合、比較的告白の断り方も柔軟に対応することができるでしょう。

マッチングアプリというインターネット上で知り合った人物なので、あなたの生活に直接影響を及ぼす人物ではありませんよね。

ですが、もしも断り方を間違えてしまうとネットストーカーと化してしまう恐れがあるので注意が必要です。

ここでは、マッチングアプリで知り合った人からの告白の断り方を3つご紹介します。

ハッキリと「ごめんなさい」と告げた方が後腐れしない

マッチングアプリで知り合った人からの告白の断り方1つ目は、ハッキリと「ごめんなさい」と告げる断り方をするということです。

ハッキリ「ごめんなさい、あなたとは付き合えません」と意思を示すことで、後腐れすることを防ぐことができます。

もしも「嫌いじゃないけど…、でもごめんなさい」というような曖昧な断り方をしてしまうと、まだ付き合える可能性があると相手の闘争心に火をつけてしまう可能性があるので危険です。

NGの意味や理由を告げた方が相手の今後に繋がる

マッチングアプリで知り合った人からの告白の断り方2つ目は、告白を断るNGの意味や理由を相手に伝えるということです。

ここで注意してほしいのが「相手のダメなところを指摘するのではない」ということです。

合う・合わない、好き・嫌いというのは相性なので、それを相手に指摘しても何の意味もありませんし大きなお世話です。

ですから、自分が相手と付き合えない理由と告白を断った意味を伝えましょう。

自分に脈はないということを上手く伝えることで、相手がネットストーカーと化すのを防ぐことに繋がります。

女性に警戒心を与えない優しい断り方を意識する

マッチングアプリで知り合ったからの告白の断り方3つ目は、女性に警戒心を与えない優しい断り方を意識するということです。

マッチングアプリというものは「交際相手を探すためのツール」です。

マッチングアプリを利用している男性は、女性に対して苦手意識を抱いている男性も少なくありません。

ですから、女性への警戒心や苦手意識を刺激して、今後の相手の恋愛を消極的なものにしてしまわないように、優しい断り方をするということを意識しましょう。

告白の返事の最後に「○○さんが素敵な女性と出会えることを応援してます!」と前向きな言葉を入れるなどの気使いができると良いでしょう。

マッチングアプリでの告白の断り方で気をつけたいこと

マッチングアプリで知り合った人からの告白の断り方で気をつけたいことは、インターネットで知り合った人だからこそ警戒するということです。

今まであなたの生活の中にいなかった人ですので、その人物の本質や思考など、見えない部分の方が多いのではないでしょうか。世の中にはいろいろな思考を持った人がいます。

ですから、相手の怒りの感情を刺激しないような丁寧で大人な対応を心がけることが必要となるのです。

告白の断り方の注意点

恋愛5

告白の断り方で大切なのが、どんな理由であっても告白をしてくれた相手への敬意を払うということです。

相手とお付き合いできない明確な理由があるのでしたらその理由をきちんと告げましょう。

もしも明確な理由がないのなら、他に理由をつけても構わないのです。ここでは、告白の断り方の注意点を3つご紹介します。

告白に対して安易に「嬉しい」と言うのは危険

告白の断り方の注意点1つ目は、告白に対して安易に「嬉しい」と言うのは危険だということです。

告白に対して「ありがとう」と、相手の勇気に感謝するのはとても大切なことです。

ですが「告白してくれて嬉しかったよ。でも、今はお付き合いできなくて…」というような返事をしてしまうと、相手に勘違いをさせてしまう可能性が高くなってしまいます。

とくに相手が現実を受け入れられないタイプだったり、空気を読むのが苦手なタイプだと「嬉しいなら頑張ればどうにかなるかも」と、あなたの意向とは反対な伝わり方をしてしまうので要注意です。

上手な断り方は「相手を傷つけない」ということ

告白の断り方の注意点2つ目は、相手を傷つけない断り方こそ上手な断り方だということです。

相手を傷つけない優しい断り方は、今後の人間関係を良好に保つ上でとても大切なことです。

もちろん、振られるということはとても大きなダメージを受けるものです。

しかし、振る側の誠意や真摯な対応が伝われば、振られた側の心はスッと軽くなるものなのです。

男性心理を理解して自尊心を守ることこそ大人の女性

告白の断り方の注意点3つ目は、男性心理を理解して相手の自尊心を守るということです。

男性は女性よりも社会的自尊心が高い傾向にあります。

ですから、もしも相手の告白を無下にするような断り方をしてしまうと、相手の自尊心を傷つけ逆恨みされてしまう可能性だってあるのです。

告白をしてくれた相手の自尊心を守ることこそ、大人の女性の断り方だと言えるでしょう。

告白の断り方は相手を傷つけない言葉を選んで

告白の断り方をご紹介しました。

もしも付き合う可能性が持てない相手から告白をされると、どうしても悩んでしまいますし戸惑いを隠せないことでしょう。

ですが、告白をしてくれた相手のことを思いやる断り方ができれば、今後も良好な関係を維持できるのではないでしょうか。

「告白を断る」という辛い返事を相手に下すということは、告白を断るあなたも大きなダメージや心理的ストレスを受けてしまうでしょう。

ですから、自分自身の心のケアもきちんと行うということを意識してくださいね。

元記事を読む