「ショパンー200年の肖像」展が兵庫・福岡で、直筆の楽譜や手紙、肖像画が日本初公開

「ショパンー200年の肖像」展が兵庫・福岡で、直筆の楽譜や手紙、肖像画が日本初公開

展覧会「ショパンー200年の肖像」展が、2019年10月12日(土)から12月1日(日)まで兵庫県立美術館で、2020年2月1日(土)から3月22日(日)まで福岡・久留米市立美術館で開催。その後、2020年4月から6月に東京・練馬区立美術館、2020年8月から9月に静岡市立美術館にて開催される予定だ。

undefined
www.fashion-press.net

“ピアノの詩人”フリデリク・ショパンの音楽と生涯

フリデリク・ショパンは、ポーランド出身の作曲家。繊細な曲調やピアノ曲を多く作曲し、“ピアノの詩人”とも呼ばれている。

日本とポーランドの国交樹立100周年を記念して開催される「ショパンー200年の肖像」展では、ショパンの多彩な美術作品や資料を通じ、生誕後約200年にわたるショパン像を紹介。作品は、ショパンの音楽と生涯を主軸に、自筆の楽譜や手紙、油彩画、彫刻など約250点を5つの章に分けて展観する。

直筆の楽譜と手紙を日本初公開

中でも注目は、ショパン自筆の楽譜や手紙。所蔵するフリデリク・ショパン博物館でも公開が限られている貴重なものだ。文字の筆圧などから、ショパンの心の内やその時の心情に想いを馳せてみて。

友人が描いたショパンの肖像画

ショパンの肖像画の中でも特に有名な作品「フリデリク・ショパンの肖像」も、日本初公開。ショパンの友人であったオランダ出身の画家、アリ・シェフェールによって描かれたものだ。シェフェール自身が保有していたこの作品からは、友人に向けたショパンの温かな眼差しを感じることができる。

その他、ポーランドのフリデリク・ショパン博物館から出展されるショパンにまつわる現代作品や、ワルシャワやパリでの音楽活動・友人関係などを風景画や肖像画と共に紹介。また、ショパン国際ピアノコンクールの歴史も、映像や写真の資料を通じて展観する。

【詳細】
「ショパンー200年の肖像」展
・兵庫会場
会期:2019年10月12日(土)~12月1日(日)
会場:兵庫県立美術館 ギャラリー棟
住所:兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1丁目1-1

・福岡会場
会期:2020年2月1日(土)~3月22日(日)
会場:久留米市立美術館
住所:福岡県久留米市野中町1015

・東京会場
開催予定日:2020年4月~6月
場所:練馬区立美術館
住所:東京都練馬区貫井1丁目36-16

・静岡会場
開催予定日:2020年8月~9月
場所:静岡市立美術館
住所:静岡県静岡市葵区紺屋町17−1 葵タワー

元記事を読む
提供元: ファッションプレスの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理