師弟関係とは何か|ヨガの先生と賢く付き合うための11の実践的なアドバイス

undefined
Cover image by Getty Images

生徒に求められるスキルとは

20代のころ、私は古い流派に属する中国人の先生から太極拳を学んだことがある。中国国民党革命委員会の元将官であった先生は、私がそれまで経験したことのない次元の献身的な姿勢を求めた。毎朝6時にイースト・ハリウッドの公園で集まり、そこで先生は私たちを教え、しごき、情け容赦なく批判した。私は1年以上の間、日々の先生との練習以外にも、1日少なくとも4、5回は1人で一通りの型を通して練習した。純粋な武道式で教えていた先生は、決して褒めはしなかった。それどころか、太極拳を学ぶ姿勢に真剣味が足りないと、定期的に叱責された。その言葉は身に突き刺さるようだったが、おかげで厳しい練習を続けることができた。先生と過ごした時間は、自分の体やエネルギーとの関わり合い方を変えた。けれども、先生から主に学んだことは、生徒であることの意味合いについてだった。
表面上は、クラスに参加すれば誰でも生徒になることができるように思われる。しかし驚くべきことに、必ずしもそうとは限らない。生徒になることは、スキルを要するものなのだ。毎週行われているクラスに気軽に参加するときにも、自分がそこでどんな経験をするのかは、指導をどのように受け入れ、どんな質問をし、どのような態度で先生と接するかに大きく左右される。「あなたは本当に私の先生なのでしょうか?」という生徒の質問に対し、先生が「君は、本当に私の生徒なのだろうか?」と問い返して答えることがあるのはこのためだ。この質問はレトリックではない。師弟関係において、最終的な主導権を握るのは生徒のほうなのだ。生徒になろうという姿勢がない人には、どんな先生も教えることはできない。同時に、しっかりとした志を持つ生徒なら、凡庸な先生からも学ぶことができる。そして、本物の生徒が本物の指導者に出会う、そんなときに生徒の世界に変化が訪れるのだ。

変化する師弟関係

私たちは、師弟関係の模範となるかたちが急激に変わりつつある時代に生きている。伝統的には、師は、数人の熱心な生徒を弟子にとり、彼らを注意深く観察し、厳しく指導した。そして優秀な弟子は、ヨガの教典に挙げられているような、無執着、辛抱強さ、献身的な姿勢、謙虚さ、困難を耐える力などの多くの性質を持っていた。そして何よりも弟子は、少なくともその師のもとで学んでいる間は、師の持つ権威を受け入れていた。その代わり、弟子は知識のみならず、師の持つとらえがたい次元に属するものや、ヨギとして達成したものまで、あらゆる教えを受け取っていたのである。これには何年もの月日がかかることもあった。つまり、師と弟子は、それに必要な期間、そして多くの場合その先もずっとともに過ごすという決意を持っていたのである。しかし、家族の形が変わってきているように、師弟関係の形にも変化が訪れている。一つには、少なくとも西洋では、権威に対する見解が根本的に変わったということがある。最近友人のアナが、彼女の先生とのやりとりについて話してくれた。ある指導に対して疑問をぶつけたところ、その先生はあとで彼女を呼んで、自分の指導に従うことを学ぶべきだと言ったのだという。「そこで言われたことについてしばらく考えているの」と彼女は言った。「ある意味、彼が正しいというのも分かるのよ。ただ、私は何年もプラクティスをしてきていて、自分の内から導かれることがある。それを先生の考え方が違うからといって、無視していいのかしら?」。
友人・アナのように、進んだ民主主義社会に生きる人々は、縦型のヒエラルキーや「服従しなさい」といった感のあるものには、それが何であれ、疑いの目を向ける傾向がある。ヨガの先生をロックスターに仕立て上げる昨今の傾向をもってしても、現代の多くのヨギが、家父長制の伝統にも似た、絶対的な力を持つ先生と謙虚な生徒という関係に違和感を覚えている。私たちはしばしば、先生を自分の少しだけ先を行く仲間だと考えることを好む。とりわけ、ある期間ごとに起こるヨガのスターの「転落」が大々的に報じられると、もっとも尊敬されている先生に対してさえも、自分の持つ力を差し出そうという気持ちになれないのだ。ところが、民主的なヨガクラスにおいてさえも、向上心や自己を委ねるための心の広さ、指導者やその教えに敬意を持つことなど、「生徒であること」に関する古くからの真理の多くは、今でも同じように重要だと考えられている。しかし一方で、厄介な質問を進んですることや、自分自身の反応と調和することも同様に求められているのだ。つまり、現代の師弟関係には矛盾がある。そこで、この状況の中で生徒としてヨガを深めていくための、11の実践的なガイドラインを紹介しよう。そのうちのいくつかは、ヨガの教典や伝統から得た知識であり、その他は、生徒や先生としての、私自身の経験から生まれたものだ。

1.基礎を築こう

はっきりとした部分から始めていくことにしよう。生徒と先生の適切な関係は、先生が教え、生徒が学ぶというものだ。先生は、関わり合いを持つことはできるが、生徒との間にはっきりとした適切な境界線を引き、生徒のほうも、先生は新しくできた親友でも、恋人でも、親の代わりになる存在でもないことを理解している。生徒は先生にためらわずに質問することができ、先生は間違いを認めることを厭わない。このような関係には、両サイドからの倫理的な透明性がある。それとともに、生徒は先生にある程度の親近感を持てるほうがよい。優れた先生、あるいはマスターと言われていたとしても、それが自分に合った指導者であるとは限らない。つまり、自分が学び、先生が教えようとする決意に加えて、両者の間によい化学変化が起きていなくてはいけないのだ。先生が本当の自分を「見て」、受け入れてくれると感じる気持ちが強まるほど、その指導やチャレンジを受け入れやすくなる。

2.望む気持ちを培おう

心から学びたい、成長したいと思っていれば、完璧な先生でないとしても、その気持ち自体が導き手となって自分を助けてくれる。「先生は、生徒の準備ができたときに現れる」という古い格言は、プラクティスのあらゆるレベルで当てはまる。自分にとって、ヨガのプラクティスが重要になればなるほど、どこで教えに出合おうと、よりオープンな心で受け取ることができるようになる。

3.期間を決めて決意をしよう

伝統を重んじる先生の中には、決意をする前に少なくとも1年はそこで学んでみるよう助言する人もいる。だが、ものごとの進むペースが速い今の時代では、6カ月という期間をお勧めする。その間は、できる限り忠実に先生の指導に従うと心に決めるのだが、これは、先生に対して質問さえしないとか、異議を唱えなかったり、疑問をそのままにしておいたりするという意味ではない。ただし、疑問が解決したあとには、先生の持つ知識を敬う気持ちが大切だ。自分に合った先生かどうかを知る唯一の方法は、先生の教えが自分にもたらす効果が分かるまで十分な時間をかけることだ。時として、自らの内からの導きが先生の指導にとって代わる場合もあるだろう。けれども、たとえ先生の指導が、自分が正しいと思うものとは違っていても、初めのうちは、先生は何を教えるべきかを分かっていると考えるようにするのが一番だ。決めた期間が終わったときには、その経験を評価する時間をとり、この先も学び続けるのかを決めるようにしよう。

4.首尾一貫したアプローチを守ろう

1人の先生に3つの領域すべての専門性を求めず、アーサナを1人の先生に、瞑想は別の先生に、教典は3人目の先生について学んでもかまわない。けれども、とりわけプラクティスの初期の段階では、それぞれの先生の教えが矛盾し合わないことが重要だ。たとえば、1人の先生がパタンジャリの八支則の熱心な実践者であり、別の先生がタントラの教えに献身的に取り組んでいるとしたら、矛盾し合うように感じられる意見を聞き、指導を受けることになってしまう。混乱することなく異なったアプローチを結びつけ、一つのものにするためには多くの経験が必要だ。そのために昔の生徒への「決まりごと」の一つに、1人の先生だけに忠誠心を持つ、という項目があった。つまり、先生と約束を交わしたあとには、許可なしにほかの先生のところには行ってはならなかったのだ。理由は単純で、どんな先生にも独自のスタイルがあり、先生同士の間で意見が異なることがあるからだ。それは現代でも同様で、補助的に別のところで学ぶと決めたら、それぞれの教えが矛盾しないものであることを先生に確認しよう。さもないと、どんなシークエンスを練習するべきか、あるいは、その教えの何を信じていいのかさえも分からなくなってしまう可能性がある。

5.自己投影に気をつけよう

教えを吸収するための鍵は、その教えや先生に敬意を持つことだ。生徒として先生を敬う気持ちは、傲慢さや、未熟な段階で教えを習得したという思い込みから自分を守ってくれる。同時に、先生を美化したり、理想の存在に仕立て上げたりしないことも大切だ。誰かを理想的存在にしてしまうと、後々きっと失望することになる。また、理想化したイメージが強くなりすぎると、失望を感じたときに先生との人間関係が崩れ、プラクティスへの志までをも失いかねない。生徒と先生の関係において、もっとも厄介な問題は、西洋心理学では「感情転移」と呼ばれるが、自分の感情を他人に投影するという、人間の持つ性質である。
生徒は、本来持っているはずの自分の持つ優れた性質を、先生の中に求めようとする。それは、私たちのほとんどが、自分の内にある強さや智慧を完全に自分のものとすることができず、それを「運んで」くれる誰かを探すからだ。そして、そういった性質を持つその人を、理想的な存在として見るわけだ。当然、自分が意識していない弱さを先生に投影してしまうという、逆のパターンもある。そこで自分が作り上げた理想的な存在としてふさわしくない、先生の人間的な弱点や失敗を目にすると、今度は態度を完全にひるがえし、先生を悪者扱いするようになる。インターネットには、先生に対して持っていた幻想から醒めて失望した生徒が書いた怒りや苛立ち、時には、驚くほど攻撃的な書き込みがあふれている。なかには正当なものもあるが、そのほとんどが、自分の育てられ方や、十分に認められたり励まされたりしなかったことからくる気持ちなど、自分がきちんと向き合えていない、個人的な問題を映し出したものなのだ。これは非常に厄介な問題だ。内なる強さや智慧、あるいは弱さといったこと以外にも、自分の心の中にある愛や認められたいという気持ちも先生の中に求めてしまい、真剣な恋心を抱くまで想いを募らせることがある。これは、先生がカリスマ性を持つ場合はとくに、経験を積んだ生徒にさえみられることだ。そして、先生が不注意だったり、恋に落ちやすかったり、人を巧みに操ったりするタイプだったりすると、生徒の人生が変わったり、台無しになったりさえするような情愛のもつれへとつながっていく。もし先生に恋心を抱いていると思ったら、ちょっとした問いを自分に投げかけてみよう。「今感じている気持ちは、本当に先生に対してのもの? それとも、ヨガのプラクティスがもたらした結果?ヨガのエネルギーによって、これまで感じたことのない自分に対する愛を感じているの?」と。自分への問いかけは、自己投影を抑制し、内側の気持ちが流れる方向の修正もしてくれる。その結果、外の世界で問題を生み出すことなく、プラクティスに味わいが加えられるのだ。

6.自分に正直になろう

ここで取り上げている、自己への問いかけが生み出す自分の傾向への洞察は、ヨガのプラクティスがもたらすすばらしい贈り物の一つだ。たとえば、教えてもらう、という状況によって内側に葛藤が生まれ、先生の持つ権威にどうしても抗おうとしてしまったり、表だってあらわれてこない、他者から認められたいという執拗な気持ちが動き出したりする。あるいは、先生を喜ばせたいと思うがあまり、自分が実際何を感じているのかを確認することを忘れてしまうときもある。こういう場合は、少し抗うくらいのほうがいいのだ。私は、先生の気持ちを傷つけるのを恐れるがため、アジャストのあとにポーズが深まったかどうかを聞かれると、たとえそうでなくてもイエスと答えるという生徒の話を聞いたことがある。だが、実際の経験をありのままに伝えたほうが、先生もより深く自分自身を知ることができ、本当の意味で助けとなる指導をしてくれるものだ。

7.先生の欠点を見よう

先生も自分と同じ人間だ。癖や弱みもあるし、心の中で苦しんでいたり、体の具合がよくないこともある。優れた先生が、本当の意味でその「立場」に立つときには、もっとも威厳があり、賢く、意識の高まった「自己」として話し、振る舞っているはずだ。これが、先生とのプラクティスによって、自分だけでは必ずしも感じられない能力が引き出される一つの理由だ。そうはいうものの、教えているときに光と智慧に満ちていたとしても、その先生が完全に悟っているわけではないし、当然、非の打ちどころのない人物であるわけでもない。それとはまったくかけ離れていることもあるのだ。教えるためのスキルがあり、意識の高まった状態がどんなものかを伝え、生徒を完全な慈愛と智慧へと導くことができる先生が、実生活では変わり者だったり、かんしゃく持ちだったり、複数の恋人を持つことに違和感がなかったり、ナルシストだったりする場合もある。聡明な先生でさえも、組織を運営したり、恋人とよい関係を築けなかったりすることもあるのだ。ほかの人と同じように、先生にもカルマによる生まれ持った傾向があり、それによって不確かな個人の選択へと導かれることもある。だからといって、先生としての才が減るというわけではない。ところが、生徒にとっては、それが先生との関係を解消する大きなきっかけともなりかねないのだ。

一風変わっていたり、普通と違う生活を送る先生でもかまわない、という生徒もいれば、自分と同じような価値観を持った先生でなくては気分よく学ぶことができない、という人もいる。これは個人の選択だが、私たちそれぞれが、注意深く行わなくてはならないものだ。この選択を助ける一つの方法は、その先生に学ぶ理由は何かと、自分自身に率直に問いかけてみることだ。ヨガや瞑想、教典を学ぶために先生のところへ行っているのなら、先生の性格と教える能力を分けて考えるといいかもしれない。だが、先生の持つ価値観によって心が乱れたり、それが自分のものとあまりにもかけ離れていると感じたり、マットの上だけでなく、マットを離れたところでも人生の模範となるような人物を求めているとしたら、それはまったく別の話だ。

8.ゴシップを避けよう

スタジオやスピリチュアルなグループは、自分の真の拠りどころとなり、交友関係が生まれるところだ。先生を取り巻くほかの人たちとの関わり合いは、自分の大切な支えとなり、智慧を授けてくれる。エゴの力が弱まるのをつぶさに見ることができるのは言うまでもない。しかしその一方で、ほかの生徒に気をそがれ、スタジオにいる理由を忘れてしまうこともある。多くのスタジオやスピリチュアルなグループは、競争やゴシップ、自分の属する集団への身びいきとそれ以外の集団に対する差別的な態度ばかりが目につくような集団に特有の人間関係の温床だ。
そうしたコミュニティの中には、先生や教えへの崇拝が強いため、そのコミュニティでしか通じないような言葉を使い、精神を取り入れるよう重圧をかけられているように感じることもある。グループのほかの人たちと正しい関係にあるかどうかを知る一つの方法は、会話の中心が、今学び、身につけようとしている内容であるかどうかだ。もし不満ばかりを並べていたり、クラスのほかの人をけなしていたり、先生やクラスの構成を何時間も批判していたり、ほかの生徒を意図的に会話に入れないようにしようとしていたり、あるいは、批判的な質問は適切ではないと感じるようだったら、それは自分にとって不適切なグループにいるということだ。

9.疑問があれば直観に従おう

教えやプラクティスが正しいのかを疑問に思うときは必ずやってくる。そういうときには、疑う気持ちをそのままにせず、自分に問いかけてみよう。この心地悪さはどこからきているの? これは、退屈したり不安を感じたりすると、すぐにやめてしまう自分のパターンの一つ?教えの中に何か心地よく感じられない部分があるの? もっとプラクティスを進めていくことを求められているの? それともこのままの状態を保っていけばいいの? 早く先に進みすぎたことを不安に思っているの? それとも逆に、もっと高度な教えを待ちわびているの? 自分が向き合わなくてはいけない、特定の感情のスイッチが入ったの?本当の意味で教えを受ける場面では、嫉妬や憤り、批判といった、自分自身が抱えている問題と対峙するものだ。競争心を感じることもあれば、自分を批判したり、無視したりする先生に対して憤りを感じることもあるだろう。先生の説明の仕方が気に入らなかったり、「この話は前聞いたから、何か別のことを話してくれないかしら?」と思ったりすることもある。別の先生に習っている友人が、自分よりずっと上達しているように感じられることさえある。いったん先生についたら、一定の期間はそこで学ぼうとする決意が重要な理由の一つは、必然的にやってくる不安や倦怠、混乱を感じたときにそこに留まるためだ。プラクティスをする間は、ずっとマットの上にいなくてはいけないように、先生や教えにも、完全に浸透し、私たちを「調理」する機会が必要なのだ。

10.教えを吸収しよう

学びたいという心からの気持ちに加えて、今学んでいることを自分でも教えたいという気持ちを感じるときもあるだろう。インドのヨガ界の伝統では、自分の中で消化する前に教えを伝えようとする人々は「杓子」と呼ばれるのだという。実際に味わわず、スープをただよそうだけの杓子のように、完全に理解する前に何かを教えようとすると、しばしば、その智慧が自分の中に浸透する機会を自ら奪い取ることになる。そのために、伝統的流派では、生徒があまり早い時期に教え始めることをよしとしないのだ。自分の得た智慧をほかの人に伝えることが、より深く学ぶことに繋がるというのは事実だ。だが、ほかの先生に教えてもらった知識を本当には理解しないまま他者に教えるために使うのは、自分自身で学ぶプロセスを省いてしまうことになる。その上これは、不完全な知識を受け取る生徒にとってもフェアではない。
これは、世間一般の通念の一つと同じように、ヨガの教えの一片を、真実味のある感情は何一つなく、ただ繰り返しているようなとき耳にするものだ。「ありのままの自分がすでに完全である」という偉大なる真実でさえ、自らの内で実際に感じるのではなく、ただ頭で考えて言うだけでは陳腐な表現になる。同様にヨガの怪我の多くも、先生が指導やアジャストを一人一人に応用する知識がなかった結果起こるものでもある。

11.優雅に離れていこう

すべての師弟関係がずっと続くわけではない。先生から学べることはもうすべて学んだと感じるときがくるかもしれないし、先生に失望したり、そのコミュニティでは成長できなかったりすることもある。時おり、先生が別のところで学ぶようにと勧める場合さえある。先生との関係に終止符を打つことは、永久に続くことはないことを学ぶレッスンでもあり、それは成長するための一つの段階かもしれない。そして、たとえ先生との別離が苦しく困難だったとしても、自分が先生から受け取ったことや学んだことを尊重する気持ちが大切だ。先生から何を学んだのか、後々まで分からないこともよくある。だが、本当の生徒とは、ものの真価をよく理解する存在だ。そして、学びのプロセスにおけるあらゆる段階がすべて有益であることを知っている。始まりも終わりも、うまくいったこともつまずいたことも、そしてその間にあったことも。

ライター/サリー・ケンプトン
世界各国で知られる瞑想やヨガ哲学の指導者であり、『Meditation for the Love of It 』の著者。

Translated by Yuko Altwasser
yoga Journal日本版Vol.33掲載

元記事を読む
提供元: Yoga Journal Onlineの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。