1. トップ
  2. DISH//アルバムをリリース!「自分たちの音楽を好きであることって、演る側としても大切だと思う」

DISH//アルバムをリリース!「自分たちの音楽を好きであることって、演る側としても大切だと思う」

  • 2019.4.11
  • 300 views

DISH//の2年半ぶり、3枚目となるアルバム「Junkfood Junction」がついに完成! アルバムからの先行配信となった3曲(BiSHのアイナ・ジ・エンドとのコラボ「SING-A-LONG feat. アイナ・ジ・エンド(BiSH)」、UNISON SQUARE GARDEN・田淵智也楽曲提供の「ビリビリ☆ルールブック」、あいみょん楽曲提供の「へんてこ」)を含む全14曲(通常盤)は、正統派ロックから聴かせるバラード、そして彼らの持ち味の一つでもある、クスッと笑えるポップソングまで、まさに「中毒性」や「ごちゃ混ぜ」を意味する“ジャンクフード”にふさわしい仕上がり。前作「召し上がれガトリング」からの成長を全て注ぎ込んだという今作について、メンバーの北村匠海と矢部昌暉の2人にバンドを代表して語ってもらった。

【写真を見る】撮影中おしゃべりをする北村匠海と矢部昌暉

今回は洋服も髪型もそろえて双子になってもらいました
撮影=諸井純二

DISH//の可能性を感じる、すごく新しいアルバムができました(北村)

――今作「Junkfood Junction」はDISH//にとって2年半ぶりのアルバムになりますが、どんなコンセプトで制作し始めたのですか?

北村:昨年末から制作し始めたんですけど、当初は今の僕らを詰め込みたいと思っていました。でも、レコーディングが進むにつれて未来を描きたいという想いが強くなっていって。DISH//の可能性を感じる、すごく新しいものになりました。

――そうなった理由として思い当たることはありますか?

北村:今回、新井弘毅さんに全面プロデュースしていただいてるんですよ。前回のアルバム「召し上がれガトリング」のときはメンバーが作った曲も入ってたんですけど、今回はほとんどが提供いただいた曲で。そのプロデュースも新井さんにやっていただいていて、それによって、今作には僕らを客観的に見た視点が沢山入っていると思います。メンバーが中心となって制作をしていたら、全く違うものになったかもなって。アルバムがまさに“ジャンクフード”ってキーワードでまとまった内容になったのも新井さんのおかげだと思います。

矢部:DISH//にとっては本当、大きな存在ですね。

――普段からいろいろとお話しされるんですか?

北村:リハにも立ち合っていただいてますし、もちろん普段から話したりもします。でも、ギター担当の僕らからすれば、天才ギタリスト。たまに昌暉のギターを持ってサラッと弾き倒して、横で昌暉が絶望してるっていう(笑)。

矢部:いやぁ、本当にすごいんですよ(苦笑)。ギターが好きで好きでたまらない、みたいな。でも、その一方で、マーケティングの視点でも練られていて。そういう意味では、DISH//というバンドを主観的にも客観的にも見られるのが、新井さんという存在だと思うんですよね。

――新井さんが描くDISH//像と、自分たちが描くDISH//像はもともと近かったんですか?

北村:プロデュースをしてもらい始めた当初は、必ずしも方向性が一致していたとは言えない部分もあったかもしれません。というのも、僕らは一昨年の元旦に(泉)大智が加入したことでバンドという形になったわけですけど、方向性を上手く捉えられなくなる時期があって。それを仮にズレと言うならば、そのチューニングがうまくできたのが昨年の1年間でした。特に年末に行った忘年会で、メンバーの頭の中でバラけていたパズルのピースが完全にハマった感があります。さらに、全員の気持ちが一丸となった上でこのアルバムの制作に入れたことは、すごく大きかったですね。

矢部:ちなみに、その忘年会の感じが、僕らメンバーが作詞した「乾杯」って曲の歌詞になってます。この日はスタッフさんも含めた〝チームDISH//〟で本当に熱い話をして。で、最終的に「みんなDISH//のこと大好きなんだな!」となって、歌詞にも<アイラブユー>というフレーズが出てくるんですよね。

北村:もう、そのまんまですよね(笑)。実はもともと歌詞は別であったんですけど、もっとリアルな自分たちを伝えたいと思って、書かせてもらうことにしました。あと、この曲のレコーディングは初めて、歌も演奏もメンバー全員で一斉に録ったんです。そういう意味でも、今の僕たちが出てる1曲になったと思います。

あいみょんさんの 自分が作った音楽に対する姿勢はすごく勉強になりました(北村)

【写真を見る】撮影中おしゃべりをする北村匠海と矢部昌暉
撮影=諸井純二

――また、今作ではアルバムに先駆けて配信されたBiSHのアイナ・ジ・エンドさんとの「SING-A-LONG feat. アイナ・ジ・エンド(BiSH)」、UNISON SQUARE GARDENの田淵智也さんが提供された「ビリビリ☆ルールブック」、さらには「猫」以来の楽曲提供となるあいみょんさん提供の「へんてこ」というコラボ作品も話題です。この話を聞いたときの印象は?

北村:あいみょんさんはもちろん、BiSHさんとは過去に対バンをしたことがありますし、ユニゾンの田淵さんは新井さんと一緒のバンドメンバーでもあるしって、DISH//との関係値がすでにある方ばかりだったので、フィーリングも合うだろうなって思いました。実際、そうでしたね。

――あらためて音を合わせることで気づくこともありそうですね。

北村:そうですね。特にあいみょんさんとは普段から交流があるんですけど、彼女はとにかく自分が作った曲のことが好きな人で。「へんてこ」も、事前に歌詞の意図とかを教えてくれた一方、自分で聴いて「めっちゃいい曲だなぁ」とも言ってて(笑)。自分で作った曲なのに、いつでも新鮮に聴いてる印象があるんです。その姿を見て、自分の音楽に対する姿勢はすごく勉強になりました。やっぱり、自分たちの音楽を好きであることって、演る側としても大切だと思うんですよね。仲良くさせて頂いているバンドマンの方も、作品ができるたびに「めっちゃいいのできた」とかよく言ってますし。なので、今回は僕もそういう感覚になりたいなと思ってレコーディングしたんです。そしたらやっぱり、そういう気持ちでやればやるほど、出来上がったときの「めっちゃいいアルバムできた」という感覚は大きかったです。

――楽曲に向き合えば向き合うほど感じる難しさもあったり?

北村:ありますね。今回は単純に演奏するのが難しい曲もありましたし。

――一番苦労したのはどの曲ですか?

北村:「ビリビリ☆ルールブック」は結構苦労しましたね。

矢部:僕も「ビリビリ☆ルールブック」ですね。こういうポップな曲って音数が多いから、そのぶんプレイの手数も多いんですよね。で、そういうのってだいたい難しいんですよ(笑)。

北村:ポップな曲ほどすごい技術を使ってたりするからね。聴いてるだけだと簡単そうに思われるかもしれないけど、ただガシガシにロックするとかより、ポップさを出したりする方が難しかったりするんです。しかも、歌もめっちゃ難しくて……。

矢部:レコーディングにも時間がかかったよね。

北村:歌と演奏とで、丸1日以上はかかった気がします。

匠海とは声質もギターのプレイも真逆なんです(矢部)

DISH//の2人
撮影=諸井純二

――北村さんと矢部さんといえば、DISH//の中でもそれぞれ歌とコーラス、さらには共にギターを担当と共通点も多いですよね。前作からの2年半の間で、自分のパートであったり、お互いに対しての感じ方なんかにも変化はありましたか?

矢部:そうですね。僕の場合は、この2年半の間に自分の中でも歌の感覚が変わってきて。特に舞台をやらせていただいてからは、そこでの歌唱指導によって自分の歌も180度変わったし、歌の表現に対する考え方も変わったんですよね。だから、今回、自分がメインをもらったパートでは歌い方が前作とは全く違ってると思うし、ハモるときも今まで以上に匠海に寄せて歌うことを意識しました。でも、匠海は演技を長い間やってるから表現力がすごくて……。そこが一番大変です(苦笑)。

北村:でも、逆を言えば僕は技術がないので、歌で戦うところと言ったら正直そこしかないんですよね(苦笑)。ボイトレとかもやってますけど、それよりも感覚的なことの方が大きいので。

――歌へのアプローチは全然違う?

矢部:違いますね。声質も全く違うし。

北村:うん、違うね。歌う前とかに昌暉が発声練習をしてるのをよく見るんですけど、僕は発声練習をしたときの方が調子が悪かったりします(笑)。

矢部:ギターの弾き方もタイプが真逆で。感覚や感情の匠海で、理論や技術の昌暉って感じなんです。

北村:確かに。僕は全然ギターソロのアプローチとかできないし……。タイプが違うから面白いよね。

――そういう2人がいるからDISH//の音楽の面白さが表現できるんでしょうね。

北村:本当そうだと思います。特に今回のアルバムは、僕ら2人もそうだし、DISH//としても今やれることはとにかく全部出し切った感があります。

矢部:そうだね。今のDISH//の全てはぶつけられたんじゃないかな。

2019年のDISH//はすごい気合が入ってます(北村)

同じ方向に頭を傾ける2人
撮影=諸井純二

――そんな手応えに満ちた1枚を引っ提げて、8月18日には富士急ハイランド・コニファーフォレストで「DISH// SUMMER AMUSEMENT ’19 [Junkfood Attraction]」が開催されます。バンド史上最大規模の野外ライブになりますが、現時点の心境はどうですか?

北村:正直、まだ未知ではあるんですけど……。でも、アルバムと繋がっているのは間違いなくそこですね。今回のアルバムを表現するという意味では、8月のコニファーフォレストになると思います。

矢部:僕らもすごく楽しみなんですよ。

北村:ことしのDISH//はすごい気合が入っていて。もちろん今までも毎年「大事な1年」と位置づけていたんですけど、じゃあ、具体的に何をしたかって、実は何も変わってなくて……。でも、ことしは違う。先行シングルを3作連続で配信したのを皮切りに、この勢いを止めちゃいけないなっていう意識がメンバーにもスタッフさんたちにもものすごくあるんですよね。

矢部:やっぱりDISH//の音楽をいろんな人に知ってもらいたいし、聴いてもらいたいですから。だからこそ、8月のコニファーフォレストをはじめ、どんどん大きい場所でライブをしていきたいなって。で、いつかは夢の横浜スタジアムに辿り着きたい。そのために、今はどんどん前に進まなきゃ!っていう感じです。(ザテレビジョン)

元記事で読む