1. トップ
  2. メイク
  3. 下地でワンランク上の仕上がりに♡“老け顔メイク”解消テクニック

下地でワンランク上の仕上がりに♡“老け顔メイク”解消テクニック

  • 2019.4.11
  • 7673 views
ほほにパウダーを塗っている女性の画像

■下地をしっかり塗るのがポイント!

メイクされている女性の画像

2月12日放送の「なないろ日和!」(テレビ東京系)では、“老け顔を解消する化粧方法”が特集されました。番組に登場したのは、多くの女優やタレントのメイクを手がけた“メイク界の巨匠”嶋田ちあきさん。嶋田さんによれば、一昔前のメイク方法は老け顔に見えてしまうそうです。番組内では、簡単に実践できるメイクテクニックを披露。

“老け顔メイク”をする人は、ファンデーションを厚く塗る傾向があります。“くすみ”などをファンデーションで隠すと、“老け顔”に見えるデメリットが…。嶋田さんのメイク術は、ファンデーションを塗る前に肌のトーンを上げていくのがポイントです。下地で“くすみ”や“クマ”を隠せるだけでなく、肌にハリと透明感がアップ。下地のベースをしっかり整えてからファンデーションを薄く塗れば、よりキレイな肌に仕上げられます。

リアルタイムで同番組を見ていた視聴者からは、「シミを隠すためにファンデを厚く塗ってました。さっそく実践してみよう!」「仕上がりがキレイ過ぎてビックリした」「下地だけでくすみを隠せるとは…。しかも簡単だからありがたい」「間違ったメイク方法をしてると印象がよくないんですね。勉強になりました」といった反響の声が続出。

ちなみにシャドーのカラーは、「パープル」や「水色のパステルカラー」が“春のトレンド”。取り入れると華やかな印象になるので、気になる人はぜひ試してみて。

■たった2分で劇的に変身する簡単メイク術

マスカラを塗っている女性の画像

番組内では、“2分で劇的に変身できるメイク術”を紹介。まずクマやシミを隠す「コンシーラー」を使わずに、そのまま下地を塗りましょう。目の下に塗ればシワが目立ちにくくなりますよ。

次にポイントになるのが「眉描き」。グレーカラーの細眉だと淋しい見た目になるため、明るく見える“ブラウンの太眉”にするのがおすすめです。2つのステップを普段のメイクに足すだけで、メイクの完成度がアップ。番組で嶋田さんにメイクしてもらった女性が仕上がりを鏡で確認すると、劇的に変身した姿に驚いていました。

ほかには、ハイライト&チークを活用した“若見え術”も公開。ハイライトは目の下から目じりにかけて塗ると、“リフトアップ効果”が。そしてチークは目に近いほほの位置に塗れば、さらにほほが上がって見えるようになります。嶋田さん曰く、“昔頬骨があったところ”に入れるのがコツ。

最後にアイラインをキレイに描く“小技”も紹介しています。ラインは一気に引くのではなく、等間隔にスキマを空けながら点を入れて横に繋げていきましょう。線がブレなくなるため、ワンランク上のキレイな仕上がりになるはず。

古い化粧方法しか分からない人は、“若見えメイク術”を実践してみてはいかがでしょうか?

文/プリマ・ドンナ

元記事で読む