1. トップ
  2. E-girlsの楓、佐藤晴美、石井杏奈が3人で初MC「トークは出たとこ勝負」

E-girlsの楓、佐藤晴美、石井杏奈が3人で初MC「トークは出たとこ勝負」

  • 2019.4.10
  • 602 views
「E-girls meets ダンスバトルドキュメンタリー」MCのE-girls楓(左)、佐藤晴美(中)、石井杏奈(右)
KADOKAWA

【写真を見る】E-girlsの中でもトーク&ダンスが得意と評判の3人がMCを担当

ストリートダンスバトルの頂点を決める大会「DANCE ALIVE HERO‘S2019」のFINALを目指すダンサーたちに密着する「E-girls meets ダンスバトルドキュメンタリー」。放送最終回、さらには大会が直前に迫る中、番組MCを務めるE-girlsの楓、佐藤晴美、石井杏奈の3人に話を聞いた。

【写真を見る】E-girlsの中でもトーク&ダンスが得意と評判の3人がMCを担当
KADOKAWA

楽屋ではもっぱら3人で妄想トークしてます(石井)

――3人でのMCは初ということですが、E-girlsの中でトークとダンスが得意な3人が抜擢されたと伺いました。

楓「おっと?(笑)」

石井「それ、私たち収録のときに初めて聞いたんですよ(笑)」

佐藤「トークは出たとこ勝負でやっているので…」

――得意とは言えない?

佐藤「…(悩んで)得意です!」

石井「もう言うしかない(笑)」

楓「どんどん言っていこう!(笑) でも、実際、晴美と石井ちゃんはすごくいいことを言うんですよ」

佐藤「いやいや、飾らずに思ったことを言ってるだけです」

石井「ゆるーい感じですよね。楓さんが進行をしてくださるんですけど、私と晴美さんはカンペにも沿わずに自由にしゃべるっていう(笑)」

佐藤「進行は任せて、私たちは思ったことを言うっていうバランスでね」

石井「楓さんがちゃんとまとめてくれるので安心してます」

楓「私は、カンペを読んでみんなに話を振るだけだから」

石井「それが大変なんですよ。全然ミスもないですし」

楓「いやいや、私の方こそ2人の話を聞いて、なるほど!って思うことがたくさんあるので、2人と一緒でよかったなって思ってます」

石井「こちらこそです(照)」

佐藤「3人でのMCは初だけど、最初から結構自然な雰囲気だったよね」

石井「はい。楽屋でもよくしゃべってる3人ですしね」

楓「そうだね。さっきもずーっと3人で話してました」

石井「理想の人生についての話で盛り上がりましたね。こういう人生を歩みたいとか、こういう結婚がしたいとか。もっぱら妄想ですけど(笑)」

「こういう結婚がしたいとか、理想の人生についての話で盛り上がります(笑)」(石井)
KADOKAWA

たくさんの人に夢を与えられるパフォーマンスをしたい(楓)

――本番組は、ダンスに情熱を傾ける若者たちのドキュメント。ダンサーとして活躍される皆さんも感じることが多いのでは?

佐藤「そうですね。大会で勝つために、ダンスがもっと上手くなるためにって純粋に頑張っている子たちの気持ちに触れると、初心を思い出します。私も昔はこんなふうに頑張っていたなと、E-girlsとして活動する前の気持ちに引き戻されるというか。その頑張りがあるから今があるんだなと感じることができましたね」

楓「晴美が言うように自分たちの刺激にすごくなりますね。この番組を通して、いろいろなダンスの見せ方だったり、表現の幅広さというものを感じたので、あらためてE-girlsのダンスを確立していきたいなと思いました。私たちE-girlsもたくさんの人に元気や夢を与えられるようなパフォーマンスができるように頑張っていきたいです」

石井「夢に向かって頑張っている子たちは本当にキラキラしていて、小さいながらに葛藤したり、自分のやりたいことは何だって探して、全力でぶつかっている。そういう子たちを見て、自分たちがMCをやらせていただいている意味というか…。楓さんが言ったように、公の場でダンスをパフォーマンスとして発信するお仕事をしている以上、このドキュメンタリーを見てくださる人たちに少しでも夢を与えられるようになったらいいなと思いますね」

「番組を見ていると、自分たちの刺激にもなりますね」(楓)
KADOKAWA

FINALのバトルを見たら泣いちゃうかもしれない(佐藤)

――番組で取り上げたダンサーたちが挑む夢のステージ「DANCE ALIVE HERO'S2019 FINAL」の模様は、dTVチャンネルで生配信(4月21日)されます。ダンサーたちの頑張りを知る3人のFINALへの思いとは?

楓「正直に言うと、ゲストに来てくださった皆さんにはより強く思い入れがありますし、頑張れ!って気持ちでいっぱいです。ちょうどその日は私たちもライブがあるので、会場には行けないんですが、遠くから応援したいなと思います」

佐藤「みんな頑張ってるからねー」

楓「うん。応援しちゃうよね。やっぱり」

「二度と戻ってこない時間だけど、ステージで踊った瞬間は一生心に残るものだと思う」(佐藤)
KADOKAWA

佐藤「そこで踊ってる瞬間というのは一生心に残るものだと思うし、もう二度と戻ってこない時間だと思うので、全力で挑んで、全力で楽しんで、悔いなく頑張って欲しいです。私も応援してます!」

石井「結果が良くても悪くても皆が笑っていられればいいですよね。そんな祈りと願いを込めて、応援したいです」

佐藤「私、バトル見てるとすぐ泣いちゃうから、今回も泣いちゃうかもしれない」

楓「去年も泣いてたよね」

佐藤「泣いてた(笑)。去年は、人生最後のバトルにすると決めてる知人の方が出場していて、踊ってる姿を見たら涙が止まらなくなっちゃって…。あのステージに立つ人って、うまくなることだけを考えて毎日踊ってるし、毎日ダンスのことを考えてる人たちばっかりなんですよ。だから、ダンスにも思いがこもってるし、その人の人生の背景まで考えて感情移入しちゃうんですよね」

楓「今回はドキュメンタリーで裏側を見ているから、絶対感動しちゃうよね」

佐藤「うん。泣いちゃう」

楓「それも一つの見どころというか…。この番組を通してみんながどういう思いでいるのかっていうのを知ってもらうと、FINALのステージを見たときに踊りの見方や感じ方も変わると思う。そのあたりに注目してもらうと、きっと楽しいと思います」

石井「そうでうすね。このドキュメンタリーは感動もいっぱいありますし、最終回まで応援しながら見ていただいて、FINALの方も楽しんでいただけたらうれしいです」

ドキュメンタリーに加え、「ダンスバトル」のFINALも4/21(日)昼4:00から配信される
KADOKAWA

かえで●1月11日生まれ、神奈川県出身。E-girls、Happinessのメンバー。雑誌「CanCam」専属モデルとしても活動している。

さとう・はるみ●6月8日生まれ、山形県出身。E-girls、Flowerのメンバー。雑誌「Ray」専属モデルとしても活動中。

いしい・あんな●7月11日生まれ、東京都出身。E-girlsメンバー。女優としても活動しており、ドラマ「チア☆ダン」「トレース~科捜研の男~」など数々の作品に出演。(ザテレビジョン)

元記事で読む